現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - サンフランシスコ

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > サンフランシスコ

サンフランシスコ

語学学校のILSC サンフランシスコ ホームステイ キャンペーン実施中

語学学校のILSCサンフランシスコ校では、現在ホームステイ代金10パーセントOFFキャンペーンを実施中です。

18歳以上で2016年8月31日までに1日2食付き個室プランに申込み、年内にクラス履修を始めることができる方が対象です。

通常46ドル/日のところ、今なら41ドル/日で滞在出来ます。(但し、6/26-8/20まではハイシーズンのため通常50ドル/日→45ドル/日にディスカウント)

語学学校が多いカナダで長い間、学生から指示されてきたILSCの人気の理由の一つはホームステイのアレンジメント。ILSCはホームステイで大変定評のある学校として知られています。アメリカにもキャンパスを広げたあとも、ホームステイに力をいれることは変えず、語学講習の充実さとともにアピールしています。

現地の厳選されたホストファミリー宅に滞在しながら、語学だけでなく地元の文化も吸収できるチャンスではないでしょうか。サンフランシスコのダウンタウンを少し離れるだけで海や山があるとても静かな環境です。留学は初めてだけどホームステイを体験したい方には大変おすすめのエリアです。ぜひこの機会をお見逃しなく。

問い合わせフォーム

 

 

2016語学留学冬季ジュニアキャンプ:ILSC

冬休みを利用してアメリカ短期留学に参加してみませんか?ジュニアキャンプはスタッフのケアもしっかりしているので小さなお子様でも安心して参加することもできます。英語の習得だけではなく、学校周辺の観光やクラスメイトとのリクリエーションも含まれていますので協調性やリーダシップを養うことが出来る良いチャンスです。

そこでおすすめの1校ILSCをご紹介します。カナダに本社を置く語学学校で数年前にアメリカに上陸しました。現在サンフランシスコとニューヨークに校舎を構え、冬季ジュニアキャンプはILSCサンフランシスコで開催されます。

カナダで培ったノウハウによりホームステイを得意としており、冬季ジュニアキャンプも語学講習とホームステイのセットプログラムです。対象は13〜17歳。開催期間は2016年1月3日から1月31日まで。1週間から申し込み可能です。

午前中は語学講習、午後からは学校主催のアクティビティが開催されゴールデンゲートブリッジ、サンフランシスコ動物園、フィッシャーマンズワーフなどを訪問します。

1週間コース:1885ドル(日本円でだいたい22万7000円)、2週間コース:3110ドル(日本円でだいたい34万4000円)、その他に3、4週間コースもあり。

プログラム代金には語学講習(17レッスン/週)、ホームステイ(相部屋、1日3食付き)、午後のアクティビティ、土曜日のエクスカーション、申込金、施設利用料、ホームステイ斡旋料、コース修了証代金が含まれています。

興味のある方は、お気軽にご相談ください。

ILSC: MYUSAコンテストでアメリカへ行こう

円安が続くているけれども留学をしたい!そんな方に朗報です。

語学学校ILSCが大変魅力的なコンテストを現在実施中です。応募方法はILSCの応募サイトから簡単な質問に答えたり、ソーシャルメディア等を利用した課題をクリアするだけです。

抽選の結果、当選した方にはILSCより以下3つをまとめてプレゼントされます。

ILSCニューヨーク校orILSCサンフランシスコ校で英語を学ぶ4週間分の奨学金
・4週間分の滞在
・現地での活動費1000ドル

 

締め切りは2015年7月31日(太平洋標準時間)ですので、是非ご興味のある方はお早めにお申し込み下さい。

ILSCはカナダに本社を置く語学学校でアメリカではニューヨークとサンフランシスコに校舎を構えています。

カナダで培ったノウハウをもとに数年前にアメリカに上陸し、特にホームスティに定評があります。

授業スタイルも大学の授業のように自分の好きなクラスを選択でき、例えば1コマ目はトラベル&ホスピタリティー、2コマ目はジャーナリズムなど自分の興味のあるクラスを履修することが出来ます。

日本人スタッフも常駐していますので、初めて留学する方にもおすすめの学校です。

質問やお問い合わせは、USカレッジコネクションまでご相談ください。

社会人向け英語夏季プログラム:イントラックス

社会人向けのビジネス英語コースのユニークなものをお探しの方必見です。

イントラックス(INTRAX)という語学学校がサンフランシスコセンターのみで開催するのが、Global Business Experience (グローバルビジネスエクスペリアンス)というプログラム。 イントラックスの一般英語、試験英語、ビジネス英語かプロフェッショナルサーティフィケートコースの20レッスンのスタンダーを履修するのに加え、特別なイベントが組まれます。

