現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - USCCアナウンスメント に関するページ一覧

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > USCCアナウンスメント に関するページ一覧

USCCアナウンスメント に関するページ一覧

アメリカ永住権抽選DV2019について

アメリカの永住権申請ができる権利を獲得できるかもしれない、通称永住権抽選の2017年応募は、DV2019と呼ばれますが、いよいよ申込日が近いので、DV2019について動画でお話ししています。

DV2019は、あたったらすぐ永住権がいただけるというものではなく、永住権申請に進める権利があたる、というものです。とにかく出してみるというアプローチでいいのではないかと思うのです。
特に、自分の意思のみでえいっと出してみることができるタイプの方は、迷うことなく出してみてもいいのではないでしょうか。

申請期間は2017年10月3日から11月7日まで。
この期間中でしか受理されません。

お気を付けください。

では動画をご覧ください:

今年もやります!米国永住権抽選DV2019申込み代行

今年はもう少し早めに告知しようと思っておりましたが、とりあえず、「やるのかどうか」ここをちゃんと確認してからと考え、(新大統領になってからいろいろ驚かせてくれるので。)
開始2週間前に告知をさせていただきました。

さて、それは!

もうタイトルにもなっておりますが、米国永住権抽選DV2019の申込み代行です。

DVプログラムとは何か?

アメリカでは、今のところ毎年、米国永住権=通称グリーンカードを申請できる権利があたる、抽選会を行っています。

まだアメリカに、そこまで多くないっていない国生まれの人であれば、18歳以上で、高校卒業以上あるいは同等の教育を受けていれば、基本応募できます。

日本もまだそこまで、米国住民の割合的には多くないので、今のところ毎年、該当する国に入っています。

米国永住権を持っているということは、アメリカの市民がもっている住民としての権利を保持できます。

アメリカ市民と同様に仕事をもて、パートタイムでもフルタイムでもOKだし、

学校にいくのも、パートタイムでもフルタイムでも

大学が所在する州に1年以上すみ、税金を納めたりすると、州内出身価格適用も可能ですし。

かといって日本の国籍をはく奪ということではありません。
日本人であることに変わりはありません。パスポートも日本です。

米国の就労ビザを持っていて、「ああ、いつの日か永住権を持ちたい」と願っていた人は、

当たれば、一発で永住権の申請に進むことが可能となるわけで、たぶんすでに何度か挑戦をしてきた方もいるでしょう。

どうせあたらない、といわず、出さないと当たらないのも事実。

これまでに数人、永住権抽選があたったから、つきましては、米国居住のあとに、通う学校を探したい。

そういうご相談を受けたこともあります。

彼らは申し込んだから、あったのです。

この永住権抽選は、オンラインで申し込みます。今年は10月3日からの申込み開始で、11月7日締め切りですので、

2017年応募用のDV2019の要綱もでています。

11月の締め切り厳守で申し込むと2018年5月に、オンライン上で発表があります。

ちなみに、「あなたあたったわよ~」なんていう親切なお声がけはないので、自分で米国政府のウエブサイトにアクセスして、申請時の受付番号でもって確認します。

オンライン申請は、基本情報の記入、配偶者や21歳未満のお子様のお名前を漏らさず記入、など必ず守らないといけない事項がありますが、自分で申請できる範囲内です。

ただし、英語の細かい文章の規定を読むのがちょっと・・・とか

デジタル画像のサイズ合わせが面倒・・・とか

忙しくて忘れる可能性あり・・・とか

そういう方は、代行サービスを利用する、というのもありでしょう。

代行サービスはいけないのか?

そうではないです。

悪徳の会社に騙されないように、ということは米国政府も記載しております。

そこですよね。

どこに依頼するのか?
依頼するからには、ちゃんと反応を返してくれ、迅速に申請作業を終えてくれるか。

大前提は信頼。

そういうところで、クライアントの皆さんからは

「今入さんのところでやっていただけないか?」
そういう質問を
ちょこちょこいただいておりました。

ありがたいことです。

留学生出願サポート、ビザ申請サポートを長く続けてきましたUSカレッジコネクションが、ご依頼をいただいたお客様に代わり、DV-2019アメリカグリーンカード抽選の代行申請をお受けいたします。

