現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - 高校中退アメリカ留学

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > 高校留学 > 高校中退アメリカ留学

高校中退アメリカ留学

アメリカ高校進学を目指す方の理由は多様化しています。

将来的にアメリカの大学進学を目指すため、高校のうちからアメリカに来たいというのはもっとも多い理由ですが、

アメリカの学校システムのカリキュラムの多さ、個人に注目した教育スタイル、型にとらわれない教育。

画一的な日本の教育を離れ、「自分にあった学校」を求めてアメリカに渡る決意をする学生の方も最近は多くなってきました。

アメリカには、学校に行かない選択すらあります。これをホームスクールと言います。

私立の学校の場合には小学校から高校卒業までの一貫教育で、校長の教育理念に基づいたユニークなプログラムを展開している所、学生が寮生活を送りながら教育を受けるボーディングスクール、基本的に自宅やホームステイ先からの通学となるデイスクールもあります。

アメリカの高校は料金が高いというイメージがありますが、私立のボーディングスクールになりますと平均的に年間5万ドル台の経費が一般的。私立でもディスクールの宗教系の高校は、これに比べて学費も1万ドルを切る場合もあります。

さらに少人数制にこだわり、全校生徒が100人未満という学校や、留学生が半数以上の高校もあったりします。

出願プロセスも、成績重視の学校、学生との対話を重要視する学校などさまざまです。留学生の場合にどれだけ英語力を審査するかについても、学校によりことなり、大学のプロセス同様に英語スコアを求めるところもあれば、参考にはするがスコアのみで合否決定はしないというところも多いのです。

高校進学といえばノースアメリカではカナダの方が進んでいるということが言われていましたが、アメリカも少しずつ留学生も入りやすい環境になってきたと思います。

さらに、高校を何らかの理由で終了できなかった学生がまずは高校卒業資格を得た上で、そのままカレッジの学位も履修できるというプログラム、「高校終了プログラム」High School Completion Programを留学生にも提供するコミュニティーカレッジもあります。

基本的に日本の高校1年生部分を終了していれば、(アメリカ式に言えば10年生を終了していれば)、高校修了プログラムでコミュニティーカレッジに入学しコミカレの単位を履修しながら高校修了認定も受け、準学士を取得できます。例えば日本の同級生たちが高校を卒業するときに、もうすでに大学レベルの単位を履修し、一足早く短大レベルの学位を取得してしまうこともできるのです。

日本の学生の場合には、まずは語学講習からはじめないといけないことが多いので、この分だいたい1年ぐらいを見こんだとしても、3年程度で高校修了認定と準学士をとれる可能性もあるのです。

留学生に対して高校修了認定プログラムを提供しているコミュニティーカレッジはワシントン州シアトルエリアに複数存在します。留学生がこの高校修了プログラムに出願する場合、学生の大半が未成年の若い学生です。そのため、高校修了プログラムを留学生に提供するコミカレは、未成年学生に対応するべく、ホームステイのシステムを強化しています。

若いうちから一人留学をするためには、もちろん強い意志がないといけません。ホームシックになっても、回りのサポートを得ながら乗り越えていける元気のあるあなた、アメリカの高校留学の可能性を探ってみましょう。

どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

シアトル 高校 の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

Home > 高校留学 > 高校中退アメリカ留学

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top