現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - めるまがバックナンバー に関するページ一覧

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > めるまがバックナンバー に関するページ一覧

めるまがバックナンバー に関するページ一覧

2016年もUSCCは全力でサポートします。

あけましておめでとうございます!
2016年。USカレッジコネクションはさらにパワーアップの気持で頑張っていきます。

語学留学、高校、カレッジ、大学、大学院留学、オペアにインターンシップ、スポーツキャンプとトレーニング留学

幅広くアメリカ留学のサポートを、心を込めて行っていきます。

パッケージではなく、オリジナルの留学を目指す方へ。

一人一人の希望に寄り添って、でも新しい提案もしていくことで、心強いパートナーとして頑張っていきます。

2016年のUSCCはさらにパワーアップ!

高校留学を目指す方に!

米国の高校のタイプや選び方を詳しく説明しています:
http://usccinfo.com/?page_id=3289

2016年も日本での留学説明会を開催予定です
これまでの説明会の報告はこちらをご覧ください:
http://usccinfo.com/?page_id=3099

自分でインターン先を見つけてJ-1インターンに挑戦したい方
ビザスポンサーの登録サポートをより強化します
http://usccinfo.com/?page_id=2618

スポーツキャンプやフルタイムトレーニング
それぞれの希望をしっかり把握したうえでお薦めします
http://usccinfo.com/?page_id=2615

オペアやインターンシップ参加希望者を中心にインタビューに使える実践英語のオンラインレッスンを開始しました
http://aupairjapanese.com/?page_id=1781

 

2016年に留学を実現させたい方はお気軽にご相談ください

皆さんの留学実現の夢を全力でサポートします。

今年もよろしくお願いします。

USCC代表今入亜希子

新SATが2016年度より開始

SATといえば、アメリカの大学に進学するために必要な基礎力テスト。
高校生や、大学の単位をもっていない学生たちが受験し、提出するテストです。

このSATテストが2016年の春から一新します。
リベラルアーツカレッジや、留学生を特別扱いしない大学、さらにはあなたが大学スポーツをする予定でアメリカ体育協会(NCAA)に登録する予定であるならば、SAT受験が必須となります。

この新SATが留学生にとってプラスなのか、マイナスなのか?

2016年3月から開始予定のSATですので、もしあなたが2017年秋からの大学入学を目指しているのであればこの新しいSAT受験の対象となるわけです。

2016年秋大学進学であれば、現在のSATのスコアを使うことができるということになります。

さて新しいSATは:

採点システムが、現在の変更になる前に戻ります。つまり、英語と数学の各セクション800点満点の合計1600点満点。さらにエッセイがオプションになり、必須ではなくなります。

エッセイが必須ではなくなることは、留学生にはプラスとも見えますが、もともと、エッセイの点数は合計点にはいれないという大学も多いので、このあたりはあまり変化はないともいえます。

今回の変更ではより、実践の大学教育に適する学生を選ぶために、ということで、単独で単語の意味を問う質問が消え、その代りに文章の中で使われる単語の意味を聞くというような形になるそう。

つまり文章を読めばある程度意味が推測できるということになるわけです。
これはTOEFLで良く用いられますが、SATも単語を暗記しているだけでは意味がないという方式に変わるわけです。

留学生にとっても大きな変化といえるのが、これまでのSATは、間違いを犯すとその分のペナルティーがかかるというのがSATの特徴でした。誤謬率といいます。

これまでは「あてずっぽうの回答はするな」という指導をする場合もあったわけですが、新しいSATは誤謬率のペナルティーが無くなります。これは良い変化であると思います。

エッセイが試験の必須セクションではなくなりますが、その代りに読解のあとに感想や意見を記述するなどの質問がでてくることになります。ライティングが無くなるというわけではありません。

数学はこれまではどちらといえば、計算ができる、数式が理解できるが重心だったのですが今後は推測したうえで、考えを導き出すなどもう少し上級レベルの数学に変わってくるようです。そうなると、問題の意味がわかないと解けないということになりますので、数学を解くにも高い英語の力が求められることになります。

結論からいえば、新しいSATの変更点は、良いことも、難しいこともある。
よって、SATの他にもう一つある基礎力テストのACTも両方受験してみて、どちらが自分にとって解きやすいか、点数が取りやすいかを確認してみることをお薦めします。

SATテストを作っているCollege Boardのウエブサイトでは新しいSATについての説明とサンプル問題も掲載しています:
https://www.collegeboard.org/delivering-opportunity/sat/redesign

 

テキサス州フォートワースの大学視察

テキサス州のフォートワース市に所在する、テキサスウエズリアン大学と付設するTLCという語学学校を視察してきました。

フォートワースは、ダラス市と並ぶ大都市で、ダラスとフォートワース、さらにはお隣のアーリントンを合わせた都市圏の人口は全米5位という経済的にも重要な場所です。

テキサスウエズリアン大学はそのフォートワースのダウンタウンにも車で10分程度の距離にあり、都市にもすぐでられる、でも普段は学内で勉強に集中できるという環境です。大学は私立の宗教系大学で、学生人口は2000人弱。小さ目なサイズといえます。
キャンパスの中も歩いてすぐ回れる、学生と教授の距離も近いというのは魅力でしょう。ちなみに大学のマスコットはRAM羊です!

