現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - アメリカインターン・オペア

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > Tags > アメリカインターン・オペア

アメリカインターン・オペア

アメリカJ-1インターンと学習分野との関連性

アメリカでのインターンシップを体験してみたいという、日本の大学生の方、あるいは卒業直後の皆さん。大学で学んだ内容と直結の分野であれば、アメリカで1年までのインターンを体験できます。

USカレッジコネクションは、米国でのJ-1交流プログラムの老舗非営利会社、インターエクスチェンジへのインターン登録をご紹介しています。USCCはインターエクスチェンジへのつなぎ役。まずは、皆さんは研修先を見つけてからのプロセスになりますので、仕事は斡旋しない分登録にかかわる料金は節約できるという利点があります。

  • 自分が働きたい業界や会社を自分で探せる
  • 場所も自分で決めてアプローチができる
  • J-1インターンプログラム参加費用を抑えられる

という利点は大きいのではないでしょうか。

さて、J-1交流プログラムでインターン先を探す際に注意すべきことがあります。

大学で学んだ内容とインターン先の仕事内容が直結していること。直接関係しているというところが重要です。

ビジネス、工学、アート、メディアなど専攻と仕事内容がイメージしやすいものは研修先を絞るのも楽ですね。一方で、社会学や心理学などの方は学習内容が多岐にわたるので、いったい何を称して学んだ内容と直結と言えるのか?と悩まれるかもしれません。

例えばソシオロジー:

社会と何かとのつながりを学ぶ学問ですね。その中でもあなたが履修した科目は何が中心ですか?

人によってはメディアとか、心理学とか、社会論とか。

業界的にいって、つながりがある分野は何か?

社会とのつながりをリサーチするためのマーケティング業務とか、メディア分野でのこういう調査をするとか、関連性を感じませんか?

インターンは、大学で学んだ座学を実践するということを目的としていますので、研修先を探すときには「学んだことを実践する」ということを頭にいれましょう。

研修先は見つかったけれど、大学で学んだ領域ではないと、J-1ビザのスポンサーとなるインターエクスチェンジの審査が通過できないという残念な状況になってしまいます。

まずは企業にアプローチする前に、どういう会社をターゲットにするかをきっちり考えましょう。

USカレッジコネクションでは、会社にアプローチをするために必用な履歴書添削、問い合わせメール本文のアドバイスもご提供しています。

お気軽にご相談ください。

インターンシッププログラムに文化・芸術カテゴリー追加

今回はアメリカインターンシッププログラムの情報です。
これから夏もやってきますし、海外でインターンシップをしたいそういう方も多いでしょう。

アメリカの場合、1年程度のインターンシップをしようと思うと交流プログラムの一つである、インターンシッププログラムに登録する必要があります。

USカレッジコネクションは、アメリカの交流プログラムを幅広く手掛ける、インターエクスチェンジ、キャリアトレーニングUSAと提携し、日本の皆さんの、インターンシッププログラム登録をサポートしております。

さて、このインターンシッププログラムですが、アメリカ政府管轄ですので、制約はあります。

例えば、インターンシップをできる業界が決められていること。

これまで例えば、インターエクスチェンジを経由して登録できるインターンシップの分野としては:

  • 科学、建築系
  • ビジネス系
  • ホスピタリティー系、
  • メディア系がメインだったのですが、

これに新たに、文化・芸術系も、インターンシップのカテゴリーに加わったという報告が入りました。

この文化・芸術系のカテゴリーが増えたことで、どのようなインターンシップ先が増えるかといえば、

  • 芸術経営
  • 映像・フィルムプロダクション
  • 舞台プロダクション
  • デザインコミュニケーション
  • ドラマ演劇
  • イラストレーション
  • 国際文化に関すること
  • 音楽経営
  • 音楽技術
  • パフォーミングアーツなどなど、

