現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - 携帯電話

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > 携帯電話

携帯電話

いよいよアメリカ留学開始!:携帯とWiFiは?

この秋学期からアメリカ留学をスタートさせるという皆さん、おめでとうございます!時期的に学生ビザは確保しているかもしれませんが、それだけでは準備完了とは言えませんよ。今回はアメリカで使用する携帯とインターネットについて。

まずは携帯。長期に留学されるという皆さんは、渡米してからアメリカの携帯電話サービスを購入しようと考えて、日本の携帯を切って渡米されるかもしれません。もちろんこの方法も一つです。でも、ちょっと検討してほしいのは、アメリカの電話会社で購入する場合には最初はサービスプランを見比べたり、多少時間がかかるものであること。また2年契約をすることでよりお得に利用することができるので、「じっくり選ぶ期間を作る」ことをお薦めします。そのため、渡米後しばらく落ち着くまでは、仮の期間としていつでも契約が切れる、日本から購入できる携帯サービスを検討してみても良いかも。

あるいはです。アメリカの学生になるみなさんにとって、たぶんどこでも学校や寮に滞在中は無料でWiFiが利用できるはず。であれば、スマホをもっている方についてはWifiで携帯を利用すればLINEやSkypeや、メールチェックもすべてできるので、電話機能は緊急時や、ちょっとしたお友達とのやりとりのみで使用するのであれば、携帯電話はプリペイド、あるいは日本の会社が提供している格安携帯電話サービスもお薦めです。最近は、日本の携帯会社もアメリカに通話できるプランもでていますから、しばらくは日本の携帯サービスを生かしていくというのも良いでしょう。

USカレッジコネクションがご紹介している、ハナセルは最安の携帯プランで月に9.99ドル。通常はWiFiでもって通話もネット検索もするので、電話はあまり使わないのであれば十分かもしれません。もう少し電話を使うのであれば米国内の電話かけ放題でも月に49ドル。通常アメリカの電話会社のサービスでは適用される、いくつかの追加手数料などもなしで、契約時のデポジットもなく、日本語サポートありで便利です。

日本のiPhoneもSIMロックがかかっていないものも最近は多いので、自分のiPhoneを使用してSIMカードを差し替えるのもできますし、電話機を一番安いのを購入して電話だけのために使用するのもいいですね。

逆パターンではありますが、私は日本滞在時にハナセルの携帯を使います。最近は電話はかかってくることはほぼないのですが、いざというときに自分で電話をかけられることは安心感につながります。また電話のみで使うと割り切るのであれば、アメリカの携帯会社のサービスすら若干高いと感じるので、このハナセルの節約プランはありがたいと思うのです。

前提として考えるのは、アメリカのネット環境は日本より格段に良いこと。WiFiは大学、学校、公共の場、レストランやカフェなどではどこも無料WiFiが用意されています。しかも簡単に接続できます。WiFiが飛んでいれば、日本との会話も、メールチェックも、SNSもすべてOKということを前提に、でも、緊急時の電話利用のオプションも用意しておくことをお薦めします。保護者の方も安心ではないでしょう。

ちなみにハナセルをご契約される場合には、ぜひプロモーションコードの55UC を入力してくださいね。20ドル分の無料通話がプレゼントされます。

どのサービスであれ、入国時にすぐ使える携帯電話があるのは絶対的に便利です。

 

アメリカ格安携帯電話ハナセルに使い放題プラン!

アメリカで使用できる格安携帯電話サービスとしてUSCCもお薦めしているハナセルですが、2015年からプランがパワーアップしています。
格安プランはそのままに、データと米国内通話使い放題プランも追加しました!

これまでの、月々9.99ドルプランは、米国内の通話はSMS使い放題で消費税0ですので、引き続き非常時を中心とした携帯保持の場合には重宝します。またいつでも無料解約なのも嬉しい。

2015年から新に加わったのが、データ使い放題の月々29ドルプラン、さらにはデータ使い放題と米国内の通話かけ放題の月49ドルプラン

携帯電話も、ハナセルが提供している機種の他にも、アメリカの電話会社T-Mobileのプリペイド電話機、さらにはGSM方式に対応したSIMロックフリーの携帯電話機の中から選べるという豊富さ。日本の携帯のドコモやソフトバンクではSIMロック解除が可能な電話機も販売しているので、アメリカに短期滞在の場合にはお使いの電話にハナセルのSIMカードを差し込んで利用が可能となります。日本で購入するiPhoneの場合にはSIMロックがかかっていますので、アップルの正規ストアでSIMロックフリーのものを購入いただく必要があります。

