現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - ボストン

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > ボストン

ボストン

OHCジュニア語学キャンプ:割引キャンペーン

そろそろ夏休みの計画をたてる時期になってきましたね。ただいま語学学校OHCでは、この夏ボストンのWheelock Collegeで開催されるジュニアキャンプに早期申し込み頂くと、3週間コースが350ドル割引、4週間コースが800ドル割引になるキャンペーンを実施中です。キャンペーン期間は2017年5月31日まで。

このインターナショナルキャンプは2017年7月9日~8月12日までの開催で11~17歳の方が対象。大手語学学校主催のキャンプよりも日本人学生参加率もかなり低めですので、英語漬けになりたい方に大変おすすめのプログラムです。

レッスンは週15時間、英語教授法資格CELTAを持ったネイティブ講師がクラスを担当します。1クラスあたりの学生数は平均15名。参加者全員で学生寮(相部屋)に滞在し社会性やコミュニティケーション能力を身に着けるとともに、平日午後と夕方に毎日開催されるアクティビティを通して英語力のアップと友情も深めることができることでしょう。週末にはビーチへの小旅行、野球観戦、ホエールウォッチング、ハーバード大学訪問などのエクスカーションも予定されています。

プログラム代金には語学講習代金、学生寮滞在費、学生寮での全食事代、アクティビティ代、エクスカーション代が含まれます。

プログラム参加費用:*1ドル109円で計算

1週間1683ドル (日本円でだいたい17万9000円)

2週間3050ドル (日本円でだいたい33万3000円)

3週間4539ドル 350ドル割引適用後 4189ドル(日本円でだいたい45万7000円)

4週間6038ドル 400ドル割引適用後 5638ドル(日本円でだいたい61万5000円)

5週間7533ドル (日本円でだいたい82万2000円)

 

上記プログラム参加費用のほかに24時間サポート管理料105ドル、15歳以下の場合はアナカン料金(片道)210ドル、空港送迎サービス158ドル、学生寮デポジット105ドル(退去時に部屋の破損等ない場合は返金されます)、医療保険74ドル(30日間有効 *オプション)への加入が必要です。

ご興味のある方はまずはお気軽にご相談ください。

冬休みジュニアキャンプ:ELC語学学校

2017年1月に数週間、語学キャンプをアメリカで体験したいというジュニアの方へ:

ボストン、ロサンゼルス、サンタバーバラのELC語学学校では、2017年1月にジュニア語学キャンプを開校します。2週間から参加可能で、毎週月曜日のスタートとなります。日本の冬休みの時期にも合いますね。

語学講習は1週間20時間で、午後にはアクティビティーが付きます、滞在はホームステイです。

ジュニアキャンプはパッケージ料金ですので、語学講習、ホームステイ、空港送迎と、通学の交通費、教材費用も込み。週末には毎回1回の遠方への旅行オプション(追加料金)も選択できます。

料金はボストン、ロサンゼルス、サンタバーバラともに:

2週間2680ドル

3週間3825ドル

4週間4860ドル

冬にマイルドな気候のロサンゼルスかサンタバーバラ、あるいは冬を満喫するボストンか。14歳以上17歳のジュニアであれば自由に選べます。

冬のホリデーシーズンは学校自体をお休みする語学学校も多いだけに、ジュニアプログラムを冬休みに出してくる語学学校は貴重です。ELCは質の高い語学プログラムと、充実したアクティビティーを誇る元気のある語学学校です。学生の方の評判も高い学校です。

ジュニアプログラムの他にも、一般英語やビジネス英語コースにも定評があります。

ウィンタージュニアプログラムのお申込みはまだ可能ですので、お早目にご相談ください。

問い合わせフォーム

winter_program_photo_elc

2016秋冬語学学校キャンペーン情報その3:キングス

2016年も終わりに近づき、各語学学校から2016年締めの割引情報が続々と入っています。

イギリスとアメリカで語学プログラムを展開する、キングスエデュケーション (KINGS EDUCATION)では日本人学生さん用の学費割引キャンペーンを展開中

アメリカ国内のキャンペーン

ロサンゼルス、ニュージャージー、ボストンは12月31日までにお申込みで:

ロサンゼルスの場合には:
2週以上11週まで:学費10%割引
12週から24週まで:学費15%割引

もともとお得な、長期プログラムのディプロマオブイングリッシュ在籍の方は学費10%オフ。(24週以上の在籍の場合にはディプロマコースとみなします)

ニュージャージ州とボストンエリアのキャンパス:

2週から11週まで:学費15%割引
12週から24週まで:学費20%割引となります。

ディプロマオブイングリッシュ在籍の方は学費10%オフ。(24週以上の在籍の場合にはディプロマコースとみなします)

ニュージャージー州はニューヨーク市やフィラデルフィアなどにも車で行ける距離にあるライダー大学内に所在。
ボストンは、郊外の環境のよいパインマナーカレッジ内に所在。
大学キャンパスを味わいたいという方にお薦めです。

さらにお得!KINGSニューヨーク:
キングスニューヨークでは、2017年3月31日までにお申込みで、2017年12月31日までにプログラムを開始する必要がありますが:

2週以上の在籍で:学費25%オフ!
ディプロマオブイングリッシュは学費15%オフ
学校は、ニューヨーク市郊外のブロンクスビルにあるコンコーディアカレッジに所在。

この割引は、すべての上記のセンターで:
インテンシブ、コンパクト、バケーション、各種イングリッシュプラス、テスト対策英語コースが対象です。

興味がある方は、お気軽にご相談ください。

問い合わせフォーム

logo_kingseducation

1週間からOKのFLSのエグゼクティブビジネス英語

仕事で英語を使う機会はあるけど本当にこの言い回しであっているのかな? もっと色々な英語表現をビジネスシーンで使いたい。

そんなビジネスマン、ビジネスウーマンの方におすすめのプログラムFLSエグゼクティブビジネスプログラムをご紹介いたします。一週間から受講可能ですので、仕事を続けながら休暇などを使い受講できます。

FLSはアメリカに複数キャンパスを構える語学学校。この学校の大きな特徴はレベル分けの細かさにあります。通学初日にプレイスメントテストがあり、その結果により18段階の英語レベルからその方にあったクラスを受講することができます。(ただしエグゼクティブビジネスプログラムはレベル9以上の方が対象)

エグゼクティブビジネスプログラムを開講しているのは、FLSテネシー工科大学キャンパス、FLSセントピータース大学キャンパス(ニュージャージ州)、FLSボストンコモンズキャンパスの3校。

コース内容は、一般英語コース(週18レッスン)+ビジネス英語コース(週12レッスン)=毎週合計30レッスン(25時間)です。

レッスン内容は以下の通り。ただ英語を学ぶだけでなく、国際的なビジネスシーンでのマナーや常識、ビジネスに関する知識を英語で学ぶことができます。

レッスン内容

・ディスカッションスキル

・ビジネス文化

・国際的なマーケティングスキル

・プレゼンテーションスキル

・アメリカでの労働倫理

・英語を使った交渉術

・リーダーシップ

1週間当たりの授業料は455ドルですが、現在日本限定で15パーセントOFFキャンペーンを実施中です。

これを適用すれば1週間あたり387ドルで受講可能です。キャンペーン期間は2016年9月30日まで

興味のある方はぜひUSカレッジコネクションまでお早めにお問合せ下さい。

問い合わせフォーム

スタフォードハウスボストン校 お得なハウジングプロモーション実施中

ボストンのダウンタウンエリアにある語学学校スタフォードハウスから大変お得なハウジングのプロモーションがリリースされました。ボストンでは破格のお値段です。

興味のある方はお早めにお申込み下さい。

  1. 短期プロモーションPackard’s Corner Residence 

2016年6月12日から8月27日の滞在に限り、滞在費が週100ドルになります。

この学生レジデンスはボストン大学近隣にあり、大学寮の滞在に似た体験ができます。

18歳以上から入居可能。部屋タイプはスタジオタイプの相部屋。2名の学生でバスルームとキッチンをシェア。

ボストンダウンタウンへは公共交通機関で30分ほど。近隣にはレストランやカフェが多数あり留学生が生活しやすい環境です。

 

