現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - ホームステイ

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > ホームステイ

ホームステイ

ホームステイ・シェア物件を自分で決める際の注意点

留学先の学校、大学も決まり、次は滞在先を決めるとき、あるいはすでに現地にいて滞在先を変えようと思っているとき。節約のために自分で直接、ホストファミリーやアパートを貸し出す大家や部屋のオーナーと交渉する方もいらっしゃいます。自分での直接交渉は、仲介する不動産やホームステイ会社を通さない分、料金的にはリーズナブルになるケースが多いのですが、気をつけないと詐欺にあうケースもあります。

ネットでホームステイ先やアパートシェア先を決める場合
さまざまなウエブサイトがあり、ホストファミリーやアパートをシェアしたい人がサイトに登録をして、住人を募集するというサイトが複数あります。
もちろん、直接自分で告知をかけたほうが安いからと、このようなサイトを利用する大家さんも多いのですが、中には、詐欺目的もあります。ネットを管理する側も、誰が本物で誰が詐欺師なのか、ここの判断は本人がちゃんとリスクを考慮したうえでやりとりをしてくださいというアプローチですので、何か問題が起こっても責任はとりません。

最近は、見るからに詐欺という手口ではなく、交渉を進めているうちは、本当にハウスメイト、ルームメイトを探している方のようにみえるケースも増えています。

実は今回、この内容でのブログを改めて書こうと思ったきっかけも、すでにアメリカにいらっしゃる学生さんからの情報共有からでした。現地にいる方なので、この詐欺にはひっかかりませんでしたが、プロセス自体は普通だったとのこと、ただし、値段の割に非常に良すぎる物件、条件だったということ。

アメリカ現地にいるから、内容がうますぎる場合には、実際に現地にいったり、当人と話をしたりすることで、詐欺なのか、本物なのかを見分けることは可能です。でも、もし国外にいて、このようなうまい話に乗ろうというのは、あまりにも危険です。

「今契約をしないと、渡米したときに住む場所がないかも」

というのであれば、

とりあえず、1週間や2週間滞在する、YMCAなどの公共格安ドミトリーや、ホームステイ会社経由での短期のホームステイなどを利用してください。ホームステイ会社は、申請料金が通常150ドルから300ドルぐらいの間でかかり、この料金は手数料として会社に支払われます。そのほかにホームステイ代金がかかります。 ただし、この保証は、なにか問題が生じた場合、他のファミリーに変更してもらえたり、またホストファミリーを会社が選ぶにあたり、このファミリーはみなスクリーニングを行っていますので、ファミリー自体が偽物ということはありません。

もちろん、こういうホームステイ会社が偽物、ということも疑ってかかればあるわけですが、USカレッジコネクションの方に、どうぞ、ホームステイ会社を紹介してくださいとご連絡くだされば、滞在する都市によってこれまで仕事をしたことがあるホームステイ会社をご紹介や仲介をいたします。

現地に来たあとについては、口コミや、他の学生さんや、学校からの情報で、物件やホームステイ先を自分で探し、その場所を自分で確かめ、話をして、そのあとに、契約をしてお金を払うのであれば、自分の目でみたあとのことですので、失敗は少ないと思います。

さらに言えば、個人間のやりとりだったとしても、できれば書面での契約書があるほうが好ましい。最低でも何週間滞在しないといけないのかとか、デポジットは受領したのか、そして退出時に返金されるのか、途中での契約破棄の際に何か料金が発生しないのかとか、事前に確認をしあい書面を交し合うほうがトラブルは少ないのです。

ということで、現地に到着しない前、しかも日本から契約をして、料金を送金するなどということは、個人間のやりとりでは絶対にしないほうが良いのです。

現地にいって一日目から長期で住める場所が欲しいのであれば、不動産やホームステイ会社や学校の寮に頼ることをお薦めします。

日本にいても起こる詐欺、海外にいたらなおさらです。

慎重に、確実に行いましょう。

オフキャンパスの滞在の場合、まずは数週間仮の滞在先をホームステイや学生レジデンスで、というのを私はお薦めします。現地になれると、どのエリアに住みたいかの希望もでてきます。それから、長期で住める場所を探しても遅くはありません。