かなり幅が広がります。

ここでアメリカのインターンシップの参加基準の定義をおさらいします。

今現在アメリカ以外の大学に在籍している方、あるいは卒業直後で、卒業から12か月以内にインターンを始められる方。

年齢的には18歳以上38歳未満の方。12か月までの研修が可能です。

ここで一つ理解していただきたいのは、インターエクスチェンジは、仕事の斡旋はしません。

研修先は自分で見つけたうえで、現地でインターンプログラムを取りまとめるインターエクスチェンジへ登録します。

インターエクスチェンジは、また研修先の状況も把握し、参加者が、有意義なアメリカ滞在ができるように、管理するというのが役割となります。

自分で研修先を見つけるので、現地交流プログラム管轄組織であるインターエクスチェンジへの登録料金も抑えられますし、

また自分で見つける方が、本当に自分がやりたいことを見つけられるという利点もあります。

日本でのインターンシップ探しも、海外でのそれも、基本的には一緒であると思います。

また、当社も英文履歴書の書きかたや問い合わせの仕方などのアドバイスはさせていただきます。

興味のある方はお気軽にご相談ください。

自力で探すアメリカインターンシップその2

今回も前回に引き続き、自力で見つけるアメリカインターンシップについて。

今回はもう少し踏み込んで、具体的な研修先の見つけ方をお話します。
日本の就職先やインターン先を見つけるのと、発想としては一緒。
興味がある会社をみつけて、聞いてみる。簡単にいえば。

見つけ方:
海外の場合には、インターネット検索が基本となります。

日本人ということで、日本語と英語が使える環境、バイリンガル企業を探すとすると、日系コミュニティーの情報を検索すると、いろいろな会社を探せます。

もし、行きたい場所に知人がいれば、地元フリーペーパーがありますので、それを送ってもらう。あるいはコピーしてスキャンしてもらう。

クラシファイド、求人このあたりのカテゴリーや、広告欄からも、会社の名前を連絡先を入手できます。

最近は、ウエブサイト版もたくさんあります。全米規模で展開している、USフロントラインとか、各都市の情報サイトとか。
こういうところから探しましょう。

ホスピタリティー関係だったら、ホテル名で検索して直接人事に聞いてみても良い。

グーグルやYAHOOの都市検索で、ホテルやリゾートの一覧から探すのも可能です。それができたら、同様にウエブサイトにアクセスして、人事に問い合わせる。

人事?
英語ではHuman resourcesといいます。省略してHRとも呼びます。
発音的には;エイチ・アー(舌を持ち上げる)

通常日本でやる研修とプロセスが加わるのは、ビザ申請をしないといけないという点。
慣れているホテル関係とかは問題ないですが、慣れていないところは、こここそ説明してあげる。

J1ビザという交流ビザ申請をする必要がある。交流ビザを運営する、どこどこという組織にインターンシップ先として登録すると、その運営団体からスタッフがきて一度視察します。それでOKとなれば、あとはビザ申請書類などは、その運営団体がやってくれます。

ビザ申請については御社には御面倒はかけません。

研修なので、研修目的とか目標をたてて、それを上司に評価していただく必要があります。
これは面倒くさそうにも響きますが、良い言いかたをすれば、きっちり働きますので評価をくださいということ。

日系の会社であれば日本語での会話になりますがアメリカの会社でインターンを希望する場合は、もちろん英語でのやりとりとなります。
英語ができる方もビジネス英語をもう一度復習しましょうね。メールでのビジネス会話の仕方も勉強しておいてください。

履歴書も英語で用意しましょう。ウエブサイトで英文履歴書サンプルもたくさんでてきます。
良いものをしっかり作ってください。

英語の履歴書を見てもらいたいという方、USカレッジコネクションでもチェックしますのでご連絡ください。

最後にいろいろなところに送ってみるという姿勢。数社から断られたぐらいで、落ち込まないこと。
これは日本の就活と一緒なのです。

大きな会社から、中規模な会社、小さ目な会社から、新しい会社など、いろいろ問い合わせてみましょう。

いろいろな出会いがあると思います。他の会社を紹介していただける可能性もでてきます。

晴れて自分でインターン先が見つけられたら、あとは、インターエクスチェンジキャリアトレーニングUSAなど、ビザサポートをするアメリカの交流プログラム組織に登録する。これは会社側とインターン側双方が行います。研修先がチェックをうけ、「しっかりとした会社」と判定されたら、あとは、ビザ申請に入ることになります。