小さい大学ながら留学生も積極的に受け入れていて、すでに他の国で大学生でいる方たちも、編入した場合に単位が互換しやすいような配慮もしています。私立の小規模大学ですと、高校を卒業したばかりの学生をメインに勧誘しているケースも多いのですが、ここは現在海外の大学に在籍する学生さんも積極的に受け入れる姿勢を示していいます。

テキサスウエズリアン大学内に所在する語学学校がTLCです。TLCはここ数年でセンターの数を増やし、今は全米の大学内に10校、オフキャンパスセンターは5校、合計15の語学センターをもっています。

フォートワースのセンターは2年前にオープンし、大学とも良い関係を築いています。1セッション4週間ごとにレベルをあげていくことが可能で、レベル9を終了すればテキサスウエズリアン大学にはTOEFL免除で入学できます。

TLCフォートワースの魅力は、なんといっても少人数制ということでしょう。一つのレベルあたり平均の学生数は5人から9人ということで、テーブルに先生と学生が一緒に座っての授業が成り立ちます。どんなに少人数でもクラスはオファーするとおっしゃっておりますので、時期によってはほとんどマンツーマンな授業もあるとのこと。

TLCはホームステイも直接斡旋し、ホームステイの場合にはホストファミリーが送り迎えも担当します。広いテキサスでは嬉しいサポートです。アクティビティーも定期的に学生たちにオファーされています。フルタイムの授業が終わったあと、スタディーホールといって自習や質問に充てる時間を設けているのも特徴。先生が必ず残り、会話練習や宿題のチェック、疑問に答えてくれます。スタディーホールは無料で提供されます。

寮を体験したい方は、大学寮にもステイできる選択肢があります。食事はカフェテリアでとります。

USCC代表、今入のFBページでは、このフォートワース見学の模様を写真で紹介しています。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.855275961200808.1073741832.189884394406638&type=3

大学に進学する予定がなくとも、しっかり勉強したい。テキサスを体験したいという方、良い選択肢だと思います。
テキサスウエズリアン大学と、TLCのダラス・フォートワースに興味がある方は、お気軽にご相談ください。

テキサスウエズリアン大学

テキサスウエズリアン大学

社会人向け英語夏季プログラム:イントラックス

社会人向けのビジネス英語コースのユニークなものをお探しの方必見です。

イントラックス(INTRAX)という語学学校がサンフランシスコセンターのみで開催するのが、Global Business Experience (グローバルビジネスエクスペリアンス)というプログラム。 イントラックスの一般英語、試験英語、ビジネス英語かプロフェッショナルサーティフィケートコースの20レッスンのスタンダーを履修するのに加え、特別なイベントが組まれます。

このGlobal Business Experienceを申し込んだ方は、午前中の英語の授業に加えて

  • アメリカ人とどのようにネットワークを作るか
  • ネットワーキングのためのアメリカの社会人とのミーティングイベントへの参加
  • 会社を設立したての企業訪問
  • シリコンバレー訪問

などのイベントに参加できます。1週間に2回は、ネットワークづくりのためのイベントが企画されます。

このプログラムに参加するための条件:

  • 25歳以上であること
  • 2週間以上在籍でき、最長で4週間の在籍で終了。
  • スタート日は、7月6日か8月31日のいづれかの日にちにスタートできること
  • 英語レベルはINTRAXのレベル7(中級)以上であること

もちろんこの期間の前後に他のコースでINTRAXに在籍することも可能です。

語学プラスで、ビジネスの視野を広げることができそうです。

興味がある方はお気軽にご相談ください。

料金も1週195ドルとリーズナブルです。 お見積りもお受けします。

アメリカ格安携帯電話ハナセルに使い放題プラン!

アメリカで使用できる格安携帯電話サービスとしてUSCCもお薦めしているハナセルですが、2015年からプランがパワーアップしています。
格安プランはそのままに、データと米国内通話使い放題プランも追加しました!

