現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - コミカレ

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > コミカレ

コミカレ

コミカレvs ユニバーシティー

最近よくアメリカのコミュニティーカレッジ(あるいは通称コミカレ)とユニバーシティーの違いについて質問を受けます。今回はコミカレと大学の違いについて少し掘り下げてご説明したいと思います。

コミュニティーカレッジ

コミュニティーカレッジはコミュニティーという名前からも分かる通り、地域に根差した学校で州から助成金を受けて成り立っている高等教育機関です。コミュニティーカレッジは大きく分けて、職業訓練的なプログラムと進学プログラムの2つのプログラムに分かれます。市民たちへの趣味や教養の講座も提供されていたりするのもコミュニティーカレッジの特徴です。

進学プログラム(アカデミックコース)では大学教育4年間のうちのはじめの2年分、日本でいうところの一般教養の単位を取得することができ、プログラムを修了するとアソシエートディグリーが付与されます。アソシエートディグリーを取得した学生たちの多くはその後、4年制大学にトランスファー(編入)し、バチェラーズディグリー(学士)を取得しています。

コミカレに通う学生たちの多くは自宅から通い、働きながら夜間に授業を履修する学生も多くいます。学生の年齢層もさまざまなのも特徴です。

ユニバーシティー(大学)

これに対して、ユニバーシティーやカレッジと呼ばれる高等教育機関は、いわゆる日本の大学と同様4年間の一貫した教育プログラムで、フレッシュマン、大学1年生たちは一般的には高校を卒業してすぐに入学してくる若い学生たちです。ユニバーシティーではアカデミックな分野のみを教え、プログラムを修了するとバチェラーズディグリー(学士)が付与されます。またユニバーシティーではその上のマスター(修士)やドクター(博士)号も付与できます。

ユニバーシティーの多くはスポーツチームを持ち、スポーツ奨学金なども付与されます。フレッシュマンから大学に入学してくる学生たちは通常学生寮に住んで、はじめての親元を離れての生活を始めます。

どうして、コミカレから始めることを選ぶのか?

理由としては高校の成績があまり良くなかったと言う場合と、大学教育のはじめの2年間の授業料を抑えるという資金的な理由による場合、あるいは両方というのが答えになると思います。

コミカレの入学条件は高校を卒業していること。(留学生の入学基準は高校を卒業していることに加えて、TOEFL基準点をクリアする必要はあります)。高校の成績の良し悪しは問われません。そのため、高校の成績が良くなかったという学生たちにとってはセカンドチャンスが与えられます。つまり、コミカレの成績次第では有名大学への編入も夢ではなくなるのです。

資金的な面では、コミカレの学費はユニバーシティーのそれに比べて半額以下に抑えることができます。これは大きいです。はじめの2年だけでも学費を抑えておいてあとは、多少学費が高くとも有名な大学に編入したいという方もコミカレからスタートする価値はあります。

ユニバーシティーに1年生から進学するか、コミカレから始めてユニバーシティーに転学するか

どちらも利点と注意すべきことがあります。どちらが向いているかじっくりと考えてみてください。

コミカレから始めようという皆さんは、将来的に進学したいユニバーシティーが所在している州にあるコミカレを選ぶと良いと思います。最近は同じ州にある大学とコミカレが提携し、2プラス2というプログラムを打ち出しています。これはコミカレで取得した単位を全て大学に移せることを保証し、大学に編入後は専攻科目のみを取得して2年以内で学士取得にこぎつけるというものです。

コミカレの注意点として、取得した単位が編入先に移らない場合もあるということですが、このような州内で提携を持つコミカレを選ぶと時間とお金を無駄にせずに留学生活を送ることができると思います。

最後に現在日本の大学生の方で、成績を上げるためにまずはコミカレからということを相談される方もいらっしゃるのですが、現在すでに大学の単位を履修中の方にとって、コミカレが解決法になる場合とならない場合があるということをお気を付けください。この場合にはぜひ一度ご相談いただければと思います。

Home > Tags > コミカレ

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top