USカレッジコネクションは、交流プログラム会社登録のの仲介をいたします。当社はインターエクスチェンジキャリアトレーニングUSAの登録をお手伝いいたします。書類のチェックや問い合わせ、ビザ申請のサポートも行います。

今回の話を聞いて、自分でもやれそうだと思ったらお気軽にご相談ください。

自力で探す、アメリカインターンシップ先

今後の進路選択とキャリアアップを目指そうと、海外でインターンシップをしようという方もいらっしゃると思います。

日本も新卒とか、大学のネームバリューだけで、良い就職先が見つけられる時代は昔のこと。

だから、在学中にインターンシップをしたり、あるいは新卒で数年働いた後に自分の進路に関係があるところでインターンシップをし転職につなげたいという方も増えています。

今日は、ではそのインターンシップを、海外でみませんか?という内容です。

アメリカでは交流ビザの一つにインターンシッププログラムがあります。

特定のフィールドではありますが、(カテゴリーと呼びます)、インターンシップができるカテゴリーの中に自分の学んでいることがある、あるいは今すでに働かれている業界であれば、大学在学中であれば最長1年、既卒者であれば最長1年半、アメリカの企業で研修をすることができます。

交流ビザなので、就労ビザではありません。「あくまでもこの経験を自国に戻っていかすこと」これが前提です。

分野としては:

  • ホテルとかホスピタリティー系
  • ビジネス系
  • 法律事務所
  • メディアマスコミ系
  • 広告系
  • 会計
  • 建築業界

こんなフィールドが典型的。アメリカで海外経験を積んで、将来の就職に活かそうという方は思いきってインターンシップに挑戦してみてはいかが?

これまでも日本の方でインターンシッププログラムをご存知の方はいたと思います。が、そのインターン先は、仕事仲介者に依頼してということをお考えでは?

自分で探してみませんか?
インターンシップで仕事仲介をしてもらう場合には、その手数料もこみで参加費用40万円とかかかりますよね。

しかも選択士が狭かったりするわけです。それだったら自分でアプローチをかけて仕事を見つける。

仕事探しは、日本でやるのと、アメリカでやるのも基本的には一緒です。

履歴書を人事に送ってインターンシップの経験をしたいということを伝え、1年から1年半の間で経験ができないかということを聞いてみる。

特にホテルやホスピタリティー系は、多くの海外からのインターンを受け入れておりますので、その業界を目指す人には自分でやるのは悪くない。
場所も選べますし。

他の業界でもインターンシップ生を受け入れることで、社会貢献・文化交流として受け止めてくれる会社も多いでしょう。

インターンシップは有給・無給でもOK。どうせやるなら有給のポジションを狙いましょう。

履歴書の書きかたや、会社へのアプローチの仕方は当社の方でもアドバイスできます。

見つけ方ですか?

今やオンラインの時代ですからウエブサイト検索。日系企業を狙う場合には、地元フリーペーパーのオンライン版もありますしね。カリフォルニアやニューヨークエリアだったら、このようなフリーペーパーの告知をみると仕事募集も見つけられます。

受け入れ先が決まったら、あとは交流ビザのスポンサーとしてビザ書類(DS-2019)を発行してくれる、アメリカ政府認定のインターンシップエージェントと登録すること。J-1ビザ申請をする場合にはこの交流プログラム運営元の力が必ず必要です。

プログラムを運営する組織と登録。ここには登録手数料が入りますが、それでも仕事を斡旋しないので、金額はほぼ半額。

当社もそのエージェント登録のご紹介とサポートをいたします。

アメリカ交流プログラムの運営組織としては老舗の会社である、インターエクスチェンジキャリアトレーニングUSA。こちらの登録サポートをいたします。

これから夏休みがやってきます。夏からの数か月だってOKです。

今年は海外で研修をしてみたい!

