現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - インターン

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > インターン

インターン

短期インターンをアメリカ・ニューヨークで

アメリカで無給でいいので3か月程度までのインターンができないか?しかもやるならばアメリカ企業で体験してみたい。という方からのお問い合わせを受けるときがあります。

数か月のインターンだとなかなか希望する、しかも英語をつかってのインターン先に巡り合えない場合が多いのも事実。
例えば語学講習でアメリカにいくけれど、中級以上の会話力がある方は、プラスアルファーで企業体験をしてみたいという方もいるでしょう。

そういう希望にこたえられる語学学校、短期インターン斡旋プログラムがあります。
世界各国の若者にニューヨークでのインターン先を紹介するICNは、アメリカ企業や英語を使って仕事ができる企業を提携先に抱え、さまざまな業種でのインターン先を紹介します。

日本人がアメリカでインターン先を探そうとすると、やはり中心は日系企業になりがちですが、英語環境のインターン先を仲介していただけるのがなんといっても大きな利点です。

ICNの運営会社は同時に語学学校のLISMAマンハッタン校も運営しています。リーズナブルな学費ながらしっかりとしたアカデミックプログラムを提供し、大学のように学期制を導入しているのも特徴。学期制を導入していることで、1学期15週を終了すると8週間のバケーション取得を可能にします。

LISMAの語学講習を体験した方で、インターンシップも希望される方は、まず15週間の語学講習をしたあと、8週間のバケーション中にインターンを体験するということも可能になります。8週間のバケーションをとれる権利を得るためには、語学講習もきっちり修了させる必要があるためおのずと学生の学習意欲も高まります。

もちろんインターンのみで申し込みをすることも可能です。

インターンシップ参加費用は発生します。またインターンは無給での参加となります。ICNのインターン参加費用には企業斡旋のほかに、現地サポート料金、滞在先の紹介も含まれます。ニューヨークのアメリカ企業を派遣先企業として抱え、さまざまな業種でのインターンが可能です。

参加費用を投資として考え、限られた時間を有効に使ってインターンを経験したいという方にお薦めです。

またトビタテ奨学金に申し込んで1年の海外体験を検討されている方も、語学講習のニューヨークでのインターンを組み合わせてのプランが可能となります。これまでもトビタテ奨学金を利用してICNのインターンを経験された方もいるそうです。

ニューヨークでの語学講習とアメリカ企業、英語を使ってのインターン経験を希望されている方はお気軽にご相談ください。

語学講習とインターンシップ体験!TALK

この夏、大都市でインターンシップ体験しよう!

全米にキャンパスを構えるTalk Internationalがサンフランシスコとボストンでインターンシップ体験できるプログラムをリリースしました。

サンフランシスコと言えば世界的に有名な企業や日系企業も多数あります。またボストンは政治、学術的にも有名な街です。特に大学生の方にとってはアメリカでのインターンシップは就職活動時にアピールポイントになりますのでおすすめです。

インターンシッププログラムでは基本的に社内でスタッフと意思疎通取れることが最低条件になるため、Talk Internationalの定めた英語レベルをクリアすること必要です。その後、専属アドバイザーとインターンシップ受け入れ先を相談しご興味のある分野と英語力に応じてプレイスメントされます。プレイスメント時にレジメ、カバーレターの書き方も学ぶことが出来ます。インターンシップ先では語学学校では学ぶことができない、実践的な英語を身につけることができるでしょう。

主な受け入れ先業種は、営業、広告、金融、マーケティング、ファッション、人事、ホスピタリティ、旅行、IT、NGOなどです。

条件は、18歳以上で最低3カ月から受け入れ可。Talk Internationalのフルタイムレッスンを最低4週間履修し、英語レベル7をクリアすること。

参加費用は12週間で3900ドル〜。その他にハウジング(学生寮またはホームステイ)のアレンジもご要望により可能です。

この夏に人生を変えるインターンシップを体験してみませんか。
ご興味のある方は是非ご連絡下さい。お待ちしています。

問い合わせフォーム

米国インターンシップその2:運営会社について

前回米国インターンシップの概要についてご紹介しました。今回は交流プログラム運営会社についてご説明します。

米国インターンシップは日米間の文化交流を促すものなのでJ-1 VISAの取得が必要です。

またこの部分はあまり良く理解されていないところですが、インターンシップ希望者は就労+文化交流に参加するので必ず交流プログラムを運営するインターンシップ運営組織に登録する義務があります。

インターンシップ運営組織=海外から渡米する参加者のビサスポンサーになる訳です。
そしてこれらの運営組織は必ずアメリカ政府の許可を得なければいけません。

ちなみに弊社が提携を結んでいるのは、アメリカのインターンシップ会社老舗インターエクスチェンジキャリアトレーニングUSAです。

またインターンシップ参加者だけではなく、インターンシップを受け入れる会社もインターンシップ運営会社に登録する義務があります。

インターンシップ運営会社はアメリカ政府の基準に沿って以下の項目を確認し参加者の権利を守ります。

・インターンシップ参加者が安全な環境で働けるかの職場環境のチェック
・賃金体系などのチェック
・トレーニングスケジュール、終了後の評価表のチェック など

上記の運営サポート及び仲介会社へのサポート料金をお支払い頂くことになります。
なお金額は期間やサポート内容により異なります。

お支払い金額の目安:
・インターンシップ運営会社への代金として年間1500ドル〜、1年半1800ドル〜
・弊社への仲介サポート料金(参加期間6か月未満:4万円、参加期間6か月以上:6万円)