  1. 長期プロモーションWest Roxbury Residence

2016年8月31日までに申し込みを完了し10月1日までに履修をスタートさせることができ、かつ最低8週間以上申し込み頂いた方へのプロモーション。

通常、滞在費週250ドルのところ週150ドルになります。この学生レジデンスはダウンタウンから公共交通機関で35分ほどのWest Roxburyにあり静かで安全なエリアにあります。

18歳以上から入居可能。個室と相部屋があり、バスルームは共用。学生ラウンジが2つありそこで勉強もできます。キッチンも共用エリアにあるので自炊もできます。

スタフォードハウスはイギリス、アメリカにキャンパスを構える語学学校です。アメリカ国内ではボストン、シカゴ、サンフランシスコ、サンディエゴにあります。一般英語コース、資格試験準備コース(TOEFL、ケンブリッジ英検)、ビジネス英語コース、プロフェッショナルサティフィケートコース、プライベートレッスン、英語教授法コースがある。

一クラスあたりの平均学生数は11名(最大15名)ほどで学生の国籍別割合で多いのはサウジアラビア、ブラジル、コロンビア、イタリア、中国。滞在方法は学生レジデンスとホームステイから選択できる。

学校主催のアクティビティやエクスカーションも豊富。シックスフラッグス見学、フランクリン公園動物園見学、MIT美術館見学、カヤック体験、自然歴史博物館見学、NYツアー、モントリオールツアーなど。

ボストンでの語学留学をお考えの方はこのハウジング価格は非常にお得です。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

問い合わせフォーム

2016夏休み 高校生向けボストン大学訪問ツアー

語学学校TALK Internationalが高校生向けにボストン周辺の大学7校のキャンパスツアーを組み込んだ語学講習プログラムを開講します。

◆期間:7/17-8/6の3週間
◆開催場所:TALK ボストン校
◆対象年齢:ホームスティの場合16歳以上、学生レジデンスの場合は18歳以上
◆プログラム参加費用:3700ドル (申込金、空港到着時の送迎サービス(片道)、語学講習代、ハウジング代、アクティビティ代、公共交通機関パスを含む)

語学講習ではプログラム初日にプレイスメントテストを実施して英語力のチェックを行います。英語のレベルは初級〜上級者までの10段階。授業は週18レッスン。レベル7-10ではプレゼンテーションやエッセイの書き方などアカデミックな内容にフォーカスします。またレベル7以上の方は一般英語コースの代わりにTOEFL準備コースを履修することも可能です。

語学講習以外の内容も充実しています。期間中2つのワークショップに参加可能です。

◆University Workshop 1: 大学の入学手続き、大学生活及び奨学金について学ぶ
◆University Workshop 2: TALKの大学プレイスメントシステムについて学ぶ

その他にボストン周辺にある7つの大学を訪問します。それぞれの大学でキャンパスツアーに参加。アドミッションカウンセラーとも話をする機会があります。

◆Harvard University
◆MIT
◆Yale University
◆Boston College
◆Boston University
◆University of Massachusetts – Boston
◆Fisher College

ハウジングはホームスティまたは学生レジデンスから選択できます。

◆ホームスティ: ホストファミリーと話すことにより実践的な英語力を身に付けることができます。個室、朝食と夕方付き、16歳から受け入れ可能です。

◆ボストン学生レジデンス: ボストンのフェンウェイにあるレジデンスで公共交通機関も発達しているため移動もスムーズに出来ます。近隣には映画館、スーパーマーケット、レストランもあるロケーション。部屋は相部屋、食事なしで18歳から受け入可能です。

