現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - サーロー節子さんはアメリカ留学生の先駆けでもある

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカ大学留学 > サーロー節子さんはアメリカ留学生の先駆けでもある

サーロー節子さんはアメリカ留学生の先駆けでもある

核兵器の全廃を目的に世界で初めて採択された核兵器禁止条約において主導的な役割を担った国際NGOのICANへのノーベル平和賞受賞式でのスピーチに登場した日本人がサーロー節子さん(Setsuko Thurlow)。サーロー節子さんは広島で被爆した体験者として、ICANとともに長く活動をともにしてきた。堂々とした彼女のスピーチに心打たれた方も少なくない。

サーロー節子さんはアメリカの大学で学び、ソシオロジーの学士を取得した。学位取得は1955年。1945年に被爆し、10年後のことだ。在籍したのはバージニアにあるリベラルアーツカレッジのリンチバーグカレッジ(Lynchburg College)。私もバージニアの大学職員だった時代に訪問した記憶があるが、美しい小規模カレッジだ。

戦後まもない時代に女性が海外にわたり学位を取得するその勇気と行動力に感銘を受けます。その節子さんはご主人とともにカナダに渡り、トロント大学でソーシャルワークの修士も取得されている。今はカナダ在住。

核廃絶を訴え世界中でスピーチをしてきた彼女のパワーは、若い時代に海を渡ったその時から変わってはいないのでしょう。学士を取得した母校であるバージニアのリンチバーグカレッジの学長は、Setsuko Thurlowさんが2018年5月の卒業式でのスピーカーに決定したと大きく報道しています。ノーベル平和賞授賞式直後の大学のウエブサイトでは彼女の写真が全面写真で掲載されています。

1950年代に、被爆という困難な状況を抱えつつも、夢を持ち、世界に飛び出した一人の女子生徒が、アメリカ、カナダでの大学を経験して、被爆経験を世界中の人々に語り継ぎ、核兵器禁止条約採択という大きな一歩に貢献した彼女の姿は、留学を考えている日本の若い皆さんにも大きな刺激となったのでは?

私一人の力は微力だから何も変わらないという前に、「すべては一人から始まる」そういう視点に切り替えてみては。

節子さんが、学び舎を巣立っていく若い学生たちにどんなエールを送るのか。

2018年5月のリンチバーグカレッジの卒業式の報道を今から楽しみにしています。

アメリカ留学、迷っていたら質問ください!

USカレッジコネクションは、現地アメリカより、語学、大学、高校、スポーツ、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させるお手伝いをするエージェントです。
パッケージ留学にはない、『あなただけの留学の形』をアドバイザーが一緒に考え、親身にサポートします。

アメリカ大学留学 の相談もお気軽にどうぞ♪

留学相談LINE@

*は入力必須項目です

*お名前
*メールアドレス
(半角英数字)
ご相談内容
(できるだけ詳しくお書きください)
上記の内容でよろしければチェックしてください

※個人情報の管理・取扱いについて
USカレッジコネクション(USCC)では、個人情報を厳重に管理いたします。ご記入いただく情報は、メールマガジン配信、その他弊社のからのお知らせ、ご案内のみに利用させていただきます。弊社以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。USCCは日本人の皆さんの海外留学を応援するコンサルタントです。会社概要はこちら(https://usccinfo.com/?page_id=198)メールマガジンでは無料のお役立ちコンテンツや、サービスの告知をさせていただく場合がございます。

Home > アメリカ大学留学 > サーロー節子さんはアメリカ留学生の先駆けでもある

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top