現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - ハウジングありの中規模コミカレ:西部編

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカ大学留学 > ハウジングありの中規模コミカレ:西部編

ハウジングありの中規模コミカレ:西部編

スモールタウンの雰囲気があってオンキャンパスのあるコミュニティーカレッジを希望される方もいらっしゃいますが、スモールタウンにある学校というのはこれでなかなか難しいのも事実です。特に日本人は「田舎ぐらし」という方であっても、徒歩や自転車で行ける範囲内にコンビニがあったり、究極の不便さはたぶん多くの方が知らないのです。アメリカで日本の適度に田舎な生活に近いところを望む場合、中規模サイズの都市にあるカレッジというのがよいと思います。今回はそういう中規模サイズのカレッジでハウジングも提供していただけるところを3つご紹介します。

サウスウエスタンオレゴンコミュニティーカレッジ:オレゴン州
オレゴン大学があるユージーンから南に2時間ほどの場所にあります。自然に囲まれたこのカレッジも積極的に留学生を受け入れています。水泳が強いことでも知られていますのでまずはコミカレから進学して水泳にチャレンジしたい方にもお薦め。付属の語学講習プログラムはないものの、出願時のTOEFLの点数が45点と低めに設定されているため十分に出願基準に達する可能性はあります。入学後のプレースメントテストで英語力が低めの学生さんは、補足の英語クラスを受講しながら授業履修をすることができます。オンキャンパスアパートがあります。

セントラリアカレッジ:ワシントン州
シアトルから南に車で1時間ほどに所在するのがセントラリア。この町もシアトルにも近い郊外としてよい候補です。セントラリアカレッジも語学講習をもっていますので、まずは語学講習からはじめてカレッジに進学していく道が開けます。このカレッジもホームステイの斡旋をするほか、キャンパス内にアパートもあります。滞在の選択肢があるのが魅力です。

ウエストヒルズカレッジコーリンガ:カリフォルニア州
カリフォルニア州のロサンゼルスとサンフランシスコのどちらの都市からも車だとおよそ3時間程度州中心部に移動したところにあるのがウエストヒルズカレッジコーリンガ。州の中央に所在するのでビーチはないものの落ち着いた環境でカリフォルニア州内で比較するとリーズナブルな価格での生活ができます。出願に際してはTOEFLなどの英語のスコア提出の必用がなく、入学時のプレースメントテストで英語の点数が低めにでた場合には補足の英語クラスを受講しながら授業履修をしていくことができます。オンキャンパスに寮があります。

中規模都市にある、中規模カレッジの魅力は、マンモス校と違う、学校スタッフとの距離が近くアットホームな雰囲気であること。留学生同士も顔をしっていたりして交流も生まれるケースが多いのです。
そこで生活する自分を想定して、便利ではなくとも不便でもない、助け合える友人や学校スタッフのサポートがあるか。こういう視点で選んでみましょう。

西側の中規模サイズのハウジングがあるコミュニティーカレッジに興味がある方は、お気軽にご相談ください。

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

コミュニティーカレッジ の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

※個人情報の管理・取扱いについて
USカレッジコネクション(USCC)では、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。USCCは日本人の皆さんの海外留学を応援するコンサルタントです。会社概要はこちら(https://usccinfo.com/?page_id=198)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

Home > アメリカ大学留学 > ハウジングありの中規模コミカレ:西部編

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top