現地発!アメリカ留学、滞在サポートの U.S.カレッジコネクション - アメリカビザ・移民法 に関するページ一覧

mail@usccinfo.com (24時間OK)

877-828-5684 (アメリカ滞在時の無料通話)

スカイプでのカウンセリング受付中!

まずはメールにてお問い合わせください

Home > アメリカビザ・移民法 に関するページ一覧

アメリカビザ・移民法 に関するページ一覧

DV2019米国永住権抽選の申し込み期限延長

毎年開催されているアメリカ永住権申請権利をかけた抽選、今年はDV2019と呼ばれますがその申し込みの期限が延長されています。
もう少し正確にいえば10月3日から開始された抽選申し込み作業が、なんらかのテクノロジーエラーによりいったん中止。10月3日から10日までに申し込んだ申請は無効となりました。この期間に申し込んだかたは申請のしなおしが必用で、あらたに10月18日から11月22日が申請期間として設定されました。

この抽選は、一人1回という限定になっていますが、
10月3日から10日の間に一度申し込んでいるという場合には、この申し込みは無効になっていますので、1回というカウントにはなりません。再度申し込みをしてくださいね。

さて、申請期限が11月22日までとなりますので、もう少し考える期間ができましたね。どうしようか考えていた方は。DV2019申し込みやってみてもいいかもしれませんね。

何度かご説明していますが、このプログラムは当たったからといって、即永住権取得ということではありません。
当たってから、永住権申請を始めるかどうか、決めていいのです。

ご自身で申し込みは可能ですし、その場合申請料は0円、無料です。

多少、デジタル画像の編集とか、英語記載で迷うところはあるかもしれません。また来年の抽選発表をうっかり忘れてしまうかも、なんていう不安がある方は、USカレッジコネクションでも代行申請を有料ですが、でもリーズナブルなお値段でやらせていただいております。興味がある方はDV2019申請代行の説明をお読みください。

アメリカ永住権抽選DV2019について

アメリカの永住権申請ができる権利を獲得できるかもしれない、通称永住権抽選の2017年応募は、DV2019と呼ばれますが、いよいよ申込日が近いので、DV2019について動画でお話ししています。

DV2019は、あたったらすぐ永住権がいただけるというものではなく、永住権申請に進める権利があたる、というものです。とにかく出してみるというアプローチでいいのではないかと思うのです。
特に、自分の意思のみでえいっと出してみることができるタイプの方は、迷うことなく出してみてもいいのではないでしょうか。

申請期間は2017年10月3日から11月7日まで。
この期間中でしか受理されません。

お気を付けください。

では動画をご覧ください:

米国大統領令についてのアメリカ大学学長のコメントを通して考えたこと

2017年1月20日から発足した新しい大統領の下でのアメリカ。その直後のアメリカの変化に戸惑いと不安を抱えている方も少なくないと思います。私自身もアメリカの新政権が発足してからの状況を自分の中でどう消化していくか考えていました。特に1月27日に署名された、アメリカ国民をテロの脅威から守るという目的でのイスラム教徒が多いとされる7か国出身者の入国を最低でも向こう90日間禁止するという大統領令については、アメリカ国民、世界の世論も大きな衝撃を受けました。

このような状況の今、アメリカの大学はどう進んでいくのか?留学生も多く抱えるアメリカ全土の大学学長はただちにコメントを出しています。今日はその一部をご紹介します:

ハーバード大学:学長

I write to share information about resources available to students and faculty and to underscore that our international students and scholars are essential to our identity and excellence. We are all Harvard. In times of unsettling change, we look toward our deepest values and ideals. Among them is the recognition that drawing people together from across the nation and around the world is a paramount source of our University’s strength. Thousands of students and scholars and visitors come to Harvard each year from all over the globe—to study, to teach, to propel our research enterprise, to join in conferences and colloquia, to share insights and abilities that transcend nationality. Thousands more leave Harvard each year to travel abroad, learning from experiences they could not replicate here, gaining insight into cultures and perspectives different from their own, visiting colleagues and family and friends, forming and sustaining the human bonds essential to mutual understanding.

