現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - アメリカコミカレ進学その1

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカ大学留学 | めるまがバックナンバー > アメリカコミカレ進学その1

アメリカコミカレ進学その1

今日は最近質問が増えているアメリカのコミカレ留学についてご説明します。

コミカレに進学するのはどう思いますか?そう聞かれた場合、

実はいい、とか、わるい、とかいう一般論はありません。

人によってはコミカレがベストな選択の場合もあるし、人によってはコミカレをスキップしたほうが良い場合もあります。

一般的にコミカレは、アメリカの大学4年教育120単位のうち、はじめの60単位分の一般教養分の科目を履修できます。

コミカレの学業を終了しますと、中間ポイントとして、準学士(アソシエートディグリー)が授与されます。

コミカレには、職業訓練部分と4年制大学編入のアカデミック部門に大きく分かれます。

4年制大学編入を考えている人は、必ず、大学編入プログラムに入ることが重要です。

今現在すでに大学生である方も、日本で取得した単位と、これからコミカレで取得する単位を合わせて準学士を取得。

あるいは、準学士を取得前に、4年制大学に編入することも可能です。

ではどういう人がコミカレから始めても良いのか、向いているのか。

1、成績を向上させたい方。

高校や、大学の成績が思わしくなかったので、コミカレにまず入学して成績を上げ、4年制大学に編入したい方。

コミカレに入って成績を上げることで、有名大学へ編入することも夢でなくなる、そういうことも可能です。

2、今の大学からの互換される単位数が足りない方。

今すでに大学の単位を取得している方は、その単位が留学先の4年制大学に互換されます。

でも、一部大学では、トランスファー(編入)学生の場合、規定の単位数が大学に互換されない場合には、トランスファー学生として入学が許可されない場合があります。

典型的なのはカリフォルニアの州立大学。

カリフォルニア大学やカリフォルニア州立大学はすべてジュニアスタンディングと言い、60単位以上、その大学に互換されない場合には入学ができません。そのため、互換される単位数を増やすために、コミカレに入学するというのが方法としてあります。

3、高校終了プログラム

今現在高校生で、まだ卒業していない方が対象。アメリカの高校に転校するのではなく、コミカレに入学して、準学士に必要な授業を履修しつつ、高校修了認定も同時に受けるというもの。

一石二鳥のプログラムとも言えます。この高校終了プログラムを留学生にも開放しているのは、ワシントン州のコミカレです。

4、2+2システムを利用したい方

最近は4年制大学とコミカレがパートナーを組み、特定の大学と特定のコミカレを2年ずつ在籍して、節約しながら卒業できというプログラムを提供しています。今の時点で、行きたい大学があって、しかも、その大学がパートナーを組んでいるコミカレがあるのであれば、まずはそのコミカレに在籍して授業履修。 確実に必要な単位を履修した上で、準学士取得後には、出願プロセスを再度しないで、そのまま希望の4年制大学にいけるという、2プラス2のプログラムを利用することも可能です。

では、コミカレに行かなくとも良いかも、そういう場合はどんな状況か:

1、有名私立リベラルアーツカレッジや、

2、アイビーリーグ

有名で競争率が高いこれらの大学は、高校を卒業してすぐに入学するフレッシュマン入学が大半です。編入生をとるのは、欠員補充程度ですので、トランスファーの方が、競争率が高くなります。

3、すでに大学で60単位以上取得された方。

単位互換と関係があります。すでに大学3年生とか4年生になってしまっている方などは、留学先の大学に互換される単位も多いことが想像できます。

一定の単位がこの時点で互換されることが分かっている場合、あえてコミカレに行く必要はないと思います。

これも一般論ではなくって、例えば大学の成績をもう少しあげたい場合には、それでもコミカレを経由するほうが良い場合もありますが。

4、すでに学士をもっている方。

すでに4年制大学を卒業されている方にとって、はじめにコミカレに行く必要は、ない場合のほうが多いのです。

すでに学士を持っている方は、セカンドバチェラーといって、2個目の学士を取るべく4年制大学に出願したり、あるいは、学士の上の修士、マスターを狙うことも考えてみてください。

ということで、コミカレから進学するか否かは、それぞれの学生さんの状況によってことなる。

だから、自分にとって良いのかどうか、考えていきましょう。

最後にお知らせです。

ワシントン州のスポケイン市に所在する、Community Colleges of Spokane スポケインコミュニティーカレッジシステムの職員の方が、東京と大阪を10月に訪問します。

Community Colleges of Spokaneスタッフ来日日程

10月15日から18日:東京

10月21日から23日:大阪

1対1での面接ですので、都合のよい時間を担当者の方と相談して決めていただく形です。

コミカレから進学することの意義について聞いてみるのも良いと思います。

Community College of Spokane自体は、自然豊かな美しい場所にあります。スタッフのサポートもとても良いコミカレだと思います。学校独自にホームステイプログラムもあり、2014年秋からは高校終了プログラムも留学生に提供されます。

興味のある方は、USカレッジコネクションまでお問い合わせください。

お問い合わせは: mail@usccinfo.com

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

コミュニティーカレッジ 学費 正規留学 の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

※個人情報の管理・取扱いについて
USカレッジコネクション(USCC)では、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。USCCは日本人の皆さんの海外留学を応援するコンサルタントです。会社概要はこちら(https://usccinfo.com/?page_id=198)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

Home > アメリカ大学留学 | めるまがバックナンバー > アメリカコミカレ進学その1

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top