これまでは、格安でも電話を多く利用される場合には通話料金が1件あたりの時間で請求されるため、時に料金がかさむこともあったのですが、この通話かけ放題、あるいはデータプラン使い放題プランが加わったことで、ハナセルの便利度、節約度がぐっと高まりました。
利用目的に応じて、3つのプランの中から皆さんにとって便利なものを選んでみてください。

困った時には日本語での問い合わせですぐに返信が来るのも嬉しい。メール一本で、日本語で質問できます。
ハナセルの電話サービスをご購入の場合には、ぜひUSCCのプロモーションコードをお使いください。

55UCを入力すると、20ドルの無料通話がプレゼントされます。
詳しくは、こちら:
http://www.hanacell.com/jp/media/uscc.php

アメリカ大学入学前にやることその5:携帯電話

アメリカ大学にこの秋学期方入学が決まっているあなたが、渡米前にやることを連載でご紹介しています。

ビザ以外にも、医療保険、予防接種、海外転出届などなど、考えることがいくつかあることをすでにお知らせしました。

今日は、「アメリカで使用する携帯電話を今から持ち込むかどうかの決断」

これから数年間アメリカの大学に留学予定のあなたにとっては、携帯電話は必要になるけれど、アメリカの携帯を購入予定なので渡米の時は携帯なしで渡航する。

この決断ももちろんありです。

昔は今のように気軽に携帯を持ち込むことなんてなかったので、私も当然この結論をしておりました。

でも、いくつかの選択肢がある今、日本から携帯を持っていったほうが良いですか?と聞かれたら

「アメリカで通話できる携帯を用意しておくと、大変に便利」

そう私は答えます。

今日は、二人の学生さんがアメリカに入国してきました。

初めて降り立った空港、しかも海外。

どこで、迎えの送迎会社の運転手さんと落ち合うのか?

さらには、乗り換えのための飛行機に遅れた!なんていう場合だって(今回はありませんでしたが)、

もしアメリカで使用できる携帯を持ち込んでいれば、慌てず騒がず連絡ができます。

空港には大抵公衆電話がありますから、私に電話も可能です。

でも、探しているときに限って、なかなか電話が見つからなかったりすることもありますよね。

携帯のアメリカへの持ち込みで考えられるパターンとしては:

アメリカでも受信できる、通話できる携帯電話を生かして渡米する。数週間ぐらいは生かしておいて、あとから保護者の方などに止めてもらう。

この場合の難点は、日本の携帯電話なので通話をする場合には国際電話扱いとなるので料金が高めです。

ただし、背に腹は代えられない。非常時には、通話料金が高くとも使える携帯を持っておいた方が良いわけです。

もう一つの方法は:

アメリカの携帯回線を利用している携帯電話を日本にいるうちに購入して持ち込む。

これってつまり、日系の会社でアメリカで携帯通話サービスを提供しているものを日本にいるうちに購入するということです。

例えば、アメリカ格安携帯電話のハナセルは、毎月の基本料金が10ドル未満の9.99プランか、通話した時間だけの料金を支払うプリペイドXプランの中から選べます。

最低契約期間もないですし、デポジットもないから、とりあえず生活が落ち着くまで契約しておいて、準備ができたらアメリカの携帯会社の携帯電話を購入することだって可能なのです。

すぐにでも、アメリカでスマートフォンを購入して、アメリカの大手携帯会社のサービスを購入しようと考えているあなたも、日本と違って月々の料金って意外に高いこと、覚えておいてください。

また購入時に、ソーシャルセキュリティー番号が必要だったり、長期契約が必要である会社もありますので、アメリカの携帯電話を購入する際には良く考えてから決断してくださいね。

そういう時期になるまでは、しばらくプリペイド携帯を使おうとかいうのもありでしょう。緊急時の連絡として、携帯を持っているということが保護者の方にも安心感を与えることはいう間でもありません。

また、例えば生活も落ち着いてアメリカの携帯電話サービスと無事に契約ができたあとからは、購入したハナセルのプリペイド携帯は家族や友人の方がアメリカ訪問した際に保存しておくというのも良いですね。

