現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - アメリカ大学留学 に関するページ一覧

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカ大学留学 に関するページ一覧

アメリカ大学留学 に関するページ一覧

サーロー節子さんはアメリカ留学生の先駆けでもある

核兵器の全廃を目的に世界で初めて採択された核兵器禁止条約において主導的な役割を担った国際NGOのICANへのノーベル平和賞受賞式でのスピーチに登場した日本人がサーロー節子さん(Setsuko Thurlow)。サーロー節子さんは広島で被爆した体験者として、ICANとともに長く活動をともにしてきた。堂々とした彼女のスピーチに心打たれた方も少なくない。

サーロー節子さんはアメリカの大学で学び、ソシオロジーの学士を取得した。学位取得は1955年。1945年に被爆し、10年後のことだ。在籍したのはバージニアにあるリベラルアーツカレッジのリンチバーグカレッジ(Lynchburg College)。私もバージニアの大学職員だった時代に訪問した記憶があるが、美しい小規模カレッジだ。

戦後まもない時代に女性が海外にわたり学位を取得するその勇気と行動力に感銘を受けます。その節子さんはご主人とともにカナダに渡り、トロント大学でソーシャルワークの修士も取得されている。今はカナダ在住。

核廃絶を訴え世界中でスピーチをしてきた彼女のパワーは、若い時代に海を渡ったその時から変わってはいないのでしょう。学士を取得した母校であるバージニアのリンチバーグカレッジの学長は、Setsuko Thurlowさんが2018年5月の卒業式でのスピーカーに決定したと大きく報道しています。ノーベル平和賞授賞式直後の大学のウエブサイトでは彼女の写真が全面写真で掲載されています。

1950年代に、被爆という困難な状況を抱えつつも、夢を持ち、世界に飛び出した一人の女子生徒が、アメリカ、カナダでの大学を経験して、被爆経験を世界中の人々に語り継ぎ、核兵器禁止条約採択という大きな一歩に貢献した彼女の姿は、留学を考えている日本の若い皆さんにも大きな刺激となったのでは?

私一人の力は微力だから何も変わらないという前に、「すべては一人から始まる」そういう視点に切り替えてみては。

節子さんが、学び舎を巣立っていく若い学生たちにどんなエールを送るのか。

2018年5月のリンチバーグカレッジの卒業式の報道を今から楽しみにしています。

アメリカ大学出願で押し寄せる締め切り

10月に入ってから、息つく暇なく小さい文字を追う日々に追われている私です。さてなぜか?
アメリカ大学の出願締め切りが早いところでは10月1日からはじまり、一つの山が11月1日でおわり、次は12月1日、1月1日と毎月のように締め切りに追われる日々がこれから2月末まで続くからです。
一発勝負の日本の大学の大学受験もつらいですが、5か月という長期間にわたり、締め切りに追われながら作業をしていくのもつらいのです。

11月1日ごろまでで一段落したのが、私立総合大学、私立リベラルアーツカレッジなどの早期出願の締め切りです。
早期出願はなぜするか?

早く出願して早く結果をいただきたい。
早く出願がおわれば、スカラーシップの可能性も高まる。という計算のもとで行うものです。この時点でテストスコアが満足行く結果が出ている場合、前々から準備をしてきた方がとる手段。
早期出願には、受かったら入学することを前提としEarly Decision(EA)と縛りのないけれど早期に出願して早期に結果をいただくことを目的とするEarly Action(EA)の二つのタイプがあります。
第一希望があってここにぜひ!と頑張ってきたかたはEDで出願すればよいし、
そういう希望がないかたでも、とにかく早くけりをつけたい方はEAを選びます。

早期出願の山を越えるとやってくるのが、カリフォルニア大学(UC)とカリフォルニア州立大学(CSU)のアプリケーションの送信締め切りの11月30日。
州立大学でもこのカリフォルニアのUCとCSUについていえば、オンライン出願だけは11月30日までにして、追加書類などの締め切りはその後に設定というパターンです。