また勉強だけではなくアクティビティも充実しています。プログラム費用には以下の施設の入場料も含まれています。

◆Freedom Trail
◆Quincy Market
◆Museum of Science
◆Museum of Fine Arts
◆New England Aquarium
◆Prudential Center and Skywalk Observatory
◆The State House
◆Six Flags (オプション)

TALKボストンの大学ツアーパッケージは人気が見込まれるプログラムですのでご興味がある方はお早めにお申し込み下さい。

OHC: 新校舎オープン 記念プロモーション

1974年以来英語教育に携わってきた語学学校Oxford House College (OHC)とマイアミ、トロントなどに校舎を構えていた語学学校SOLが統合しリニューアルオープンします。それに伴いプロモーションを全校舎にて行います。例えば、5週コースを予約すると1週間分のコースが無料でついてくるので5週間の予算でトータル6週間分履修出来るのことになります。また履修期間が長くなればなるほどお得です。20週コースでは5週間分の無料コース、30週コースでは8週間分の無料コースが付いてきます。経済的負担を抑えながらしっかりとした英語を身につけたい方には大変おすすめです。

OHCはイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアに合わせて15校あり長年英語教育に携わってきた歴史のある学校です。この学校の特色の一つは英語教員養成コース。アメリカではマイアミ、ボストン、ニューヨーク各校で国際的に通用する資格 CELTA ( Certificate in English Language Teaching for Adults ) のコースを履修可能です。一定基準をクリアするとサティフィケートが授与されます。実際に学生の前で講義するなど実践的な内容ですので英語教師として仕事をする際にも大変役立つ内容です。

その他のコースではジュニアキャンプを毎年開講しており大変好評です。マイアミ校ではサマーとウィンターキャンプを開催します。

OHCにご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

2016 冬季ジュニアプログラム: ELC

ジュニアプログラムに定評があるELCが今年も冬季ジュニアプログラムを開催します。
期間は2016年1月2日から1月30日までの間で最短2週間から受け入れ可能。ロサンゼルス、サンタバーバラ、ボストンの各校にて開催予定です。プログラム対象年齢は14-17歳、ジュニアプログラムのパッケージにはプログラム内容:語学講習(週20レッスン)、午後のアクティビティ、毎週日曜日開催のエクスカーション、ホームステイ(相部屋、朝夕食付き)、教材、空港から学校までの送迎サービス代金が含まれています。

午前中の語学講習ではグラマー、会話、リスニング、語彙などを学びます。1978年から長年に渡り英語教育を提供している学校だけありプログラム内容も充実。また学校スタッフのケアも行き届いています。

月曜日〜金曜日の午後は学校主催のアクティビティがあり、これもパッケージ料金に含まれています。例えばロサンゼルス校では、ハリウッド観光、サンタモニカビーチ散策、卓球トーナメント、ピザ&映画パーティーなどを開催します。サンタバーバラ校ではビーチ散策、ビーチバレー、博物館や美術館巡り、ハイキングなど。ボストン校はアイススケート、美術館散策、ハーバード見学ツアーなど各学校の特色を生かしたプログラム内容を提供しています。土曜日はホストファミリーと自由時間を過ごし、日曜日には学校主催のエクスカーションがありますのでプログラム内容は非常に充実しており、弊社から参加頂いた皆様には大変好評を頂いているプログラムです。

プログラム参加費用は以下の通り。(日本円への換算は1ドル120円で計算)

2週間コース:2625ドル (日本円でだいたい31万5000円)
3週間コース:3750ドル (日本円でだいたい45万円)
4週間コース:4760ドル(日本円でだいたい57万2000円)