このGlobal Business Experienceを申し込んだ方は、午前中の英語の授業に加えて

  • アメリカ人とどのようにネットワークを作るか
  • ネットワーキングのためのアメリカの社会人とのミーティングイベントへの参加
  • 会社を設立したての企業訪問
  • シリコンバレー訪問

などのイベントに参加できます。1週間に2回は、ネットワークづくりのためのイベントが企画されます。

このプログラムに参加するための条件:

  • 25歳以上であること
  • 2週間以上在籍でき、最長で4週間の在籍で終了。
  • スタート日は、7月6日か8月31日のいづれかの日にちにスタートできること
  • 英語レベルはINTRAXのレベル7(中級)以上であること

もちろんこの期間の前後に他のコースでINTRAXに在籍することも可能です。

語学プラスで、ビジネスの視野を広げることができそうです。

興味がある方はお気軽にご相談ください。

料金も1週195ドルとリーズナブルです。 お見積りもお受けします。

ディアブロバレーカレッジの夏季語学講習

カリフォルニア北部にある、ディアブロバレーカレッジ(以下DVCと記載)は、サンフランシスコベイエリアに位置し、バークレーも近いエリアです。

このカレッジが誇るのは、カリフォルニア大学バークレー校にコミカレとしては一番多く学生を進学させていること。

大学の近くにあるコミカレから、学生を取る割合は一番高いわけなので、距離的に近いディブロバレーから多く学生が進学するのは、大きな理由なのですが、それでも優秀な学生を取るということでは代りはありませんので、DVCは良いコミカレとしてアピールしております。

DVCにはフルタイムの付属語学プログラムもあります。通年のしっかりとしたプログラムを提供し、留学生オフィスのサポートもとても良いです。

コミカレの語学プログラムは、大きな目的はもちろん、正規進学をする学生の、語学サポートです。アカデミック英語への重量は高いです。

でも夏になりますと、この数か月だけ学びに来ている学生にもターゲットに、いつもよりユニークなプログラムを打ち出すところもあります。

DVCもその一つで、この夏は、月曜日から木曜日は基本的な、読み、書く、リスニングの語学講習。金曜日になると、キャンパスを飛び出して、他の場所での社会見学や、まなんだ内容を生かしてのアクティビティーを行いつつ、英語を学ぶという取組をします。

アクティビティーの例として、

  • 社会福祉活動
  • アメリカの法律システムを学ぶために裁判所見学
  • カリフォルニア大学バークレー校の見学など。

今現役の大学生の方などで、夏の数か月間を語学留学に取れそうな方に向いていると思います。

夏の講習は、6月30日から8月15日。新入生オリエンテーションが、6月23日と24日ですので、この前にアメリカに来られる方が対象です。

学生ビザ取得が必要ですが、今だったらまだ間に合います。

興味がある方は、お気軽にUSカレッジコネクションまでご質問ください。

サンフランシスコ語学留学:ILSC期間限定キャンペーン

これからアメリカに語学留学をお考え方、サンフランシスコに所在するILSCが魅力的なキャンペーンを展開しています。

12週間以上、フルタイム集中英語コースの申込みをすると、1グループ3人未満のセミプライベートレッスンが4週間分無料でアップグレードできます。

1グループ3人未満なので先生とほぼ一対一に近い形でのレッスンが4週間、合計16レッスン受講できる訳です。

条件は2013年6月30日までお申込みいただき、年内にコースを開始すること。
必ず今月中に学校に申込み書を入れる必要がありますのでご注意ください。

ILSCと言えば、カナダバンクーバーを本校とする語学学校でカナダでは老舗、大規模の語学学校として有名です。長年の経験と実績をもとにアメリカではサンフランシスコで新しくセンターを展開したのです。
バンクーバーではなんと1000人を超える学生人数なのに対し、サンフランシスコではまだ100人程度。

また日本人にも人気のサンフランシスコで通常は日本人の割合も高めなのがサンフランシスコの語学学校ですが、ここの日本人割合は6パーセント程度というのも魅力の一つではないでしょうか。

ILSCのアピールポイントは、取得できるコースの幅広さ。レベルさえ合っていれば、基本の読み、書き、リスニングに加え、会話、パブリックスピーキング、TOEFLやIELTS、クリエーティブ英語、サンフランシスコを英語で学ぶ、などなどバラエティー溢れる科目を履修できるのです。好きな科目を規定の時間内で組み合わせていきます。中級以上の方はより選択できる科目が増えますので、お奨めです。

スタッフの方と話をしたときに、ホームステイを自信を持ってお奨めするとお話しされていたのが印象的でした。カナダでは確かにホームステイは定着していますからその経験をアメリカに持ち込んで勝負しているようです。