ご質問がありましたらお気軽にご相談ください。

問い合わせフォーム

オースティンの留学生サポートサービス

テキサス州のオーステインに留学を考えている方へのGood Newsです。

オースティンといえば、テキサス大学のオーステインをはじめ、全米トップレベルの大学もあり、UTのオーステイン周辺には、複数の語学学校もありますから、最近日本人の皆さんの注目度も高まっています。

音楽が好きな方は、オーステインは知る人ぞ知る、音楽の街でもあります。

有名なバンドもこのオースティンのライブ活動から、注目された、なんていう話も多くあります。

そういうオースティン、留学したい!という方も増えております。

ところが、アドバイザーの立場で一点、ここが改善されたら・・・と考えていたことが、留学生の生活サポートや滞在斡旋がなかなか見つけられない。

NYやロサンゼルスやサンフランシスコなどの都市に比べますと、語学学校であっても、ホームステイ斡旋が無かったりしますし。

つまり自分で見つけないと、ということになるのです。

日本人の方は、最初の数か月はホームステイをしたいという希望も多いです。そういう要望に応えられない。
それがネックでした。

ところが、留学生のサポートをするという、しかも、現地で面倒をみてくれるという、そういう会社がでてきたのです。

Simply International(シンプリーインターナショナル)は、もともとはテキサス大学の学生であった創設者が、大学のプロジェクトの一つとして、留学生をサポートする何かシステムを作りたいと、そういうアイデアから始まったもの。

当時はテキサス大学の留学生に、アパートシェアのためのルームメイト探し、現地の困りごとの相談、携帯電話契約、などなど、さまざまなサポートを実施したのだそうです。言ってみればなんでも屋さん。

創設したグループも皆大学を卒業。 これからは本格的に、UTから広げ、留学生をサポートするシステムをビジネスとして作る。

そうやって生まれたのが、Simply Internationalです。

学生視点だから、サポート内容も充実していると感じます。

アパートシェアは、通常1年契約が必要だったりしますが、数か月の滞在でも、ルームメイトを見つけて、アパートシェアを実現。

留学生には、海外生活に興味があるアメリカ人学生を、積極的にルームメイトとして探してくれたり、光熱費の支払いも、代行してくれたり。

さすが、と思います。

さらに今年から新規にホームステイ斡旋も展開します。

学校に近いホストファミリーを探してくれ、サービスの中には、空港からホストファミリ先への送迎も含まれます。

さらには、いきなり海外に飛び込んだ留学生には、現地スタッフがしっかりサポート。

最初の数週間は、現地に慣れるため、どこになにがあるかの指導。

市内の散策や、現地での困ったことにも対応してくれます。

そういう心配りが嬉しいです。

当社の学生さんもすでに数人利用しております。

フレキシブルに対応してくれるので、とても良い印象をうけています。

テキサス大学オースティン進学予定の学生さんはもちろん、オーステインコミュニティーカレッジ、語学学校のハウスオブチューターズなど、オースティン市内の学校に進学予定の方にはお役に立てると思います。

アパートシェアや、UT近辺の学生レジデンスの申込みの代行については、学生さんには代行手数料はかかりません。

今後はオースティンから地域を広げ、テキサス州の他都市や、他の州にもサービスを広げていきたいということ。期待したいところです。

興味があるという方はお気軽に、USカレッジコネクションまでご相談ください。

留学アドバイザー2014年メッセージ

新年あけましておめでとうございます。2014年です。

新年とは言っても、アメリカはどうも新年ムードを感じられません。1月2日からは、何事もなかったような日常が始まり、あれ、もっと新年の実感を・・・・
そんなことを思ってしまいます。

それでも、皆さんから年末から年始にかけて、いただいたメッセージを読みながら、新年の抱負を考えていたりする私です。

今日はちょつと皆さんからいただいたメッセージを、ここでシェアさせてください。

2か月間フロリダに語学留学された学生さん:
以下メール抜粋
「2か月間本当に貴重な体験だらけで、楽しい時間を過ごすことができました。オーランドに行って本当に良かったです!」