ご注意:抽選申込み開始日から、終了日までたったの1か月です。

USCCへの代行申請のご依頼をいただいてから、迅速な作業を必要とします。

ご依頼者の皆様のご協力もお願いいたします。

代行依頼を受けてから、すぐに、第一報をさせていただき、追加書類や、内容記入の確認作業に入らせていただきます。

また申請完了後には、確認書も送らせていただきますので、翌年5月まで大切に保管ください。

2017年のDV2019、アメリカグリーンカード抽選申込み代行詳細とお申込み・お問い合わせからお申込みいただけます

10月5日までお申込みいただくと、早期申込み特典で、代行手数料の合計料金から5ドル割り引きをさせていただきます!!
アメリカからでも、日本からでも、

世界のどの場所にいても、お申込み代行は、メールでのやりとりで行いますので可能です。

一つ条件といえば、ネット環境の整備をお願いいたします。

一通、一通、合格祈願の願いを込めて、代行作業を行わせていただきます。

USカレッジコネクション
今入亜希子

岩手県盛岡市で留学・海外体験についての講演をします

USカレッジコネクション代表の今入亜希子が、岩手県盛岡市で海外留学・海外体験についてお話しすることになりました。岩手県国際交流協会主催の「岩手青年国際塾」のイベントの一つで、第一回サマープログラムの中の午前の部で今入亜希子が講演を担当することになりました。

アメリカへの留学に限らず、海外留学や海外体験について広くお話することで若い皆さんにさまざまな可能性をお話したいと思っています。
具体的にどういう海外体験があるのか?
どうやってリサーチをするのか?
資金はどうやって確保するのか?

そもそも留学や海外体験は、手が届くものなのか?

留学や海外体験なんて、夢のまた夢と思っている方にも、そうとは限らないこともお話ししたいと思っています。

開場は、岩手県盛岡市のアイーナ。岩手県の盛岡市近郊にいらっしゃる方はぜひともご検討ください。

日にち:7月23日日曜日
午前10時~午前の部で今入亜希子が講演します

午後の部では、パネルディスカッションや英語レッスンも実施しますので、興味がある方はぜひ午後の部もご検討ください。

お申込み、お問い合わせは岩手県国際交流協会へお願いします。

イベントのチラシもご覧ください。

岩手県盛岡市での留学相談を受け付け中!

東京と大阪で行った成功する留学セミナーもおかげさまで大盛況で終了しました!セミナーリポートもぜひお読みの上、興味のある方は今後も予定している留学セミナーへのご参加を検討ください。

さて、USCC代表の私今入は、今、岩手県盛岡市に滞在しています。岩手県には8月の最初の週まで滞在予定です。

そこで、もし盛岡市や近郊にお住まいの方で、今入と直接対面で相談をご希望の方には留学無料相談を対面でお受けします。もちろん、通常通り、LINEやスカイプでのご相談もお受けしていますが、今入が盛岡にいるうちにぜひ対面でお話したいという方はこの機会をお見逃しなく。

お問い合わせ時には、盛岡での対面相談希望とご記入ください。おって、日時のご相談をさせていただくためのご返信を差し上げます。

語学留学、高校留学、短大、大学留学、スポーツ留学、インターンやオペア留学にいたるまで幅広い留学のご相談に対応いたします。これから留学を検討中で、岩手県や近郊にお住まいの方はぜひご相談ください。

2017年夏の東京セミナーお申込み多数につき大きい会場にしました

USCC代表の今入亜希子が講師をつとめるアメリカ大学留学セミナーがおかげ様で盛況です。東京の会場のほうは申込者が多数につき大きい会場に変更いたしました。嬉しい限りです。大阪会場については今のところ定員いっぱいとなっております。今から参加をご希望の方はとりあえずお申込みフォームからお問い合わせください。

今年の大学留学セミナーでは各会場で特色あるセミナーにします。各会場ともにゲストも招待しています。

例えば:

6月18日日曜日、東京会場 午前10時より

ゲスト:

  • 高校、コミカレ、大学編入を経験したテキサス大学オースティン校の現役大学生の方
  • 修士をスポーツマネージメントとTESOLで取得し、今現在大学講師も務めている、スポーツ留学にも詳しい方
  • その他弊社がサポートした学生、卒業生さんも顔を出してくださる予定

6月25日日曜日、大阪会場 午前10時より

ゲスト:

  • ノーステキサス大学語学講習プログラム英語講師の方
  • 私立ジュニアカレッジからペンシルベニア州立大学(ペンステート)に編入し、今年5月に卒業したばかりの方

 