そのあとにやってくるのが、私立大学や州立総合大学のレギュラーの出願締め切り。
通常12月1日から1月15日ぐらいまでがピークです。
このあたりに締め切りを設けているのは、通常有名トップ大学です。

さらにいえば、ここから、2月1日、3月1日、5月ぐらいまで出願できる大学もちょこちょことあるのです。

最終的に、自分が希望する大学からの合格が得られなかったら?
アメリカの公立短大、コミュニティーカレッジからはじめて2年後にステップアップで有名大学入学を目指すというのも方法です。
コミカレの出願締め切りは5月から7月ぐらいまで大丈夫な場合も多いのいです。

あきらめずに、ステップステップで、気持ちを切り替えて出願作業をしていくのが、アメリカの大学出願時期を乗り越える鍵なのではないかと私は思います。
そして、私は今日も、明日も、細かい文字とにらめっこ。

日々、皆さんのためのリサーチや指導に全力を尽くしております。

今日は、「あなたの肩がとても硬かったわ!」とリラックスのために入ったサロンで言われた私です・・・

アメリカ長期留学中の方、在留届提出を忘れずに

8月の末から9月のレイバーデー明けから始まったアメリカの新学期。そろそろ留学生活も慣れてきた方も多いと思います。
その一方で、予想もしなかったハリケーンの被害で、住んでいる場所が洪水に見舞われ、学校のスタートが遅れたという方もいらっしゃるでしょう。

ヒューストンや南フロリダのハリケーン災害を目の当たりにし、非常事態は当たり前ですが突然、予期せず訪れるということを実感します。

在アメリカ日本国大使館では、もしもの時に、在留日本人の把握とサポートのために、3か月以上アメリカに滞在される日本人の方には、大使館や領事館に在留届の提出を呼びかけています。

災害、事故、緊急事態に備え、在留届の提出も忘れずに行ってください。
最初はなかなか英語がわからずお住まいの場所やアメリカ国内で起きている緊急事態に気が付かないこともあるかもしれません。在留届で皆さんのメールアドレスを提出しておくと、緊急時や知っておきたい連絡事項はメールで定期的に発信されます。

州を越えて引っ越しをされる際には、転出届けを管轄の領事館に提出し、転入先の管轄領事館に新規で在留届を提出します。

お住まいの州の管轄の大使館、領事館のリストを確認しましょう。

アメリカの大学職員が2017年9月東京と名古屋に集結!

アメリカ大学への留学をお考えの皆さん、毎年恒例のアメリカ大使館主催のアメリカ留学EXPOが9月9日に開催。今年は90校以上の大学がブースを構えます。年々大きくなっていると思います。さらにコミュニティーカレッジからの参加も増えていますね。留学生を意識するコミカレが増えているのが実感できます。

今年は、東京でのイベントの翌週9月16日に、名古屋でEducation USA主催のアメリカ留学フェア、同時開催で英語圏留学フェアが開催されます。名古屋会場では、アメリカ留学のみならず、イギリス・オーストラリア、ニュージーランド、カナダに興味がある方も参考になるイベントです。

アメリカ大学の参加校もさまざまですね。
アイビーリーグの大学もあれば、私立リベラルアーツカレッジ、コミュニティーカレッジまで。

東京の留学EXPOの参加大学リストと、名古屋のアメリカ留学フェアの参加校を見比べてみてください。多くの大学が東京のイベントのあとに、名古屋にも足を延ばすようです。

USカレッジコネクションも、語学留学や大学留学で学生の方を送り出しているシカゴ郊外のノースセントラルカレッジも、東京と名古屋の会場に参加をします。
そこで、ノースセントラルの留学生オフィスのディレクターとお話をしたいという方、ご連絡ください。

フェアの期間中や、その前後でお会いできる時間をアレンジしていただけます。
リベラルアーツカレッジでも、さまざまな専攻を提供しており、スポーツマネージメント、ジャズスタディー、シアターなどの専攻も人気です。またシカゴに近い便利な都市にありながら、普段の学生生活は静かな美しいキャンパスで学業に集中できます。留学生にも奨学金を出します。

ノースセントラルの出願について直接大学の方にお話しを伺いたいという方は、USカレッジコネクションまでご相談ください。

AT専攻でインディアナ州立大学、大学院留学!

