現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - アメリカコミカレ進学に価値を付ける方法

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > めるまがバックナンバー | 語学留学 > アメリカコミカレ進学に価値を付ける方法

アメリカコミカレ進学に価値を付ける方法

なんだかあっというまに、クリスマスです。1年が過ぎるのは早いです。

アメリカはクリスマスからニューイヤー(1月1日まで)までは、一番人々がゆっくりと家族との時間を大切にする時期かなと思います。

私もこのホリデーシーズンを、家族とゆっくり過ごしたいと思っています。

前回反響をいただきましたアメリカのコミカレ進学について。

今回は続編ということで、コミカレ進学に価値を付けるというテーマでお話しします。

そのヒントとなる言葉が、Honors Program(オナーズプログラム)

これは、アメリカの4年制大学にはどこにも存在するプログラム。優秀者プログラムです。

出願時に成績が良かった学生が、さらにこのHonor Programに申し込むわけですが、そこでさらに選ばれた学生たちは、在籍中も少し難しいコースや、リーダーシップ要請のコースなどを追加で履修していきます。

その代りのご褒美ということで、例えば研究会などに大学のお金で参加させてもらったり、オナーズ学生専用の寮に住めたりします。
もちろんこのHonors Programの学生たちは、奨学金が付与されます。

Honorsで卒業したということが成績表に明記され、卒業式でも特別なたすきを首からかけたりするわけです。

就職や大学院進学の時にも、Honorsで卒業したのは大きな助けとなります。

このHonors Programの概念を、コミカレに持ち込んだのが、American Honors Programです。

American Honors Programは、アメリカ人にも留学生にも双方に提供されているプログラムです。

4年制大学同様に、コミカレでも優秀者を別枠にして、少人数精鋭で、より目が行き届く環境で、教育を施し、有名大学への編入を可能に使用という理念。

American Honors Programの違う点は、学校自体ではなく、外部組織がこの優秀者プログラムを運営し、提携のカレッジの学生を対象にサービスを施すというもの。

プログラムの主な意義としては:

  • コース内容をよりスタンダード化し、4年制大学への編入の際に単位互換をやりやすくする
  • 専用のアカデミックアドバイザーを施し、コミカレの難点として指摘されている、学生の数に対する、アドバイザーの数の少なさを解消する。
  • 専用のアドバイザーからの、目の行き届いたコース履修の指導や進学指導があるので、より高い成績を保持し、だから全米の優秀大学への編入を可能にする。

これが大きな目的です。

では、このAmerican Honors Programに入ると、第3機関であるこの組織に、別にカウンセリング料金などを支払うのか?

いえ、払いません。

コミカレとは別に、American Honorsにも出願するので、その際の出願料金はかかりますが、プログラムに合格できたあとから、カウンセリング料金は発生しません。

カレッジの学費が、American Honorsにいる学生は若干高めではあるものの、(プレミアム料金といいますか)上記のような特典が受けられるのであれば、私はむしろ、安いと思います。

今のところ、このAmerican Honors Programと提携している、カレッジは3校。

  • ワシントン州のCommunity Colleges of Spokane
  • インディアナ州のIvy Tech Community College
  • ニュージャージー州のMercer County Community College

もしあなたが、コミカレから4年制大学の有名なところに進学することは決めているが、今のところ希望するコミカレも、将来的に進学したい4年制大学も決めていない。

そういう方、American Honors Programと提携しているコミカレの一つに進学するというのは効果的だと思います。

American Honorsに合格するためには、優秀な学生であることを証明しないといけません。

つまり、高校の成績でいうと、5段階評価で4.5以上。アメリカ式の4段階評価で3.5以上がターゲットとする成績ですので、日本の高校生は、4.5以上ぐらいになります。

ただし、高校が名門難関校で、成績の付け方が厳しいなどという場合には、交渉はできると思います。

英語が母国語でない留学生の場合には、英語力を示す必要もあります。

通常コミカレに入学するためには、TOEFLでいえば45から61ぐらいで入学することができるのですが、American Honorsに入るための、ターゲットの点数は、TOEFLでいえば80ぐらい。

ただし、各コミカレには付属の語学講習プログラムがありますので、まずはこの語学講習から入って、最後のアカデミック英語のレベルを良い成績で終了し、先生から推薦が得られれば、英語力の部分はクリアすることも可能です。

戦略的に、コミカレから有名大学進学の方法を考えている方は、American Honors Programと提携している、コミカレを検討してみてください。

詳しくはUSカレッジコネクションまでご相談ください。

それでは皆さん、

Merry Christmas and Happy New Year!!
from U.S. College Connections

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

コミュニティーカレッジ の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

※個人情報の管理・取扱いについて
USカレッジコネクション(USCC)では、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。USCCは日本人の皆さんの海外留学を応援するコンサルタントです。会社概要はこちら(https://usccinfo.com/?page_id=198)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

Home > めるまがバックナンバー | 語学留学 > アメリカコミカレ進学に価値を付ける方法

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top