昨年の8月から、あのテキサス大学のオースティンで、音楽で大学院に進学された学生さん。
以下メール抜粋:
「前期も無事に終わりほっとした冬休みを過ごしています。アメリカで新年を迎え、正直アメリカに留学したんだと初めて実感しました。いつもは自分の音楽の弱みばかりに意識がいっていましたが、ここに来て初めて、自分の強みも知ることができたのは、大きな収穫です」

日本人として留学し、日本人であること、音楽にでてくるその強みを、理解されたのではないかと思います。
素晴らしい。

さらにはこちらも同じく大学院で、まずは昨年の秋学期はブリッジ語学講習から始め、いよいよ、春学期この1月からは、大学院生活をスタートさせる方。アメリカ中部の、雪が降るエリアの大学に在籍していらっしゃいます。
以下メール抜粋:
「誰も知らない場所で、生活するのは少々大変でしたが、出会いにはとても恵まれました。こちらで出会ったすべての人たちに助けてもらって、この学期を乗り切れたと思います。春学期からは身分は大学院生。少々不安ですが、いえ、かなり不安ですが楽しみです。春学期が終わるころには、
今まで知らなかった事を、たくさん知っている私がいると思うと、わくわくします。道のりは厳しいんですが。」

「こちらは今日はとても寒くて、今はマイナス16度です。夜中はマイナス30度の予想です。今のところ、雪景色はとても気に入っています」

留学中は不安に思うことも多いもの。でもその不安すら楽しみに変えてしまう、彼女のパワーが素晴らしい。

こういう方は、留学を成功させる方だと思います。

最後に、先日ホームステイを体験されて、帰国された方の体験談もシェアさせてください。

この方は昨年私の方で紹介しておりますが、教師宅ホームステイを体験されました。教師宅ホームステイは、ホストファミリーのどなたかが教師役として、プライベートで英語を教え、一緒にアクティビティーをしたりするところまで、料金内に含まれる、だからこそある程度自分が望む形のホームステイ体験ができます。

今回は、参加者の方が医療関係にいらっしゃり、ホストファミリーも医療関係者でという強い要望がありました。

今回はこの教師宅ホームステイという、「教師」となる方は必ず学士以上の学位をもっていることを、条件とするプログラムであるからこそ、このような要望も、比較的容易に実現したと思います。

ホストファミリーは、ロサンゼルス郊外の、ロングビーチに住むファミリーで、ホストファザーがお医者さんというところを、見つけることができました。

以下参加者からのメールより抜粋:

「到着直後からロングビーチ沿いで冷えた白ワインとランチ。夜はクリスマスイルミネーション。ショッピング、観光。クリスマスは映画観賞。滞在中の二日間は病院外来見学をさせていただきました。毎週日曜日は、ファーマーズマーケット。ローカルのみ集うレストラン、ハンチントンビーチのピアは、
私の抱いていたオレンジカウンティー(OC)そのものでした。」

素晴らしい。理想的なホストファミリーに出会うことができたようです。

たしかに教師宅ホームステイは通常のそれより高いです。ただし、価値的には非常に意味があると思います。

さらに実際の価格で比べても、もしあなたが、10日程度の一人旅行で、ホテル宿泊をお考えだとしたら、その料金と食事代の負担の合計は、教師宅ホームステイの、個室、3食付、1週間合計10時間の英語個人レッスン、1週間あたりおよそ1300ドルという料金と変わらないと、あるいは、教師宅ホームステイの方が安くなる可能性もあります。