研修先を自分で探してみようというチャレンジ精神あふれる方は、ぜひともご相談ください。

ビジネス思考の留学とインターンシップ

アカデミックな留学ではなく、就職に役立つ留学プラスアルファーをお考えのあなたにぴったりのプログラムをご紹介します。

語学も学びたいし、そのあとはインターンシップも少しやってみたいし。
そんな希望を時々お受けします。
カナダであれば、そんな御希望もかなえることができると思います。

ビジネスコミュニケーションや日英翻訳・通訳の8週間のディプロマ―コースを修了したあとに、1,2か月のインターンシップを体験できるというプログラムを出しているのが、トロントにあるCanPacific College(キャン・パシフィックカレッジ)です。

インターンシッププログラムを希望する方は、8週間のディプロマコースを修了するというのが条件になりますが、このディプロマコースも通常の語学講習に比べるとビジネスに通用する英語を学ぶというのが目的となっており、スピーキング、ライティング、語彙、ビジネスコンセプトまで学ぶことができます。

インターンシップ先は学生の希望に合わせて、通訳・翻訳、メディア、IT、ホスピタリティー、ファッション、エンジニアにいたるまでさまざまな業界からスタッフがインターンシップ先選定のサポートをします。学校にはインターン専属のコーディネーターがおり、日本人カウンセラーとともに、仕事先の探し方、履歴書指導、面接の指導まで行ってくれます。

研修先を見つける作業を、ディプロマ―コース取得中に行うことで、8週間の授業が終わると同時にインターンシップに移れるようなプロセスになっています。

料金的には、ディプロマ―コースの授業料が2250㌦から2500㌦(ビジネスコミュニケーションか翻訳通訳コースにより料金が異なります)さらにインターンシップサポート料金で800㌦。インターンシップ斡旋・サポート料金としては、平均的な値段です。

キャンパシフィックのインターンプレースメントを通すことで、カナダのローカル会社で働ける機会も増しますし、本格的な仕事体験ができる状況になるというのは魅力です。8週間のディプロマコース取得中には、ビジネスに役立つ英語スキルも学べるので、就職のアピールにもなるでしょう。過去のインターンシップ先の企業の顔ぶれをみても、カナダや世界の大手企業にもこれまで学生たちを送っていますので、履歴書に乗せてアピールできるインターンシップ先を御希望ならば、やはりプロに依頼するのは良いことでしょう。

キャンパシフィックではこれから4月30日までお申込みいただいた方に、春のプロモーションとしてディプロマコースは授業料10パーセントオフを適用してます。

またキャンパシフィックは、ディプロマ(8週間)コースの他にも、プラクティカルコミュニケーション4週間、エグゼクティブアシスタント養成4週間、グラマー&ライティング4週間、日英バイリンガル4週間(通訳・翻訳)などのビジネス英語に特化したコースも提供しており、4週間コースですと春のプロモーションで学費5パーセントオフが適用されます。

ここからさらに割引がある場合もありますので、詳しくはUSカレッジコネクションにお問い合わせください。より多く割引を得る鍵は、「早めにお申し込み」ということをお伝えさせていただきます!

インターンシップのビザスポンサー登録サポート

アメリカで研修・インターンシップができる会社はある、声をかけられているけれど、ビザ取得についてどうしたらよいか考えているあなた。

U.S.カレッジコネクションはアメリカの交流ビザ(J-1ビザ)スポンサーとなる交流プログラム登録サポートができます。

2013年より、U.S.カレッジコネクションは、インターエクスチェンジキャリアトレーニングUSAの交流プログラム登録のお手伝いができることになりました。インターエクスチェンジキャリアトレーニングUSAは、アメリカ政府認可の国際交流プログラム運営組織で、オペア、インターンシップ、トレーニング、サマーキャンプなど交流プログラム運営エージェントとして長くプログラム運営に関わってきた組織です。
Career Training USA

プログラム参加者のアメリカでの研修日数に応じてサービス料金が発生します。

サービス料金に含まれるもの:

  • J-1交流プログラムスポンサーとして、受け入れ研修先がしっかりとしたところであるかの確認作業を行う(現地視察実施)
  • J-1ビザ申請に必要となるDS-2019書類の発行と発送
  • アメリカ滞在中の事故・医療保険
  • アメリカ滞在中の24時間緊急サポート
  • その他、インターエクスチェンジがプログラムを遂行するために必要な経費

サービス料金はプログラムによってインターンシップの最長滞在日数12か月で1475㌦、トレーニングの最長滞在日数18か月で1775㌦となります。数か月程度の滞在の場合には、プログラム手数料はもちろんこれより下がります。

インターンシップとトレイニープログラムの違い:

インターンシップ:

  • 現在現役の大学生かプログラムスタートの時点で卒業してから12か月未満である新卒
  • 学んでいる専攻と同分野の研修先
  • インターンシップの期間は最長で12か月

トレイニ―プログラム:

  • 高校卒業後、アカデミック分野の学位か専門領域での修了証書を持ち、アメリカ国外で最低1年の職業経験があるか、
  • 5年のアメリカ国外での研修に関連する領域での職業経験
  • 現在の職業と直結した研修業務
  • トレーニング期間は最長で18か月

U.S.カレッジコネクションは、インターエクスチェンジ・キャリアトレーニングUSA登録のために以下のサポートをいたします:

  • プログラム参加申込み書類の作成
  • 渡米前のスカイプオリエンテーション
  • ビザ申請サポート
  • アメリカ滞在中の現地生活に関する質問へのアドバイス
  • 緊急時の連絡先
  • 日本帰国時の質問やアドバイス

注意事項:

  1. インターエクスチェンジ、及びU.S.カレッジコネクションは、研修先の手配、マッチング・プレースメントはいたしません。あくまでも、研修先がすでに決まっている、話が進んでいる方のビザスポンサーとしての登録サポートとなります。
  2. 全ての業種でJ-1プログラムサポートの研修ができるわけではありません。交流プログラムの一環であるキャリアトレーニングプログラムは、あくまでもアメリカ政府が定める交流プログラムカテゴリーに該当する研修先である必要があります。

インターンやトレイニ―プログラムが可能な業種の例:

  • 建築
  • 会計、ファイナンス
  • 広告・セールス・マーケティング
  • ビジネス経営
  • ホスピタリティー、ホテル経営
  • インフォメーションテクノロジー
  • 法律・弁護士
  • メディア・コミュニケーション

全ての業種がこのプログラムが認可されるとは限りません。特に仕事をする場所が、以下の場所となる場合には、インターンシップ・トレイニ―プログラムは認可されません。

  • ブライダル会社
  • キャンプ
  • キャンディーストアなどの屋台系
  • コンビニやグロッサリーストア系
  • 電話サポートや接客業
  • ファーストフード系のレストラン
  • フィットネススタジオ、パーソナルトレーニング、コーチング
  • ガススタンド、高速道路の料金ブース
  • スパ、美容サロン、動物サロン(グルーミング)ストア
  • スタッフィングエージェンシー

また、子供、お年寄りのお世話、医療系、セラピー系など患者のケアを要する仕事についてもインターンシップ・トレイニ―プログラムは利用できません。

インターンシップ・トレイニ―プログラムを利用できる職種や内容については、こちらのウエブサイトをご覧ください。

インターエクスチェンジを利用する理由:

  • 合法的に研修プログラムに参加し、無給・有給のインターンシップ体験ができる
  • プログラム参加費は、他社に比べて安い:プレースメントをしないためですが、すでにインターン先が決まっている人にとっては有利
  • インターンシップ先の事前視察を行うため、働き先がしっかりとした組織であることがわかる
  • 渡米中の緊急時対応がある

インターエクスチェンジ・キャリアトレーニングUSAのプログラムを利用して、J-1VISAを取得し、アメリカ滞在を希望の方は、お気軽にご連絡ください。

J-1研修プログラムは移民法上の関連もあり、分かりにくいところもあります。どんな小さなことでも遠慮なくご相談ください。

問い合わせフォーム

Home > Tags > アメリカインターン・オペア

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top