Drew Faust学長の強いメッセージは私たちはALL Harvard。みなハーバードの一員ですというメッセージに込められています。何千人という学生や研究者や訪問者が世界中からハーバードにやってきます。学ぶ、教える、研究成果を進めるために、カンファレンスに出席するために、皆で意見を交わすために。同時に何千人もがハーバードから世界にでて、ハーバードにだけいては学べないことを体験し、文化的違いを会得し、友人や家族に会い、人間としての結びつきと理解を深めています。

1ページにわたる非常に熱のこもった学長のメッセージに救われる思いがしました。世界中からの学生や、研究者や訪問者を抱える大学は、今この時期に世界からの人々を迎え、ともに学び、刺激しあい、何かを生み出していくことの大切さを理解し、今後もなおその重要性を唱え続けています。

コメント全文はこちら:

 

NYU学長

ご自身も移民としてアメリカにわたり今はアメリカ市民となったAndrew Hamilton学長は今回のこのニュースと大統領令に対し、NYUの学生を守るために毅然として行動をとっています。具体的には:

  • We will not permit federal officials on campus to gather information about immigrants in our community absent a subpoena or similar legal order;
  • Our Public Safety Officers do not and will not ask about the immigration status of members of the NYU community, nor will they voluntarily share such information with law enforcement;
  • We will vigorously uphold the privacy protections granted our students by federal law; and
  • The University’s scholarship assistance to non-U.S.-citizens, which is independent of federal financial aid programs, will carry on regardless of changes to immigration policies.

国家の要請で学生たちのビザステータスについて開示があったとしても一切開示しないことを誓い、学内のキャンパスポリスも学生たちには移民ステータスを質問することは一切せず、学生のプライバシーを保持することを誓っています。アメリカ市民以外に与えられた奨学金は、アメリカ国家からのファイナンシャルエイドとは独立したものであり今後も代わらず移民ステータスに関わらず継続することも誓っています。

コメント全文はこちら

 

UTオースティン

テキサス大学オースティンのGregory L. Fenves学長は、7か国の市民のアメリカへの入国を一時的に禁止した大統領令は、UTのコミュニテイーに大きな衝撃を与えるでしょうと語り、この状況の中大学のモットーである「ここ(UT)で始まったことが世界を変える」という理念をこれまで以上に重要なものとして認識しましたと語っています。

As you are aware, this past Friday the White House issued an executive order temporarily banning citizens of seven countries from entering the United States. The direct impact this order will have on members of the UT community is unclear at this time, but this weekend, I find the university’s motto to be more profound than ever: “What starts here changes the world.”

コメント全文はこちら

 

ワシントン大学

ご自身もやはり移民としてアメリカに渡ったバックグラウンドを持つAna Mari Cauce学長は、今回の出来事を自身の経験とも重ね合わせ、強い思いを語っています。1ページにわたるメッセージの後半には、「ワシントン大学が世界からの学生、職員、研究者の学び舎(HOME)であることを誇りに思います。私たちは彼らとともにあり、必要な最大限のサポートを送ります」と語っています。

I also want to state in the clearest possible manner that the University of Washington is proud to be the home to students, staff and scholars from around the world. We stand with them and will provide them with support as needed.

コメント全文はこちら

数百、いや、それ以上の大学の学長が正式に学長名で今回の大統領令に対して毅然と声をあげ、学生を職員を、研究者を守り、大学のあるべき姿=世界中からの人々を受け入れ、ともに学び、ともに何かを発見し、よりよい世界に進んでいくことの意義を高らかに明示しています。

大きな大学から小さな大学、大都市からスモールタウンにある大学まで、アメリカの教育の場は世界の人々を迎え入れともによりよい世界にしていくことを理念に抱げています。

それぞれの大学学長のメッセージを、丁寧に読み進めながらUSカレッジコネクションも、また、このような理念を持つアメリカの素晴らしい大学に一人でも多くの留学生を送り出すことの意義を再確認いたしました。迷いも消えました。この出来事をばねに、アメリカ全土の大学が結束して、今こそ国際教育の意義を、素晴らしさを訴えていくときなのだと実感しました。

これからもUSカレッジコネクションは、アメリカの学校で、大学で、学びたい、成長したい皆さんを応援します。

USカレッジコネクション代表 今入亜希子

アメリカグリーンカード抽選DV2018を動画で説明します!

そろそろアメリカグリーンカード(永住権)抽選DV2018のオンライン申請です。そわそわしている方もいらっしゃいますか?

今回はこのDV2018って何か?グリーンカード抽選って何か?
簡単に説明してほしいという方のために、動画にてお話しをしています。

初級版のお話しではありますが、DV2018をあまりにも難しく考えすぎて、わからない????となっている方には、一言でご説明しておりますのでお役だてください。

アメリカ永住権抽選DVプログラム申請で覚えておきたいことその5

アメリカの永住権抽選、DVプログラムの2016年の応募要綱がリリースされて数日経過しております。

資料は読みこなしましたか?例年と大きく変わるところはないようですね。

今日は一つ、内容の理解とともに、もしかすると手こずる方もいらっしゃるかもしれない、写真、デジタル画像のアップロードについて。

写真のサイズ変更、デジタルカメラの使用、編集ソフト、このあたりの単語がわかっていらっしゃれば問題なくできます。

要綱をみますと、写真全体における顔の割合とか、上に隙間をいれる、とかありますが、ここは一般的な証明写真を参考にしていたければ、常識の範囲内です。

画像のサイズは気にしましょう。

日本の証明写真の編集とちがい、アメリカ版は、「正方形」です。横と縦のサイズが一緒であること:最低でも600ピクセル四方以上であること。

編集ソフトは、通常ウィンドウズでもMacでも何かが入っていますので、特別に購入しなくてもできます。ちまたには無料の編集アプリなどというのもたくさんでてくるでしょう。