10日間ホテル滞在、一人旅行も良いけれど、さみしくなるときってありますよね。

それだったら現地の方と触れ合いつつ、さらに英語も学べるという、この教師宅ホームステイは非常に有益ではないかと思うのです。

教師宅ホームステイに興味がある方、まずはUSカレッジコネクションまでご相談ください。

それでは今年も前年以上にパワフルに、全力投球でサポートをしていきます。
よろしくお願いいたします。

留学中のホームステイについて考えること

今日はこの冬休みにホームステイ留学をされる方も、いらっしゃるかと思うのでホームステイについて私の感じていることをお話します。

結論的にいうと、ホームステイは文化を家庭レベルで体験できる非常に有益な手段だと思います。

ホームとは言いますが、自分の家を本当のHomeと考えると、ホームステイはやはり自分の家ではありません。

だから、気をつかわなければいけないこともあります。

でも皆さんが、基本的なことを理解していれば、この機会を十分に生かせると思います。
ホームステイを申し込むときに、自分の紹介をできるだけ詳しくし、ホームステイに期待することも記述します。

これは大切です。
ホームステイ先を斡旋するコーディネーターに、どんな方なのかを知ってもらう。

そのことで、より自分に合うファミリーを紹介していただける可能性がでます。

ただし自分の希望に100パーセント、合致するファミリーになることは、まずないと思ってください。

けれど、できるだけ近い形の家庭を探してもらうそのために、自己紹介をできるだけ詳しく書くのです。

でももしかしたら、自分の思い描いた通りの家族になるのではなく、それとはちょっと、違うファミリーもこれまで想像していなかったが、良い出会いとなるかもしれません。

だから、ちょっと理想と違っても、新しい体験をしようと飛び込んでみるのもいいでしょう。

実際、始める前はいろいろ先入観があったけれど、はじめてみたら、とてもよいファミリーであった方も、多くおります。

アメリカにはいろいろな家族形態もあります。
皆さんの多くが望む、お父さんとお母さんがそろった家庭も、都会になればなるほど、少数派になってきたりします。

特にシングルマザーのホストファミリーは、高い割合になっているのは事実です。

けれど、そこだけの事実で見ずに、ホストファミリーの職業や、彼らの趣味や、学生たちへのメッセージ。

そんなところから垣間見える、ホストファミリーの様子。

あるいは直接ホームステイコーディネーターに、ファミリーの様子を聞いてみる。
これはエージェント経由だと、いろいろ聞いてくれたりします。当社はやります。

そういうところから、このホストファミリーがどんな方なのか、想像してみましょう。

さらには、いったんマッチングがきまると、ホストファミリーのメールアドレスも、学生さんに公開されますので、直接連絡をとりあうことで、渡米前にコミュニケーションを図ることもお忘れなく。

実際にホームステイをはじめたら、質問や不安なところがあれば、遠慮なく聞いてください。

アメリカやカナダでは、「言わないとわからない」そう皆は考えています。
何もしてくれないと悲しくならずに、

Where can I find towels?
(タオルはどこですか?)
Can I use the washing machine?
(洗濯機を使って良いですか?)

Could you please tell me how to use the washing machine?
(洗濯機の使い方を教えてください)

そんな風に聞いてみましょう。

ホストファミリーがいろいろと外に学生さんを連れていってくれる。そういうファミリーがいたら、素晴らしいです。

でも、ホームステイ会社や学校とファミリーとの契約は、ベッドルームと食事の提供。家にいるときの学生との交流が基本です。

だからそれ以上をしてくれる家庭があったら、それは素晴らしいと思ってください。

でもファミリーだって、そういうことができない場合でも、役にたてることがあれば、ヘルプしたいと思っているはずです。

近くに何か面白い観光場所はあるか、とか市内巡りのアクセスとか、聞いてみましょう。そうしたら、いろいろ教えてくれると思います。

積極的に行きましょう。

最後になりますが、もし誰が考えても、これはおかしいという問題に直面したら、我慢せずに、ホームステイ会社や、学校のコーディネーター、あるいはエージェントに聞くこと。

次に入ってくるかもしれない学生さんのためにも、もし本当に、問題点があるのであれば、それは指摘してください。

声をあげましょう。

そのことが、ホームステイ会社や学校が、質の良いホームステイを維持する助けとなるのです。

またホストファミリー側の非が認められると、すぐにでもファミリーの変更も行ってもらえます。

ということで、これからホームステイをされる皆さんは、有意義な時間を過ごせるように、お祈りしています。

Home > Tags > ホームステイ

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top