今入の講演だけではなく、ゲストのアドバイスや体験談も聞きつつ進めていきます。参加者の方との意見交換をしながらの双方向性のあるセミナーにしたいと思っています。

東京の会場は少し大きめの部屋に変更しましたのでまだ若干の参加申込みが可能です。大阪のほうは今ほぼ定員に達しておりますが、これから参加を希望する方はあきらめずまずはお申込みフォームからご相談ください。

成功させる留学セミナーのお申込みは以下のリンクからお願いします:

アメリカ留学セミナー申込みフォームへのリンク

2017年6月の大学・大学院留学セミナーにぜひいらして欲しい理由

毎年恒例のUSカレッジコネクション代表、今入亜希子の日本訪問、そしてセミナー開催。今年は6月に東京と大阪で「成功させる」留学セミナーを開催します。今年は特に各会場ごとにユニークな内容となりそう。

大阪の会場には、ジャズスタディーやバイオメディカル工学、ビジネスなどの分野で知られているノーステキサス大学(UNT)語学講習所教師の方をゲストとしてお迎えできることになりました。アメリカの大学職員の方とお話しができるの数少ないチャンスです。

東京の会場では、USカレッジコネクションがサポートして今や現役大学生の方や卒業生の方をゲストとしてご招待する予定です。実際の留学生活、出願準備についてなど体験談をお話しいただきます。

2017年6月に18日と25日に東京と大阪で開催される「成功させる」アメリカ留学セミナーについて動画で詳しくお話ししています。

アメリカグリーンカード抽選DV2018申請代行します!

毎年、クライアント様より「今入さんのところではやらないのですか?」

そういうお問い合わせを受けてきました。

それは、アメリカのグリーンカード抽選の申込みについて、です。

アメリカでは、今のところ毎年米国永住権=通称グリーンカードを申請できる権利があたる、抽選プログラムを行っています。

まだアメリカに、そこまで多くないっていない国生まれの人であれば、18歳以上で、高校卒業以上あるいは同等の教育を受けていれば、基本応募できます。

日本もまだそこまで、米国住民の割合的には多くないので、今のところ毎年、該当する国に入っています。

米国永住権を持っているということは、アメリカの市民がもっている、住民としての権利を保持できます。

アメリカ市民と同様に仕事をもて、パートタイムでもフルタイムでもOKだし、学校にいくのも、パートタイムでもフルタイムでも。

大学が所在する州に1年以上すみ、税金を納めたりすると、州内出身価格適用も可能ですし。

かといって
日本の国籍をはく奪ということではありません。日本人であることに変わりはありません。パスポートも日本です。

米国の就労ビザを持っていて、「ああ、いつの日か永住権を持ちたい」と願っていた人は、当たれば、一発で永住権の申請に進むことが可能となるわけで、たぶんすでに何度か挑戦をしてきた方もいるでしょう。

どうせあたらない、といわず、出さないと当たらないのも事実。

これまでに数人、永住権抽選があたったから、つきましては、米国居住のあとに、通う学校を探したい。

そういうご相談を受けたこともあります。彼らは申し込んだから、あったのです。

この永住権抽選は、オンラインで申し込みます。今年もたぶん10月1日からの申込み開始で、11月第一週の締め切りですので、まもなく、2016年応募用のDV2018の詳細はでてくるはずです。

11月の締め切り厳守で申し込むと2017年5月に、オンライン上で発表があります。

ちなみに、「あなたあたったわよ~」なんていう親切なお声がけはないので、自分で米国政府のウエブサイトにアクセスして、申請時の受付番号でもって確認します。

オンライン申請は、基本情報の記入、配偶者や21歳未満のお子様のお名前を漏らさず記入、など必ず守らないといけない事項がありますが、自分で申請できる範囲内です。

ただし、英語の細かい文章の規定を読むのがちょっと・・・とか

デジタル画像のサイズ合わせが面倒・・・とか

忙しくて忘れる可能性あり・・・とか

そういう方は、代行サービスを利用する、というのもありでしょう。

代行サービスはいけないのか? そうではないです。

悪徳の会社に騙されないように、ということは米国政府も記載しております。

そこですよね。

 

どこに依頼するのか? 依頼するからには、ちゃんと反応を返してくれ、迅速に申請作業を終えてくれるか。大前提は信頼。

そういうところで、前述の「今入さんのところではやっていただけないか?」そういう質問を弊社はいただいたわけです。

ありがたいことです。

留学生出願サポート、ビザ申請サポートを長く続けてきましたUSカレッジコネクションが、ご依頼をいただいたお客様に代わり、DV-2018アメリカグリーンカード抽選の代行申請をお受けいたします。