これまでの、月々9.99ドルプランは、米国内の通話はSMS使い放題で消費税0ですので、引き続き非常時を中心とした携帯保持の場合には重宝します。またいつでも無料解約なのも嬉しい。

2015年から新に加わったのが、データ使い放題の月々29ドルプラン、さらにはデータ使い放題と米国内の通話かけ放題の月49ドルプラン

携帯電話も、ハナセルが提供している機種の他にも、アメリカの電話会社T-Mobileのプリペイド電話機、さらにはGSM方式に対応したSIMロックフリーの携帯電話機の中から選べるという豊富さ。日本の携帯のドコモやソフトバンクではSIMロック解除が可能な電話機も販売しているので、アメリカに短期滞在の場合にはお使いの電話にハナセルのSIMカードを差し込んで利用が可能となります。日本で購入するiPhoneの場合にはSIMロックがかかっていますので、アップルの正規ストアでSIMロックフリーのものを購入いただく必要があります。

これまでは、格安でも電話を多く利用される場合には通話料金が1件あたりの時間で請求されるため、時に料金がかさむこともあったのですが、この通話かけ放題、あるいはデータプラン使い放題プランが加わったことで、ハナセルの便利度、節約度がぐっと高まりました。
利用目的に応じて、3つのプランの中から皆さんにとって便利なものを選んでみてください。

困った時には日本語での問い合わせですぐに返信が来るのも嬉しい。メール一本で、日本語で質問できます。
ハナセルの電話サービスをご購入の場合には、ぜひUSCCのプロモーションコードをお使いください。

55UCを入力すると、20ドルの無料通話がプレゼントされます。
詳しくは、こちら:
http://www.hanacell.com/jp/media/uscc.php

必読!学費が安い、安くできる州・大学情報小冊子

留学はお金がかかります。

これは事実です。いくら、大学出願に必要な成績と、英語力と、資質があっても、資金がたりないと残念ながら留学は実現できません。

だからこそ、計画を立て、リサーチをして、節約をして留学を実現させることを私は皆さんにお話しています。

アメリカには3000以上の大学が、全米に所在しています。

よって、州によって、大学によって、さまざまなルールで、資金援助をしたり(いわゆるスカラーシップやファイナンシャルエイド)、あるいは州が留学生へも含む学生たちに、何等かの学費削減のルールを作っていたりするのです。

知っていれば、得をする。

逆にいえばしらなければ、節約できない。

そういうお話を小冊子に込め、どういう視点でもって大学を探すと節約できるかをお話してみました。

これから留学について考え始める前に、読んでみてください。

「必読!学費が安い、安くできる州:大学情報」の小冊子は、無料でダウンロードできます。

ご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

USCC代表:今入亜希子

ニューヨークの短期語学講習4週間パッケージ料金!

2015年に4週間程度の短期語学講習をニューヨークでお考えのあなたにお薦めです。

ニューヨークマンハッタンに所在する、マンハッタンランゲージでは、4週間の語学講習、マンハッタンの公共レジデンス(ダブルルーム)、教材費、アクティビティー費用と30日間のメトロ乗り放題定期もついて、2955㌦でのパッケージ料金を打ち出しています。

ニューヨークでこの値段はかなりお得といえます。

条件は、2015年3月31日までに申込みをすること。

実際の渡米日は2015年中であればいつでもOKです。

これからのGWや夏休み期間も使えますので、お考えの方は早めに結論を出して申込みを済ませましょう。

マンハッタンランゲージは、ニューヨークローカルの語学学校ですが、ディレクターはもともと大手チェーンの語学学校で経営陣として働いていた方です。大手の語学学校の方式を引き継ぎつつも、ニューヨークローカルらしく独自性をアピールしているのが特徴です。

教師陣が提案した選択コースを提供したり、週末のアクティビティーにも講師やスタッフが参加するという、先生と生徒の距離が非常に近い学校だと思います。またTOEFLの対策コースも、中級に至る前の予備コースもあったりしますので、アカデミックの英語にも力をいれていることがわかります。

これから、温かくなりいよいよ活動的になれるNYへの短期語学講習をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ボストンの大学ツアー付きのNYジュニア夏期プログラム

この夏のジュニアプログラムの申込みはこれから3月ぐらいまでが申込みのピークです。USCCも魅力的なプログラムを積極的にご紹介していきます。

今日は、ニューヨークの語学学校がオファーしている、大学見学ツアー付きのジュニア語学講習プログラムです。

ニューヨークのマンハッタンに所在するZONIという語学学校は、ニューヨークのローカル学校からはじまり、今や、マイアミ、カナダのトロントとバンクーバー、イギリスのロンドン、コロンビアにもセンターを構えるチェーン校に成長しました。