アスレチックトレーニング(AT)の専攻で、学士や修士を取ろうをアメリカ留学を志す方は毎年いらっしゃいます。アメリカでは、国の資格が取れるというところに魅力と留学の意義を感じられるのは当然ですね。
ただし、このAT専攻での大学留学は非常に厳しいのも事実です。

比較的多くの大学が学士(バチェラーズ)でAT専攻を出しているとはいっても、競争率が高く、大学には入れたが、AT専攻になれずに他の大学を探せる方も多いのです。
大学院でのAT専攻は、さらに狭き門です。

大学院レベルでのAT専攻は、ここ数年で増えてきているものの、まだまだ数十校のみ。
日本の大学で体育大学だったり、エクササイズサイエンス、アスレチックトレーニングを専攻された方は、当然、学士ではなく大学院を目指すことになりますが、修士の出願基準を把握したり、事前に必要な科目を履修していく準備などもあり、きっちりとしたリサーチと試験対策が求められます。

USカレッジコネクションが1年にわたり、一緒に出願作業を頑張ってきた学生の方が、2017年夏からインディアナ州立大学のAT専攻で大学院生活を開始されました。
先日その学生さんより、無事に1学期目を終了できたという嬉しい知らせが届きました。以下小山さんからのメッセージ:

小山さん:
「夏学期も無事に終わり、明日から秋学期が始まります。夏は、初めての学期で色々授業や提出物、テストなどの仕組みに戸惑ったのですが、クラスメート、教授、ルームメートに恵まれて学期を終えることができました。なんとか脱落せずにすみました。。。

秋学期からは、午前は授業で、午後は地元の高校にアスレチックトレーナーとして実習に行く生活になります。
今までは座学ばかりで少し本業とは遠ざかっていたのですが、秋からやっと現場活動ができるようになり、きっと楽しくなっていくんだろうなとワクワクしています!

英語に関しては、日常会話が全然聞き取れず、話についていけないので、秋からは英語のチューターに通おうかなと思っています。日本語のチューターもアルバイトとして始めようと思っています!」

という、大学院で学ぶ、英語が母国語でない学生として学ぶ厳しさも感じられつつ、
それにも負けずに取り組む強さ、これからの勉強を楽しみに思う気持ちも溢れていて、実感こもるコメントをいただけました。

2017年より学士のAT専攻で大学生活を始められている方もいらっしゃいます、
大変ですが、充実した、大学生生活を送られることを、お祈りしています。

これから、大学院でAT専攻を目指される方、もう来年の準備はスタートしています。
これまで小山さんや他の学生さんの出願サポートをしてきたUSカレッジコネクションからのアドバイスは、「たしかに大変です、けれど、乗り越えられるものでもある」

今準備をされている方で、ご質問がある方はお気軽にご相談ください。

競泳の全米選手権を見学された小山さん。

アメリカのコミカレが留学生獲得に乗り出している!

近年、アメリカのコミュニティーカレッジが留学生獲得に乗り出してるという記事がNAFSA Association of International Educatorsという国際教育関係者の組織が発行している印刷物で特集されました。今や9万人以上の留学生がコミカレで学び、5000人以上の留学生を抱えるコミカレもあるのです。

特に多くの留学生を受け入れているコミカレのランキングや、留学生が何をポイントに数あるコミカレの中で、ここ!というカレッジを選ぶべきなのか、動画で詳しくお話しています。

いよいよアメリカ留学開始!:学費支払は?