訪問した方に携帯をお貸ししておくと、ちょっとした連絡時にその携帯を使用できますし。

そうそう、日本で心配しているご家族に

「今到着しました」ってお持ちの携帯でご報告するのは、やっぱり一番安心されることだと思います。

追伸:もしハナセルの格安携帯を購入される場合には、当社のプロモーションコードをぜひともご利用ください。20ドルの無料通話がプレゼントされます。

アメリカで使える携帯電話

アメリカへの短期滞在を予定されている方にとって、悩みの種なのが現地で使う携帯電話について。数週間の観光旅行であれば、日本から携帯電話レンタルを利用するのが一番便利なのですが、通話料金が割高なので、数か月滞在と言う場合には料金がかさみますね。

長期滞在になるとたしかにアメリカの携帯電話サービスを利用することが選択しにあがってきますが、ソーシャルセキュリティーナンバーがない留学生は契約時に多額のデポジットを支払う必要があったり、最低でも2年契約が必要であったりする場合があったりするのも事実です。料金的にも、明記されている料金以外に、いろいろな手数料が加わって最終的にはびっくりする料金を請求されたりすることもあります。例えば、マンスリープランが50ドルのはずなのに、合計すると70ドルは支払っているのも当たり前に出てきます。携帯電話料金はばかにならないのです。

そんな中、アメリカに住む日本人のための格安携帯電話サービスHanacell ハナセルが今注目を浴びています。月額基本料金がなんと9.99ドルでその中に無料通話9.99ドルがついてくるというもの。つまり、9.99ドル以内に通話料金を納めればそれ以上に料金が請求されることはないのです。アメリカの大手携帯電話会社であるAT&Tの電話回線を使用しており、通話料金もアメリカ国内通話で1分0.25ドル(送信、受信とも)さらに日本への国際電話も固定携帯電話へともに1分0.5ドルというリーズナブルさ。契約時のデポジットもありませんし、なにより最低契約期間も一切ないというのも魅力です。つまり、2か月、3か月という滞在でもこのハナセル携帯を利用できるという訳です。

電話自体は購入の必要があります。現在ハナセルで提供されている携帯電話の機種は5機種。今皆が持ちたがっているスマートフォンもこの4月から発売されましたし、ニッポンSIMカードに差し替えることでそのまま日本でも利用できる携帯や、料金を抑えたいという方のためには49ドルから電話が購入できます。

たしかにスカイプを利用してインターネットから格安で電話ができる時代になりました。メールでご家族や友人ともコミュニケーションが取れ、電話はなくとも生活ができるかもしれません。ただし緊急時の連絡方法として、あるいは友人との待ち合わせの時など、やはり携帯はないと困るものだと思います。

ハナセルの携帯サービスはクレジットカードさえあれば、オンライン上で簡単に契約できます。ソーシャルセキュリティーナンバー記入の必要もありません。渡米前に日本から契約をすると、日本に電話が届くので、アメリカの空港についたその時から携帯電話が使用できます。最近は空港であっても公衆電話を探すのは一苦労です。アメリカについてすぐに携帯電話が使用できるのは安心です。現在アメリカにお住まいの方も同様にウエブサイトから契約ができ、電話はお住まいの場所に届きます。

ないと不便な携帯電話、でも契約や購入に大変な思いをされていた留学生。そんな皆さんの役に立てないかと思っていたら、ハナセルさんとのタイアップができることになりました。

U.S.カレッジコネクション経由でハナセルを申し込まれた方には以下の特典もついてきます!

  1. 全ての商品が送料無料(通常アメリカ、日本国内ともに配送料は10ドル)
  2. 渡米前の方は日本滞在中の月額基本料金が無料(通常は商品が到着した日より月額基本料金の9.99ドルが課金されるのですが、この特典では渡米日に月額基本料金が引き落とされます)
  3. すでにアメリカ滞在の方には、無料通話がさらに10ドル追加(初回月は無料通話が19.99ドルとなります)

上記の特典を受けるには、ハナセルのウエブサイトから携帯電話を選んで、プランの購入をクリックしたあとに、ショッピングカードに個人情報を記入することに加えて、U.S.カレッジコネクションのプロモーションコードを入力する必要がありますのでお気を付けください。

プロモーションコードを利用するにあたって、U.S.カレッジコネクションの留学サービスを受けている必要はありませんが、メールにて当社へご連絡くださるようお願いします。追ってプロモーションコードをお知らせします。

お問い合わせはこちら:mail@usccinfo.com

Home > Tags > 携帯電話

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top