もちろんサンフランシスコという場所がら、徒歩、自転車、電車を駆使して、公共の乗り物で移動ができますし、これからの夏はお奨めの滞在場所とも言えます。

ILSCに興味がある方は、まずはご質問ください。

問い合わせフォーム

2012年春のお奨め留学先3回目:サンフランシスコ

7回シリーズでこの春おすすめの短期語学留学先をご紹介しております。

3回目はサンフランシスコ。サンフランシスコについては、日本人の方にも人気のスポットですのでいまさら細かにご説明するまでもありませんが、3月4月は、1年の中でもサンフランシスコ訪問にもっとも適した時期なのです。

カリフォルニアと言えば、年中温かいというイメージがありますが、サンフランシスコを表現する場合には暑いというイメージよりも、気温差が少ない過ごしやすさを強調したいと思います。そのため、夏であっても25度以上気温があがることもほとんどなく、冬も氷点下まで下がることもないのです。ただし、夏であっても少し肌寒さをかんずることがあったりするのも事実です。

そのような中で、3月4月の平均気温は摂氏18度程度。過ごしやすい気温です。

コンパクトにまとまった街で、路面電車があったり、徒歩でもいろいろ動きやすい都市であるサンフランシスコは短期の留学をする場合に適していると言えます。

都会でありながらもクリーンなダウンタウン。人々も観光客に対してとても親切である街です。

短期の語学留学に適している場所だけに、サンフランシスコには語学学校が密集しています。本当にたくさん存在します。逆にそのため、どの学校に行くかを慎重に選ぶ必要があります。

当社でもこれまでサンフランシスコに所在する語学学校を視察し、ご紹介してきました。

今回はそれに加えてもう一つ、ILSCという語学学校をご紹介します。この語学学校はカナダが本社で、カナダではかなり歴史のある語学学校です。今回アメリカでは新たにサンフランシスコにキャンパスを開きました。

特徴としては、60以上のバラエティー溢れる英語コースが提供されていること。例えば一日3時間、週15時間の語学講習で申し込む場合、英語のレベルさえあっていれば、一般英語の授業だけではなく、クリエイティブイングリッシュ、テスト準備、パブリックスピーキングの授業なども履修することができます。

また面白いコースとしては、イングリッシュスルーサンフランシスコといって、教室での授業に加えてサンフランシスコの街にでて現場での英語を学ぶとか、さらにはイングリッシュオンザロードカリフォルニアと言うコースでは、2週間以上サンフランシスコ校で学んだあとに、クラスメートと共に7日間のカリフォルニアバス旅行に出るというユニークなもの。これにはILSCのスタッフも同伴します。

また大人向けに、午前中の英語授業のあとにはILSCが計画したアクティビティーに参加するというイングリッシュインアクションも面白いと思います。

ホームステイプログラムもILSCの誇りにしているもので、カナダのホームステイのやり方をアメリカに持ち込んだというのがスタッフの弁。カナダの数ある語学学校の中で勝ち残っていくためには、ホームステイの質を高めることが重要と考え、その手法をアメリカにも持ち込んだということ。特に重要視するのはホストファミリーを慎重に選び、教育も怠らないとのことです。

サンフランシスコで留学をお考えの方は、今すぐお問い合わせください。

ILSCに限らず、ご予算やどんな語学講習を理想とされるかなどのご希望をお伺いしたうえでお奨めの語学学校をご紹介いたします。

サンフランシスコの語学学校

サンフランシスコ出張から戻ってきました。今回はサンフランシスコにある4つの語学学校も訪問してきました。訪ねた4つの学校は全てダウンタウンエリアに所在し、公共交通機関もバスやケーブルカー、電車を使うことができます。学校は皆、明るくて清潔な内部で、スタッフの方もみな温かく迎えてくださいました。ちなみに、予約なしで全て駆け込みでしたが(意図的に)、皆さんそれでもとても親切に対応してくださったので合格です。以下に各学校をアルファベット順にご紹介します。

コンバース(Converse International School of Languages)

Converse

コンバースサンフランシスコ

少人数制を徹底しているのがこのコンバースです。サンフランシスコとサンディエゴに学校があります。クラスサイズは最大で8人まで。学校の規模は少し小さ目ですが、逆にアットホームな雰囲気でもあります。毎週金曜日には、修了していく学生のための修了証書授与式が行われ、天気がよければ見晴のよい屋上で行うとのこと。料金的にはクラスサイズが小さい分、ちょっと高めとなりますが、それでもプライベートレッスンを考えているのであればそれよりはかなりリーズナブルですし、価値のある投資であると思います。一般英語、ビジネス英語、TOEFL対策などのクラスが選べます。