そのZONIがニューヨークのセンターを拠点にジュニア向けのサマープログラムを提供します。語学講習は、英語のレベルに応じたクラス分けをして、1週15時間程度のセミインテンシブ講習。アクティビティーももちろんニューヨークですからたくさんあります。期間中、ボストンの有名大学である、ボストン大学、タフツ大学、ボストンカレッジ、MIT、ノースイースタン大学、ハーバード大学の中より4校を選んで訪問できる3日間のツアーも含まれています。旅行にはツアーマネージャーが同行します。

滞在場所は、マンハッタン内にある民間レジデンスの4つのベッドが入った部屋を他の学生さんと一緒に宿泊。同じ世代のお友達もできることでしょう。

参加料金は、語学講習と教材費、NYレジデンスの28泊の滞在、食事、JFK空港からの送迎(往復)、参加申込み料金、滞在斡旋料金、ボストンへの大学訪問ツアーと、NY市内のアクティビティー料金も込みで、4週間で5583㌦です。パッケージ料金ですので、リーズナブルです。

このお値段でのキャンペーンは3月19日までに予約いただいた場合に適用されます。

ZONIのサマージュニアプログラムのスタート日は:

7月13日、7月19日、7月26日と、8月2日です。

アメリカへの大学進学を希望している、高校生の方にお薦めしたいプログラムです。マンハッタンでの語学講習と滞在を満喫でき、ボストンの超有名大学のアドミッションカウンセラーともお話ができるというこのツアーに興味がある方は、お気軽にご相談ください。

大学付属のサマージュニア語学キャンプ

2015年夏のジュニア向けの語学講習キャンプの申込みはこれから3月ぐらいまでがピークとなります。

私立語学学校各社はジュニア向けに2週間から4週間程度の語学とアクティビティーがセットになったプログラムを多数出していますし、参加できる年齢も中学生、高校生を中心に未成年向けのプログラムとなります。

ところが大学付属の語学学校では、なかなかこのような未成年向けのプログラムが提供されません。理由として、語学講習から大学進学へとつなげたい大学としては、あまりに若い年齢の学生を受け入れるメリットを感じない。また、ジュニアのサポートをしっかりとする体制が整っていないことも上げられると思います。

そんな中、シカゴ郊外に所在する私立リベラルアーツカレッジの、ノースセントラルカレッジはこの夏も13歳から17歳までのジュニアを対象としたサマー語学キャンプを開催します。大学寮に滞在しながら、1週15時間程度の語学講習とアクティビティー、週末の小旅行もパッケージとなったプログラムで、空港送迎、保険まで含まれていて2週間ちょっとの期間の合計が3000ドル。

ノースセントラルカレッジサマーキャンプ

期間:7月16日~8月1日

寮、食事、英語講習、アクティビティー、小旅行、医療保険込みで3000ドル

大都会のシカゴもすぐに行ける距離であるこのノースセントラルカレッジですので、夏の魅力的なシカゴを体験しながら、英語を学び、お友達を作り、大学の雰囲気も味わえます。

このプログラムは英語は1週15時間程度でフルタイムで学びませんので、ビザ取得の必用もありません。通常大学付属の語学講習プログラムですと短期でもビザ取得が義務づけられることもありますが、ビザ無しで入国できるのも魅力です。

大学内で、大学主催のサマー語学講習を体験したいという方は、お気軽にご相談ください。申込み締切は5月15日です。

ナイキスポーツキャンプとELSがタッグを組んだ!

スポーツ業界と語学学校業界の大手が、パートナーシップを結び、サマープログラムを打ち出します。
ナイキはこれまでもスポーツキャンプを各地で手掛けておりますが、ELSとジョイントでプログラムを打ち出すことで、語学講習をしつつスポーツキャンプにも参加という、海外からのジュニアを意識したプログラムを提供できることになりました。

会場となるのは、ELSのこれまでのアメリカ大学との提携=ネットワークを最大限に駆使し、フロリダインターナショナル大学、ペパディーン大学、サンディエゴ大学、さらには私立高校のローレンスビル高校など。

スポーツの種類は、NIKEキャンプが提供している、ゴルフ、テニス、バスケ、バレーボール、サッカー、野球。期間も2週間程度のものから、4週間ぐらいのものまでタイプが選べますし、開始時期は早いもので6月から、7月の末ぐらいまでとなります。

英語講習、ジュニア英語プログラムでは、大手の安心感、さらにスポーツトレーニングの部門ではこちらも大手のナイキが担当となるこのプログラムは、夏の語学とスポーツ体験を希望するジュニアには興味あるプログラムだと思います。

スポーツの種類や会場、さらには参加期間によっても料金は変わってきます。興味がある方はお気軽にUSカレッジコネクションまでご相談ください。

Home > めるまがバックナンバー に関するページ一覧

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top