ご注意:抽選申込み開始日から、終了日までたったの1か月です。

USCCへの代行申請のご依頼をいただいてから、迅速な作業を必要とします。

ご依頼者の皆様のご協力もお願いいたします。

代行依頼を受けてから、すぐに、第一報をさせていただき、追加書類や、内容記入の確認作業に入らせていただきます。

また申請完了後には、確認書も送らせていただきますので、翌年5月まで大切に保管ください。

2016年のDV2018、アメリカグリーンカード抽選申込み代行、詳細とお申込み・お問い合わせはページ下の、大きな永住権申請代行というバナーをクリックしてください。

9月30日までお申込みいただくと、早割りで、代行手数料の合計料金から5ドル割り引きをさせていただきます!!

 

アメリカからでも、
日本からでも、

世界のどの場所にいても、

お申込み代行は、メールでのやりとりで行いますので可能です。

 

一つ条件といえば、
ネット環境の整備をお願いいたします。

一通、一通合格祈願の願いを込めて、代行作業を行わせていただきます。

USCCのDV2018 グリーンカード抽選代行申請、詳細とお申込み、お問い合わせはこちらをご覧ください:

 

banner_dv2018

7月の大学留学セミナーゲスト紹介

私の日本滞在もあっというまに数週間が過ぎてしまいました。今年はいつもより長く滞在しているはずなのですが。時間があると思うと、ゆったりしすぎてしまっているのかもしれません。

ということで7月17日の日曜日に開催する、「失敗しない」大学留学セミナーもまもなくです。

7月の予定もそろそろ決まってくるころではないでしょうか。USCC代表の今入のセミナーでは、どうしたら失敗せずに、留学の夢を実現させるか?

長年の経験をもとに、詳しくお伝えしていきます。

 

さらに、弊社のサポートで留学を実現させた先輩たちも、東京のセミナーに駆けつけてくださいます!

米国で頑張る先輩の声は、ここでしか聞けません。ゲストはたとえばこんな方:

ゲストさん1テキサス大学オースティンの大学院で音楽を学ばれ、今後さらに音楽家として羽ばたこうというSさん

ゲストさん2ニューヨークのあの、シティーカレッジのBFAでジャズ専攻で夢を追い続ける、Nさん

ゲストさん3:ボストン郊外の私立ジュニアカレッジをあえて選択肢、2年後、ペンシルベニア州のペンステートに見事合格、卒業まじかのMさん

 

今のところ、上記三人の方が参加してくださる予定です。

音楽やパフォーマンスなど、ポートフォリオやオーディションが必用な留学を目指している方。

2年の短大から4年制大学への編入をしかも、有名4年制大学への編入を目標とする方。

 

もっと一般的なことで言えば、

どうやったら語学力を上げられるのか、アメリカ生活について、さらには卒業後について。

先輩のみなさんにどうぞ質問ください。

私自身も、サポートした学生さんが頑張っている姿を見るのは非常にうれしいです。

一人でも多くのみなさんが「失敗せず」ベストな留学を実現できるようにサポートしたいと思っています。

 

東京での「失敗しない」大学留学セミナーの詳細とお申込みはこちら:

http://usccinfo.com/?page_id=3450

 

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

USCC代表 今入亜希子

 

 

出張留学説明会 in 東京

5月22日、都内のホテルにて出張留学説明会を開催致しました。

今回は語学留学、スポーツ留学(サッカー、アイスホッケー)、大学進学希望の方と個別にカウンセリングをさせて頂きました。東京だけありご希望の留学形態も皆様全く違いましたし、留学に対する意識もかなり高くこちらが驚く程でした。

カウンセリングの一例としては、一年日本の大学を休学してアメリカの大学通いたい方、将来のキャリアアップのためにニューヨークで英語のブラッシュアップと国際感覚を磨いたい方など。

これまでメールでのやり取りをさせて頂いていた方々ですが、実際にご要望を伺うと並々なら決意感じ、私も今まで以上に入れてサポートさせて頂きたいと感じる方々ばかりでした。

この夏はさらに、USCC代表の今入亜希子による、大阪と東京での留学セミナー、さらには岩手県盛岡市でも出張留学相談会も開催します。

お近くの方はぜひともご参加ください。

出張留学相談会東京2016

東京での出張留学相談会の様子

 

 

留学アドバイザー2014年メッセージ

新年あけましておめでとうございます。2014年です。

新年とは言っても、アメリカはどうも新年ムードを感じられません。1月2日からは、何事もなかったような日常が始まり、あれ、もっと新年の実感を・・・・
そんなことを思ってしまいます。

