現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - DV2019

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > DV2019

DV2019

DV2019米国永住権抽選の申し込み期限延長

毎年開催されているアメリカ永住権申請権利をかけた抽選、今年はDV2019と呼ばれますがその申し込みの期限が延長されています。
もう少し正確にいえば10月3日から開始された抽選申し込み作業が、なんらかのテクノロジーエラーによりいったん中止。10月3日から10日までに申し込んだ申請は無効となりました。この期間に申し込んだかたは申請のしなおしが必用で、あらたに10月18日から11月22日が申請期間として設定されました。

この抽選は、一人1回という限定になっていますが、
10月3日から10日の間に一度申し込んでいるという場合には、この申し込みは無効になっていますので、1回というカウントにはなりません。再度申し込みをしてくださいね。

さて、申請期限が11月22日までとなりますので、もう少し考える期間ができましたね。どうしようか考えていた方は。DV2019申し込みやってみてもいいかもしれませんね。

何度かご説明していますが、このプログラムは当たったからといって、即永住権取得ということではありません。
当たってから、永住権申請を始めるかどうか、決めていいのです。

ご自身で申し込みは可能ですし、その場合申請料は0円、無料です。

多少、デジタル画像の編集とか、英語記載で迷うところはあるかもしれません。また来年の抽選発表をうっかり忘れてしまうかも、なんていう不安がある方は、USカレッジコネクションでも代行申請を有料ですが、でもリーズナブルなお値段でやらせていただいております。興味がある方はDV2019申請代行の説明をお読みください。

アメリカ永住権抽選DV2019について

アメリカの永住権申請ができる権利を獲得できるかもしれない、通称永住権抽選の2017年応募は、DV2019と呼ばれますが、いよいよ申込日が近いので、DV2019について動画でお話ししています。

DV2019は、あたったらすぐ永住権がいただけるというものではなく、永住権申請に進める権利があたる、というものです。とにかく出してみるというアプローチでいいのではないかと思うのです。
特に、自分の意思のみでえいっと出してみることができるタイプの方は、迷うことなく出してみてもいいのではないでしょうか。

申請期間は2017年10月3日から11月7日まで。
この期間中でしか受理されません。

お気を付けください。

では動画をご覧ください:

今年もやります!米国永住権抽選DV2019申込み代行

今年はもう少し早めに告知しようと思っておりましたが、とりあえず、「やるのかどうか」ここをちゃんと確認してからと考え、(新大統領になってからいろいろ驚かせてくれるので。)
開始2週間前に告知をさせていただきました。

さて、それは!

もうタイトルにもなっておりますが、米国永住権抽選DV2019の申込み代行です。

DVプログラムとは何か?

アメリカでは、今のところ毎年、米国永住権=通称グリーンカードを申請できる権利があたる、抽選会を行っています。

まだアメリカに、そこまで多くないっていない国生まれの人であれば、18歳以上で、高校卒業以上あるいは同等の教育を受けていれば、基本応募できます。

日本もまだそこまで、米国住民の割合的には多くないので、今のところ毎年、該当する国に入っています。

米国永住権を持っているということは、アメリカの市民がもっている住民としての権利を保持できます。

アメリカ市民と同様に仕事をもて、パートタイムでもフルタイムでもOKだし、

学校にいくのも、パートタイムでもフルタイムでも

大学が所在する州に1年以上すみ、税金を納めたりすると、州内出身価格適用も可能ですし。

かといって日本の国籍をはく奪ということではありません。
日本人であることに変わりはありません。パスポートも日本です。

米国の就労ビザを持っていて、「ああ、いつの日か永住権を持ちたい」と願っていた人は、

当たれば、一発で永住権の申請に進むことが可能となるわけで、たぶんすでに何度か挑戦をしてきた方もいるでしょう。

どうせあたらない、といわず、出さないと当たらないのも事実。

これまでに数人、永住権抽選があたったから、つきましては、米国居住のあとに、通う学校を探したい。

そういうご相談を受けたこともあります。

彼らは申し込んだから、あったのです。

この永住権抽選は、オンラインで申し込みます。今年は10月3日からの申込み開始で、11月7日締め切りですので、

2017年応募用のDV2019の要綱もでています。

11月の締め切り厳守で申し込むと2018年5月に、オンライン上で発表があります。

ちなみに、「あなたあたったわよ~」なんていう親切なお声がけはないので、自分で米国政府のウエブサイトにアクセスして、申請時の受付番号でもって確認します。

オンライン申請は、基本情報の記入、配偶者や21歳未満のお子様のお名前を漏らさず記入、など必ず守らないといけない事項がありますが、自分で申請できる範囲内です。

ただし、英語の細かい文章の規定を読むのがちょっと・・・とか

デジタル画像のサイズ合わせが面倒・・・とか

忙しくて忘れる可能性あり・・・とか

そういう方は、代行サービスを利用する、というのもありでしょう。

代行サービスはいけないのか?

そうではないです。

悪徳の会社に騙されないように、ということは米国政府も記載しております。

そこですよね。

どこに依頼するのか?
依頼するからには、ちゃんと反応を返してくれ、迅速に申請作業を終えてくれるか。

大前提は信頼。

そういうところで、クライアントの皆さんからは

「今入さんのところでやっていただけないか?」
そういう質問を
ちょこちょこいただいておりました。

ありがたいことです。

留学生出願サポート、ビザ申請サポートを長く続けてきましたUSカレッジコネクションが、ご依頼をいただいたお客様に代わり、DV-2019アメリカグリーンカード抽選の代行申請をお受けいたします。

ご注意:抽選申込み開始日から、終了日までたったの1か月です。

USCCへの代行申請のご依頼をいただいてから、迅速な作業を必要とします。

ご依頼者の皆様のご協力もお願いいたします。

代行依頼を受けてから、すぐに、第一報をさせていただき、追加書類や、内容記入の確認作業に入らせていただきます。

また申請完了後には、確認書も送らせていただきますので、翌年5月まで大切に保管ください。

2017年のDV2019、アメリカグリーンカード抽選申込み代行詳細とお申込み・お問い合わせからお申込みいただけます

10月5日までお申込みいただくと、早期申込み特典で、代行手数料の合計料金から5ドル割り引きをさせていただきます!!
アメリカからでも、日本からでも、

世界のどの場所にいても、お申込み代行は、メールでのやりとりで行いますので可能です。

一つ条件といえば、ネット環境の整備をお願いいたします。

一通、一通、合格祈願の願いを込めて、代行作業を行わせていただきます。

USカレッジコネクション
今入亜希子

Home > Tags > DV2019

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top