いよいよあと数週間でアメリカ留学に向けて出発されるという方も多いと思います。ビザも取得したしあとはもう渡米日まで待つだけ、かな? もしかしたらまだ少し、やるべきこと残っているかもしれません。シリーズで渡米前の準備についてお話ししています。今日は学費支払について。

カレッジや大学に進学の場合、学費の支払は授業登録後にセメスター毎に支払うことになります。よって、最初に見積もった1年の学費数万ドルを一度に支払うということではないのでご安心ください。

支払い方法を今一度確認しましょう。

私立大学を中心に、渡米前にアカデミックカウンセラーと打合せをしたりして事前に授業登録をしていただけるところもあります。もしすでにあなたの授業登録が完了しているならば、支払は渡米前に最初の学期分を支払う必用がある場合もありますよ。

今だに新入生に関しては、まずは渡米してオリエンテーション後に授業登録を現地で行ってそこから1週間程度の間に支払を完了させるというパターンも多いので、あなたがどちらに該当するのか確認してください。

授業料の支払は一学期事に一気に支払うことはもちろん、ペイメントプランといって分割支払いも可能です。分割にする場合には現時点で1回目の支払を終了しておく必要がある場合もあります。

支払の方法も、会計の窓口で支払う以外にも、ポータル内の学生アカウント(オンライン)からクレジットカードで支払ったり、アメリカで銀行口座を持ったあとには自分の銀行口座から引き落としができたりもします。ただしこの銀行引き落とし(電子小切手のシステム)はアメリカの口座にのみ有効です。

留学生の支払については。大学が外部の送金システムと提携をして、例えば日本から学費支払分の日本円だてで支払うことができる便利な仕組みも多くの大学で採用されています。最近この送金システムを使う大学が増えてきました。

 

こういう情報はどこで入手しますか?

大学からのメールが、あなたの大学のメールアドレスに届いているはずです。

大学生になると、自分の大学のドメインネームでのメールアカウントが配布されています。合格後の案内にメールをアクティブにしましょうという案内が届いていませんか?

まだ一度も大学のメールアカウントをのぞいていないというあなた、いまごろたくさんのメールがはいっていると思いますので、いますぐ確認しましょう。

 

せっかく授業登録が事前にできていても、授業料が支払われていないとドロップされてしまうことや、遅延料金が加算されてしまうこともありますので、確認をわすれずに。

また授業登録はこれからというあなたも、渡米後授業登録をしたあとに、どうやって授業料を支払うかを保護者の方と打合せておいてくださいね。

 

大学生は大人の1歩のアメリカです。情報は基本、学生さんへの連絡となりそこから保護者の方に知らせるというステップとなります。

わからないことは、担当部署や留学生オフィスにきっちり確認しましょう。

USカレッジコネクションでは、現地の生活に慣れるため、学費の支払や、事務的な手続きを覚えつつ、だんだんご自身や保護者の方がご自身でやれるように、支払の設定や現地生活の疑問にお答えしながらサポートしていく現地代理人サポートも行っています。

立ち上げの時期、まずは半年(1学期のみ)のサポートをする半期のみのサポートもお受けします。やり方がわかれば決して難しくない作業ですので、現状をご自身で把握しつつお子様が卒業するまで管理できるように、おんぶにだっこではない、自分でできるようになるための立ち上げ現地サポートをご利用ください。

 

 

岩手県盛岡市での留学相談を受け付け中!