それでも、皆さんから年末から年始にかけて、いただいたメッセージを読みながら、新年の抱負を考えていたりする私です。

今日はちょつと皆さんからいただいたメッセージを、ここでシェアさせてください。

2か月間フロリダに語学留学された学生さん:
以下メール抜粋
「2か月間本当に貴重な体験だらけで、楽しい時間を過ごすことができました。オーランドに行って本当に良かったです!」

昨年の8月から、あのテキサス大学のオースティンで、音楽で大学院に進学された学生さん。
以下メール抜粋:
「前期も無事に終わりほっとした冬休みを過ごしています。アメリカで新年を迎え、正直アメリカに留学したんだと初めて実感しました。いつもは自分の音楽の弱みばかりに意識がいっていましたが、ここに来て初めて、自分の強みも知ることができたのは、大きな収穫です」

日本人として留学し、日本人であること、音楽にでてくるその強みを、理解されたのではないかと思います。
素晴らしい。

さらにはこちらも同じく大学院で、まずは昨年の秋学期はブリッジ語学講習から始め、いよいよ、春学期この1月からは、大学院生活をスタートさせる方。アメリカ中部の、雪が降るエリアの大学に在籍していらっしゃいます。
以下メール抜粋:
「誰も知らない場所で、生活するのは少々大変でしたが、出会いにはとても恵まれました。こちらで出会ったすべての人たちに助けてもらって、この学期を乗り切れたと思います。春学期からは身分は大学院生。少々不安ですが、いえ、かなり不安ですが楽しみです。春学期が終わるころには、
今まで知らなかった事を、たくさん知っている私がいると思うと、わくわくします。道のりは厳しいんですが。」

「こちらは今日はとても寒くて、今はマイナス16度です。夜中はマイナス30度の予想です。今のところ、雪景色はとても気に入っています」

留学中は不安に思うことも多いもの。でもその不安すら楽しみに変えてしまう、彼女のパワーが素晴らしい。

こういう方は、留学を成功させる方だと思います。

最後に、先日ホームステイを体験されて、帰国された方の体験談もシェアさせてください。

この方は昨年私の方で紹介しておりますが、教師宅ホームステイを体験されました。教師宅ホームステイは、ホストファミリーのどなたかが教師役として、プライベートで英語を教え、一緒にアクティビティーをしたりするところまで、料金内に含まれる、だからこそある程度自分が望む形のホームステイ体験ができます。

今回は、参加者の方が医療関係にいらっしゃり、ホストファミリーも医療関係者でという強い要望がありました。

今回はこの教師宅ホームステイという、「教師」となる方は必ず学士以上の学位をもっていることを、条件とするプログラムであるからこそ、このような要望も、比較的容易に実現したと思います。

ホストファミリーは、ロサンゼルス郊外の、ロングビーチに住むファミリーで、ホストファザーがお医者さんというところを、見つけることができました。

以下参加者からのメールより抜粋:

「到着直後からロングビーチ沿いで冷えた白ワインとランチ。夜はクリスマスイルミネーション。ショッピング、観光。クリスマスは映画観賞。滞在中の二日間は病院外来見学をさせていただきました。毎週日曜日は、ファーマーズマーケット。ローカルのみ集うレストラン、ハンチントンビーチのピアは、
私の抱いていたオレンジカウンティー(OC)そのものでした。」

素晴らしい。理想的なホストファミリーに出会うことができたようです。

たしかに教師宅ホームステイは通常のそれより高いです。ただし、価値的には非常に意味があると思います。

さらに実際の価格で比べても、もしあなたが、10日程度の一人旅行で、ホテル宿泊をお考えだとしたら、その料金と食事代の負担の合計は、教師宅ホームステイの、個室、3食付、1週間合計10時間の英語個人レッスン、1週間あたりおよそ1300ドルという料金と変わらないと、あるいは、教師宅ホームステイの方が安くなる可能性もあります。

10日間ホテル滞在、一人旅行も良いけれど、さみしくなるときってありますよね。

それだったら現地の方と触れ合いつつ、さらに英語も学べるという、この教師宅ホームステイは非常に有益ではないかと思うのです。

教師宅ホームステイに興味がある方、まずはUSカレッジコネクションまでご相談ください。

それでは今年も前年以上にパワフルに、全力投球でサポートをしていきます。
よろしくお願いいたします。

Home > USCCアナウンスメント に関するページ一覧

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top