EC

EC 

ECサンフランシスコ

アメリカやイギリス、マルタに学校を持つECのサンフランシスコキャンパス。マルタに本社があります。ECのキャンパスはダウンタウンの高層ビルの16階です。そのため教室からは、ダウンタウンの様子も見下ろせます。オープンな作りが印象的。ECのプログラム集中英語、ビジネス英語、TOEFL対策などバラエティーに富んでおり、その質は2011年のベスト語学学校に選ばれていることからも証明済みです。日本人の割合がサンフランシスコなのに7パーセント程度と低いのも嬉しいところ。

エンバシーCES

エンバシーCES

エンバシーCESサンフランシスコ

アメリカのみならず、イギリス、オーストラリア、カナダなど英語圏の複数の国にキャンパスを持っているのがエンバシーCES。どこのキャンパスを訪ねても、統一した教室のデザインと、統一したプログラムの質で、安心感のある学校でもあります。有名なテクノロジーボード、コンピューターを駆使しての授業がアピールポイントでもあります。一般英語、ビジネス英語、TOEFL対策などが履修できます。

イントラックス(Intrax)

イントラックス

イントラックスサンフランシスコ

イントラックスは、サンフランシスコの他に、シカゴとサンディエゴに学校があります。サンフランシスコ校は、2011年の7月に転居したばかり。この学校は海側に所在しています。観光船が出るハーバーも近くにあります。学校が所在しているビルはとてもモダンなつくりで、内部に大きな噴水があり、教室からもその様子が見られます。ビル内にはフードコートもありますので、天気の悪い時には外に出なくとも食事がとれるなどの利点もあります。ここも集中英語、ビジネス英語、TOEFL対策などの授業が履修できます。

訪ねた4校全てプログラムの質やスタッフの対応など良い学校であると言えます。学校の印象も大変に似た点が多かったです。このような状況でどこに入学するかの結論を出す際には、クラスサイズ、微妙に異なる料金体系、クラス登録の仕方(決まった時間に授業が始まるタイプか、午前や午後から自由に選べるタイプか)などから自分に合ったものを選ぶということになると思います。

サンフランシスコは年間を通して気温差も少なく、過ごしやすい場所です。また都会ではあるのに、とても美しい町でもあります。見どころの多いサンフランシスコで語学留学をお考えの方は、ぜひともご相談ください。

今回訪問した学校やサンフランシスコの景色を撮影した写真を、フェイスブックページに掲載しています。こちらもぜひともご覧ください。きにったら、いいね!ボタンを押してくださると嬉しいです。

Facebookページサンフランシスコ写真はこちらをクリックください。

アメリカ留学:サンフランシスコの魅力

サンフランシスコ

サンフランシスコ

アメリカ留学を志す皆様に、留学先の候補に加えていただきたいアメリカの都市をシリーズでご紹介しています。今回は、有名なサンフランシスコについて。

サンフランシスコはアメリカ人の間でも訪れてみたい場所の上位に入る、人気の観光都市です。平均最高気温は真夏でも摂氏20度程度、冬でも14度ぐらいと、気温の差があまりない住みやすさも魅力です。このような気温からでしょうか、市民も温厚で観光客にもあたたかく接してくれるようです。都会であっても緑が多く、路面電車が傾斜の多い町を進んでいく風景はテレビや映画でも多く紹介されています。

サンフランシスコはニューヨーク市に次いで、公共交通機関への依存度が多い大都市でもあり、地下鉄、路面電車やとローリーバスが市内を網羅。自分で車を運転しなくともどこにでも行けるというのは、留学生にとっても魅力的です。

サンフランシスコ市内に所在する大学やカレッジで大きなところでは、私立のサンフランシスコ大学、サンフランシスコ州立大学(Cal State系列)、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UC系列)。この3大学は非常に混同しやすいのですが、皆別の大学です。3校とも大きな総合大学です。コミュニティーカレッジとしては、シティーカレッジオブサンフランシスコがあります。

私立の語学学校も所在していますし、コミュニティーカレッジの語学講習所という選択も可能です。

またサンフランシスコとロサンゼルスのちょうど真ん中あたりにある、サン・ルイス・オビスポ(San Luis Obispo)にあるカリフォルニア・ポリテクニック州立大学はアメリカ全土のベスト大学にもランクされる良質の大学です。理系で成績も良いという方は、ぜひチェックしていただきたい大学ですね。大学自体は風光明媚な山の上にあり、キャンパスには馬もいたりします。

サンフランシスコはその環境の良さ、交通の便の良さ、日本の食材も容易に入手できるなど、日本人がアメリカに来ても一番ギャップを感じることが少ない場所であると思います。たった2日だけサンフランシスコを訪問した私の友人も「生活するには良い場所」という感想を語っていました。

これからやってくる夏休みの数週間、短期の語学留学をしたいという方にもおすすめの場所です。

Home > Tags > サンフランシスコ

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top