東京と大阪で行った成功する留学セミナーもおかげさまで大盛況で終了しました!セミナーリポートもぜひお読みの上、興味のある方は今後も予定している留学セミナーへのご参加を検討ください。

さて、USCC代表の私今入は、今、岩手県盛岡市に滞在しています。岩手県には8月の最初の週まで滞在予定です。

そこで、もし盛岡市や近郊にお住まいの方で、今入と直接対面で相談をご希望の方には留学無料相談を対面でお受けします。もちろん、通常通り、LINEやスカイプでのご相談もお受けしていますが、今入が盛岡にいるうちにぜひ対面でお話したいという方はこの機会をお見逃しなく。

お問い合わせ時には、盛岡での対面相談希望とご記入ください。おって、日時のご相談をさせていただくためのご返信を差し上げます。

語学留学、高校留学、短大、大学留学、スポーツ留学、インターンやオペア留学にいたるまで幅広い留学のご相談に対応いたします。これから留学を検討中で、岩手県や近郊にお住まいの方はぜひご相談ください。

City College of New York Jazz学士過程卒業!

City College of New York(CCNY)はジャズスタディーでも非常に有名な大学です。ジャズの本場ニューヨークでジャズを学ぶというこのプログラムに入る競争率も高ければ、卒業するのも大変なのです。毎日音楽漬けの日々を送られた学生さんがめでたく、しかも非常に優秀な成績で卒業をしました。サポートをしたUSカレッジコネクションにくださったメッセージをご紹介します。

「CCNYに 留学を決めたのにはいくつか理由がありましたが、第1に Steve Wilson というアルトサックス奏者が教授を務めている、という事がありました。彼を追いかけてニューヨークへ来たわけですが、最後のセメスターでは オフィスアワーや クラス外でも多く音楽の話をさせて頂きました。彼から学んだ 音楽、奏法、ヒストリー、全てが素晴らしい経験でした。そしてこのセメスターで彼と学んだ2つのクラスではA+ 取ることが出来ました。最終的に卒業成績は3.9 Summa Cum Laude、The Pro Musica Award を得ての卒業となりました。成績以上に経験や知識として得たものが沢山あり、その1つ1つを大切にしていきたいと思いますが、やはりこうして 数字で評価され 努力に対してのhoner を頂けたことは 今後の励みに、そして 頑張ってきた自分への誇りとなりました。」

USカレッジコネクションは、彼の出願時からマンツーマンのカウンセリングを通してサポートしてきました。音楽などオーディションを必要とする作業の場合には、音楽センスを発揮する必要のみならず、アメリカの大学に合格するための学力や英語力も要求をクリアしていないといけません。USCCは出願される学生さんが心おきなく、能力をアピールできるよう、それ以外の出願作業についてはしっかりとバックアップし二人三脚で努力しました。

入学後の努力は、ご本人の頑張りによります。4.0満点のGPAで3.9で卒業したという素晴らしい成績に拍手を送ります

 

最後にこんな光栄なコメントもいただきました:
「音楽に対する思いや 留学に対する強い興味がありながら、「で、実際 何をしたらいいんだろう…」と 二の足を踏んでいた 自分にとって 今入さんとの 出会い。して頂いたサポートにはとても大きな意味がありました。
サポートして頂いたのは、大学の入学試験 であり、決して それだけではありません。この大学入学が 大学卒業になり、これからの人生に直結しているのですから。大きな 一歩であったことには間違いありません。」

これからさらに音楽の、ジャズの道を突き進んでいく彼をこれからも応援します。本当におめでとう!世界に羽ばたくあなたをいつも応援しています。

City College of New York (CCNY)音楽課のあるホールの前で

アメリカのコミカレVSカナダのカレッジ

まずは、コミュニティ―カレッジから、という留学の形を目指す方が、アメリカのコミカレなのか、カナダのカレッジ(短大)なのか、迷うこともありますね。実は名称は同じカレッジであっても、アメリカとカナダとは大きな差もあるのです。みなさんがたぶん、気になっていることを解消するべく両国のコミュニティーカレッジの特徴をお話しします。

アメリカのコミカレ=進学(4年制大学編入)目的と職業訓練の2本立て
アメリカのコミカレには、職業直結でスキルをみにつけることを目的とする、日本の専門学校に近い扱いの職業訓練(Vocational)プログラムと、4年の学士取得の中の最初の2年分の一般教養の部分をコミカレで履修したうえで、4年制大学へ編入をすることを目的とするトランスファープログラム(学業プログラム)の二本立てで存在します。