上記費用には保険料、ビザ申請書類(DS-2019)の発行、緊急時電話サポートなどが含まれています。
参加費用はInterExchangeに支払います。弊社サポートとしてビザスポンサー登録の英文申請書作成、InterExchangeへの問い合わせ、J-1ビザ申請サポート、ビザ面接対策などを実施します。

これで何故インターンシップ参加の際に参加費用及びサポート料金を頂戴するかご理解頂けたかと思います。

次回はいよいよアメリカでの仕事探しの仕方をご紹介します。お楽しみに。

米国J-1インターンシップ とは?その1

ここ数ヶ月立て続けに米国インターンシップに関する問い合わせを頂いております。今や日本の企業だけでなく、インターンシップ先を海外に求める若い方がたくさんいらっしゃる証拠だと思います。そこで今回から数回に分けて米国インターンシップについて皆さまにご紹介致します。

まず今回は米国インターンシップの概要についてです。

インターンシップとはアメリカの交流プログラムの一つです。このプログラムの目的は企業での就業経験を通してアメリカを知ってもらい好きになってもらう、アメリカでの就業経験を自国で活かしてもらう、プログラム終了後アメリカとの橋渡し的な役割をしてもらう等の意味合いがあります。

期間は職種等により異なりますが大きく分けて12か月と18カ月です。

給料体系は無給と有給に分かれます。

また受け入れのタイプも2種類あります。
インターンとトレーニーです。

インターン:
今現在アメリカ国外の高校より上の教育機関(専門学校や大学)に在籍しているか、卒業後1年以内に渡米できる方が対象です。残念ながらアメリカの大学に在籍している方は参加出来ません。期間は最長12カ月です。(1カ月などの短期参加も可能です)ご自身が学んでいる専攻と直結した業種であること条件です。例えばホスピタリティ系の学部に在籍している場合はインターンシップもホスピタリティ関連のホテルなどになります。

トレーニー:
アメリカ国外の専門学校や大学を卒業後、1年以上の就業経験がある方が対象です。もしくは5年以上のの就業経験をアメリカ国外でお持ちの方。期間は最長18カ月まで。但しホスピタリティとツーリズムは最長12カ月まで。研修フィールドは自分の就業経験のある業種のみ。それ以外の業務での就業認められていません。

インターンシップ可能な業種も決まっています。

代表的な分野は以下の通りです。
・建築
・会計
・広報
・ビジネス経営
・工学系
・ホスピタリティ、ツーリズム
・法律系
・マーケティング
・メディア系
・舞台芸術
・パフォーマンス など

交流プログラムなので色々と規定はありますが、マッチング出来ればアメリカでの就業経験を積むことができる魅力的なプログラムです。

またインターンシップ先の立場で考えても、就労ビザのような企業側が多額の資金を払う必要なく、若い皆さんを受け入れて、企業アピールもできますし、「インターンだから企業側は二の足を踏むのでは?」とネガティブに考えず、インターンだから企業側に貢献できることをアピールできれば良いですね。
今回は概要のみお伝えしましたが、次回はインターンシップ先の探し方をご紹介します。お楽しみに。

語学講習と研修が両立できる大学附属のプログラム

バージニア州ノーフォークにあるオールドドミニオン大学が語学講習+エクスターンシップ(企業、NGOでの職業体験)を組み合わせたプログラムを開催予定です。エクスターンシップとは大学在学中に企業やNGOの実務を体験することにより、将来の方向性を確認し残りの大学生活での目標を明確化するために実施されるものです。アメリカの大学では一般的に卒業前後に実施されるインターンシップとは区別され、在学中に実施される職業体験をエクスターンシップと呼んでいます。

募集要項:
◆開催時期は2016年3月〜5月の約2カ月間
◆対象はTOEFL ITP460点取得の大学生 (大学2-3年生が望ましい)
◆参加費用は約7500ドル(日本円でだいたい93万円 1ドル123円で計算)
*参加費用には語学講習代、留学保険代、食事代、学生寮代、エクスターンシップ代が含まれます。

サンプルスケジュール:
◆3/7-9 オリエンテーション実施
学校到着後、数日かけてオリエンテーションを実施します。学内の設備の紹介や入学テスト等実施されます。
◆3/14-4/29 春学期インテンシブイングリッシュコース履修
エクスターンシップ前に集中的に英語力ブラッシュアップを図ります。4技能を総合的に勉強すると共に各国から語学講習に参加している学生とも交流可能です。
◆5/2-5/6 エクスペリメンタルラーニング実施
各種アクティビティを通してエクスターンシップを想定した実践的な会話練習を実施します。
◆5/9-5/27 エクスターンシップ実施
英語レベルや興味のある分野などを加味し学校スタッフと相談の上、エクスターンシップ先を選定します。その後3週間実際に職業体験します。
◆5/28 プログラム終了
各自帰国。

主な受け入れ企業及びNGO:
◆The City of Norfolk
◆WHRO Public Media (PBS affiliate)
◆iHeart Media Hampton Roads
◆Sheraton Norfolk Waterside
◆Virginia Arts Festival
◆Habitat for Humanity of South Hampton Roads
◆Susan G. Komen
◆Foodbank of Southern Virginia and Eastern Shore

就職活動前の大学生の方におすすめのコースです。

短期ではあるものの、語学プラスアルファーをアピールできると思います。

お問い合わせ、ご質問等あればいつでもご連絡下さい。

Home > Tags > インターン

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top