*別途アプリケーション料金等別途必要

大変人気のあるコースですのでお申し込みはお早めに!
ご相談やお見積もり無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

1年留学で何をするか

ここ最近、大学生の方の1年留学のお問い合わせが増えています。日本政府が打ち出すトビタテ奨学金や、日本の大学の中でも国際化、留学推進を打ち出している大学をグローバル、あるいはスーパーグローバル大学などとカテゴリー分けしていることもあり、日本人の海外留学や、海外留学生の受け入れを積極的に打ち出しているのが後押しをしているのでしょう。

話を元に戻して、日本の大学を1年休学しての海外留学をする方は、「1年しかないから限定されていることしかできない」ということではなく、「1年をいかに有効に過ごすか」というポジティブな思考で留学生活を充実したものにしてほしいのです。

1年も、やりかたによっては、凝縮したすばらしい1年になるのですから。

例えば当社が、ボストン郊外にあるセーラム大学への1年留学をサポートした、秀美さんの場合。
セーラム大学は、1年限定入学の彼女をNon-Degree:つまりセーラム大学での学位取得を目的としない、授業履修のみのステータスで受け入れてくださり、TOEFLが61をクリアしていた彼女は興味のある授業を履修させていただくことが可能となりました。

ただ彼女は語学講習もしっかりしたいという希望から、秋学期がはじまる数週間前の8月中旬からセーラム大学が実施しているブリッジ英語プログラムを2週間受講するところから留学生活を始めたのです。そのあとからは、正規授業を履修したり、英語も少しレベルの上のものを履修することで語学の向上に勤めました。

彼女の素晴らしいところは、大学生活で積極的に他の国からの留学生との交流を求め、さらに、大学の枠を超えた学生組織へも積極的に参加したこと。ボストンという国際色豊かな場所がら世界中から優秀な学生たちが集まってくるこのエリアには、あの世界の頭脳が集まるハーバード大学があります。彼女は今年、Harvard Project for Asian and International Relations (HPAIR)という学生組織のカンファレンスに参加し、ハーバード大学の寮に宿泊しながら、さまざまなバックグラウンドを持つ学生たちとワークショップやミーティングを通してアジアで起こっている議題を論議したのでした。

以下秀美さんの感想:

3日間、seminarとpanelの間に、coffee break が挟まれており、そこは友達を作る絶好の機会でした。
他の国から来ている学生が、どのようなモチベーションで学び、どのようなキャリアを目指しているのか、という話や、単純にその国の話をするのは、とても刺激的な体験でした。

インドからきた学生に、
「とにかく人に会って、その人の経験を聞くこと、勉強していることを聞くことは、自分のスキルアップのためにも、視野を広げるためにもすごく大事なことだ」と言われたり、

フィリピンからの学生に、
「一家の中で、大学に通っているのは僕だけだけど、そこで終わるんじゃなくて、マスター、博士号までとってはじめて家族で一番勉強させてもらったと言えると思う」と言われたり、

ここでしか出会えなかったであろう人々からたくさん大事なことを学んだような気がします。

参加者のほとんどが、修士に進むことを考えていたり、リーダーシップを取ることを日々の目標として生きていたり、圧倒される能力の高さと、世界のレベルの高さに感動しました。

一番学んだこと、また日本人に必要だと感じたことは、「質問する力」です。
参加者のする質問は、わかりやすく、また一歩も二歩も深く、それでいてユニークなものばかりでした。
日々いろいろなことに興味関心を持って学んでいるからこそできる質問なんだなと感じました。

3日間私はハーバードの寮に泊めさせていただいたので、ハーバードの学生がどのような感じなのかも触れることができました。
みなさんフレンドリーで、教養があるとはこのことか、と思いました。

次はフィリピンのデ・ラサール大学で開催するそうなので、
日本でのインターンの都合が会えばまた参加したいなと思います。

HPAIR学生会議のハーバード大学会場の様子

HPAIRハーバード大学会場の様子

最後に彼女はこう付け加えてくれました:
「感想を一言でまとめるならば、今後の人生に影響を与えるであろう素晴らしい経験をさせていただきました。」

1年留学も、人生に大きな影響をあたえる素晴らしい意義を与えてくれる可能性を秘めています。

1年を集約した素晴らしい1年にすることができるかは、あなた次第です。
頑張りましょう!