トランスファーを目的としているプログラムはユニバーシティートランスファーなどといわれ、で基礎一般教養科目を履修後には、前提としてはアメリカのどの4年制大学にも飛び立てることを理念としています。通常学期制の4年制大学では120単位程度で学士が取得となりますが、うち前半60単位程度をコミュニティーカレッジで履修しようというものです。4年制大学に1年生から入学する予算を節約するため、高校の成績があまり振るわなかったためにまずはコミカレで成績をあげてから大学編入を狙うため、など、さまざまな理由でコミカレから始める学生さんがいます。コミカレでのこのようなトランスファープログラムを修了すると、準学士(Associate Degree)を取得できます。アメリカではコミカレ2年、大学2年の、いわゆる2+2プログラムが一般的であるのは、コミカレと大学は、同じ大学認定の地方認定を受けているため。同じ地方認定の組織から大学レベルの判定をいただいているので、コミカレから大学への編入も単位も動かせてトランスファーが可能になるのです。

カナダのカレッジは、カナダの大学と住み分けがある
一方の、カナダのカレッジ(通常2年の短大=コミュニティーカレッジ)とカナダのユニバーシティー(4年制大学)はアメリカに比べると明確な住み分けがされています。カレッジ=2年から3年の短大で、実践スキル習得をメインにした専門学校的な学問領域。プログラムを修了していただける修了証は、ディプロマと呼ばれ、準学士とは言いません。ここがアメリカとの違い。一方カナダのユニバーシティー(4年制大学)を修了していただけるのは学士(バチェラーズディグリー)なのです。最近は、カレッジを終了後に、提携のユニバーシティーに進学して、ディプロマと学士をとれるプログラムもでていますが、それでも、カレッジの認識=実践スキルということは変わらずです。また進学提携は、カナダ国内でのことなので、カナダのカレッジ終了後に例えばアメリカの大学に編入しようと試みた場合には単位以降の面で難しいかもしれません。ディプロマが、大学のアカデミックレベルと認定されるかどうか、というのが問題になってくるからです。

一方で、カナダのカレッジでディプロマを終了後には、就労許可がアメリカよりも長くでますし、またディプロマのプログラムも、2年よりもさらに短い6か月から1年でプログラムが終了できるものもありますので、短期で何か結果を証明できるディプロマが欲しいという方には向いています。カレッジ付属で語学講習プログラムをもっていたり、カナダ国内の語学学校と提携をもっていたりもします。学費もアメリカよりもさらに安い場合もあり、為替レートで比べても、カナダのほうが日本円で払う場合に安くなるということも事実。

アメリカはアメリカ、カナダはカナダ
結論としては、将来的にアメリカの大学進学を目指したい方は、短大はアメリカで(コミュニティーカレッジ)。カナダで実践スキルを短期で身に着けたい方がカナダの短大(カレッジ)を選ぶ。当たり前に聞こえますが、ノースアメリカという同じ大陸にある両国は、似ているところも多くカレッジの料金と生活費が安いカナダでまず勉強してそのあとアメリカの4年制大学に、ということも考えがちなのですがそうすることが、結果的に単位が移らず、時間とお金が無駄になることもあります。

私自身、カナダのカレッジでラジオ放送のプログラムに入り(=実践)、日本でのアナウンサーとしての経験を単位として半分以上認めていただき1年でディプロマをとりました。私の目的はラジオ放送の実践スキル習得であり、その後の進学はまったく考えていませんでした。すでに学士をもっていた私は、この時点ではディプロマで十分であったわけです。その後、大学院のメディア論で修士をとるべく留学したのがアメリカの大学院でした。

なにをゴールとするのか?
それによって、アメリカかカナダを決定しましょう。

Home > アメリカ大学留学 に関するページ一覧

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top