現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - コミカレ卒業後の選択肢が豊富:ハイラインカレッジ

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカ大学留学 > コミカレ卒業後の選択肢が豊富:ハイラインカレッジ

コミカレ卒業後の選択肢が豊富:ハイラインカレッジ

アメリカの大学留学のファーストステップでまずはコミュニティーカレッジからという道を選ばれる方が増えています。アメリカ国内でのコミカレの立ち位置は、From here, go anywhere ここからどこにでも旅立てる。でもやはりコミカレで準学士を取得後の進路はアメリカの4年制大学への編入というのが今でも一般的です。単位の移行の問題、アメリカのコミュニティーカレッジの認知度でいっても、アメリカ国内の大学への編入がやはり自然ではあります。そんな中、ワシントン州シアトル郊外のハイラインカレッジでは、準学士を取得後、アメリカだけではなく、日本やアジア、ヨーロッパの大学への編入をも可能にするインターナショナルパスウェーを大きくアピールしています。

もともとアメリカ国内の4年制大学への編入を目的にした大学編入コースと、職業訓練的な実践プログラムの二つのプログラムを持つコミカレは志向はいまだにアメリカ国内向けの編入を実現させること、です。ハイラインカレッジの場合そんななか、海外の大学とも多く提携を持ち、海外大学生の短期在籍も積極的に受け入れ、大学レベルでの交流ももっています。アメリカの学費が高く、せっかくリーズナブルな学費で学べるコミカレで学位を取得したあとに、編入していく4年制大学がアメリカ国内では高額すぎて進学できない留学生もいたことが、ハイラインカレッジが海外の大学と進学提携を積極的に進めるきっかけにもなったとのこと。大学同士の1年単位での交換提携もあったことが、この編入提携を進めやすくした要因でもあったと思います。また、留学生オフィスのディレクターは日本人の方です。このことが日本の有名大学とも多く提携を結ぶきっかけにもなりました。日本人の学生さんの中でも準学士をコミカレで取得したあとに、日本の大学への編入することを希望する学生さんがいたため、日本の大学との進学提携を進めることにしたわけです。

日本の大学への編入

日本の大学で言えば、上智やICU、明治大学、立命館大学、同志社大学、名古屋大学、東北大学、秋田インターナショナルなど、複数の大学がアメリカでの準学士を受け入れて編入ができます。ただし、強豪校になると帰国生入試と同様にトフルやアイエルツといった英語のスコアも高得点が求められますので、きっちり受験勉強をする必要はあります。
ハイラインの場合、立命館アジアパシフィック大学については、カレッジの成績(GPA)が3.0以上あれば、ハイラインから推薦状がでて入学を可能にします。トフルもハイラインの英語のコース履修を終了していれば必要なく、問題なく単位も動かして編入できるのです。

アメリカ以外の国の大学・大学院への編入

日本の大学以外でも、例えば台湾の4年制大学、チェコ共和国の4年制大学への編入提携もあり、編入提携をもっている世界の大学すべてが英語で授業を履修できます。台湾の提携大学の場合の1学期あたりの学費はアメリカドルで2500ドルほど。入学後の最初の学期は学費無料などの好待遇もあります。チェコのアングロアメリカン大学のMBAはお薦めで、17か月の学費の合計がアメリカドルでおよそ17000ドル。この大学のMBAはアメリカのチャップマン大学のMBAプログラムと同じカリキュラムを利用しており、チャップマン大学MBAの学位がでるのに、なんと学費についてはアメリカでMBAを取得するよりもかなりの節約になるのです。

今ふと、「あれ?」と思った方。素晴らしい。なぜコミカレからMBAにジャンプできるのか?という疑問を持たれましたか?

Pre-MBA, Pre-Master Program

ハイラインカレッジではPre-MBAやPre-Masterプログラムも留学生に提供しています。
すでに学士をお持ちの学生の方で、例えば、学士の専攻が大学院の専攻と大きく異なる方、英語の力が低めである方、GREやGMATがまだスコアがない方、また職業経験も少ない方などが、カスタマイズのコース履修でおよそ1年ぐらいにわたって大学院に進学するための補強のコースを履修しながら大学院出願ができるだけの力を養います。そのうえで、前述したような提携のMBAやビジネスの修士プログラムへの進学を可能にできます。

アメリカの学費が高いと悩む学生の方、特に留学生としては切実な問題ですので、学位をとるためだったらさまざまな方策を検討するという方にはぜひともこのハイラインのインターナショナルパスウェーをお薦めします。コミュニティーカレッジでしっかりとした成績をとればあとは道が開けてきますね。

Short Term Program

さらに嬉しいのが、ハイラインカレッジは提携している海外の大学の学生や、パートナー会社経由で申込みを入れる学生さんには、学位取得を目的としない短期プログラムでの在籍というオプションの提供もしています。1年滞在する学生さんには、提携近隣会社でのインターンを体験できるところまでサポートしていただけるのも嬉しい。この短期プログラムに関しては通常のTOEFLやIELTSの英語試験のテストも若干低めに設定されていたり、また、英検2級も認定されます。カレッジでの興味分野での授業履修とインターンシップを組み合わせての充実した1年留学を希望されるのであれば、良い選択しでしょう。ちなみにUSCCもパートナーエージェントですので、ショートタームプログラムのお申込みが可能です。

留学生サポートもたけているハイラインカレッジはオンキャンパスに留学生用のレジデンスも建築します。2018年12月から2019年早々にもオープン予定だとか。興味がある方はまずはUSカレッジコネクションにご相談ください。

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

コミュニティーカレッジ シアトル の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

※個人情報の管理・取扱いについて
USカレッジコネクション(USCC)では、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。USCCは日本人の皆さんの海外留学を応援するコンサルタントです。会社概要はこちら(https://usccinfo.com/?page_id=198)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

Home > アメリカ大学留学 > コミカレ卒業後の選択肢が豊富:ハイラインカレッジ

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top