ホリデーシーズンの短期語学留学について

年末年始の短期語学留学を希望されている方は、今、この時期に申込みをしましょう!
もうあっという間に2013年も終わりに近づいてきました。語学学校ではすでに2014年の料金体系や夏のプログラムについての案内を送付しています。
ということで、2013年年末から年始の短期語学留学は今しないと出遅れます。

クリスマスからお正月あけまでのお休みを利用して語学講習をお考えの方は、注意していただきたい点があります。
アメリカもカナダも、クリスマスから御正月にかけてはビジネス自体がクローズとなるところも多いこと。
そのため、語学学校もこの時期1週間を学校のお休みにあてるところも少なくありません。
クリスマスから御正月までの期間を開けている学校を探すというところか始める必要があるのです。また、この期間空いていたとしても、クリスマスとニューイヤーや国民の祝日ですので、学校もお休みとなります。また24日にクリスマスイブや31日のニューイヤーズイブもお休みになるところがほとんどですので、そうなると1週間あたり、正味3日しか学校いいけないという計算になります。料金はそれでも変わりません。

例えば1週間前に渡米する、お正月以降さらに1週間滞在することが可能であれば期間を少し調整するのも良いと思います。

ジュニアの方の語学プログラムについてのお問い合わせもいただきます。夏と違い、クリスマスからお正月にかけての2週間というのは、なかなかジュニアプログラムを組む学校はありません。やはりスタッフを確保するのが難しいのでしょう。
そんな中、FLSという語学学校は、カリフォルニア(ロサンゼルス郊外)とボストンでそれぞれディスカバーカリフォルニアディスカバーボストンというジュニアプログラムを展開します。期間は12月15日から3週間ですが、1週間からの参加が可能なので、日本のお休みに合わせて12月21日から1月4日までというのも可能です。プログラムに含まれてくるのは、語学講習と観光メインのアクティビティー、ホームステイと食事、空港送迎とスタッフサポートです。クリスマスとお正月はホストファミリーと一日を過ごすことになります。

ニューヨークが良い!というジュニアの方には、レナートという語学学校がマンハッタンセンターでウィンターアドベンチャーズというプログラムを12月29日から2月まで展開します。2週間の在籍が最低必要ですから、12月29日から1月11日までというのが日本人の方にはベストかもしれません。この12月29日からのプログラムに参加すると、12月31日には、カウントダウンを有名なタイムズスクエアーで体験できるというアクティビティーが。滞在先は学校にも徒歩でいけるYMCAという公共のレジデンスを利用し、他の学生と同室で過ごします。

もう一つ、ホリデーシーズンの短期語学留学をお考えの方は、教師宅ホームステイも価値ありだと思います。この教師宅ホームステイはプライベートの英語レッスンと3食付のホームステイ、特のこのクリスマスやお正月時期については特別なイベントとしてファミリーとクリスマスリースを作ったり、もちろんスペシャルなディナーを一緒にとったりというような体験ができます。授業はホストファミリーの中で、学士以上の学位を持つ方が担当し、この教師宅ホームステイプログラムを運営するHome Language International (HLI)のカリキュラムにのっとった授業が行われます。学校にこの時期通うと、そうしても毎日いけないということを考えると、ホストファミリー宅で個人レッスンを受けつつ、家庭を通してアメリカ文化を体験する教師宅ホームステイも良い経験になると思います。

ホリデーシーズンは航空券の入手も困難ですので、とにかく早めの準備を心がけましょう。

Home > Tags > ボストン

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top