このためにわざわざ購入してしまうのであれば、USCCに代行申請を依頼していただきたいぐらいです(笑い)

次に、写真を撮影する際には、証明写真同様に背景は薄い色、あるいは白。白が一番無難です。

もちろん、ピンボケではなく焦点をあてて、明るさにも十分気を付けて。

眼鏡はどうするか?The subject must not wear glasses. メガネははずすこと。

という規定があります。

ただし、メガネのない顔は自分ではない、毎日、常時つけっぱなしの場合、別紙の写真規定を見ますと、「メガネを常時つけっぱなしの場合には、メガネを付けたうえで写真を撮るのは可」とあります。

めがねをはずすかどうかは、ご自身の判断となりますが、メガネを付けての撮影の場合には、

  • 反射しないように気を遣うこと
  • 色の入ったレンズは不可

 

眼鏡ですら基本いけないので、帽子やヘッドカバーは外しましょう。

サイズの技術的なことの細かい内容は、要綱に記載してあります。

またアップロードの際には規定にはまらない場合にはエラーがでてきますので、サイズについてはアップロードできたらOKであるという認識で構いません。

 

USCCは、DV2018の代行申請サービスを行っています。9月30日まで代行申請をお申込みの方は、5ドル割引となりますのでお早目にお申込みください。

banner_dv2018

アメリカ永住権抽選DV2018要綱がリリース!

いよいよ、DV2018、アメリカ永住権(通称グリーンカード)抽選の2016年の申込みスタートが近づいてきました。

DV2018って、永住権抽選って、という質問もぽこぽこいただいています。

本日、米国国務省のDVプログラムのサイトが更新されていることに気が付きました!

申込みの開始は10月4日スタート、11月7日米国東部時間正午までとなります。

DV2018の申込み詳細もすでに出来上がっておりますので、自分で申込みをされる方は必ず確認してください。

この18ページの要綱の英語版が正式バージョンですので、英語版を読み通すことをお薦めいたします。

今年も日本は申請できる国に上がっております。

あと2週間ぐらいで、永住権抽選の申請がスタートです。

 

USCCの代行申請サービスもご検討ください。

9月30日までのお申込みで、代行手数料から5ドルを割引させていただきます。

banner_dv2018

アメリカ永住権抽選DVプログラムで覚えておきたいこと:その4

アメリカのグリーンカード抽選の申込み時期が近づいてきていますので、USCCではシリーズで申込みのときに覚えておきたいことをご紹介しています。

今回は申込みができる年齢と学歴について。

申込者となるためには、18歳以上であること。

アメリカも18歳以上からは一人の大人として、自分の道を決めることができるということなのでしょう。

つまり18歳であれば、自分の意志で個人として、グリーンカード申請ができるというわけです。

ただ18歳から21歳までの時期というのは、同時に、保護者の扶養家族でもあるということ。

アメリカの法律では18歳大人というルールと同様に、21歳までは扶養家族という認識もあるわけです。

このルールをグリーンカード抽選の申込みルールの関連性でみると:

  1. 18歳以上であれば個人として一人で、グリーンカード抽選に申し込める
  2. もし18歳以上21歳未満であれば、同時に永住権抽選に申し込む保護者の子供としてグリーンカード申請に名前があがる

そのため、この方はチャンスが増えるというのも事実です。もし2番の選択肢を家族でとる場合の話ですが。

個人での申込みの場合、学歴は最低でも高校卒業か同等資格を有していることです。

よって、例えば高校を卒業して、アメリカに留学予定のお子様、あるいはすでに留学中でこれからしばらくはアメリカにいるであろう、就労経験もできれば数年アメリカであったり、その後もアメリカと日本といったりきたりという生活もありうる場合、高校を卒業した時点から、毎年1回のこの抽選を習慣としてみるのも選択肢としてあると思います。毎年やれば、いつかは、当たるかもしれない。

毎年10月1日になったら、DVプログラムのウエブサイトにアクセスしてまだ日本が該当国であるかどうかを確認してみるというのを習慣づけるのはいかがでしょうか?

USCCは、たった1か月という申込期間を、迅速に確実に永住権抽選を終了させるため、代行申請を行っています。

詳細とお申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてみてください。

banner_dv2018

 

アメリカ永住権抽選DV2018の申込みで覚えておきたいこと:その3

アメリカの永住権抽選の2016年の申込日も近づいてきました。永住権抽選プログラムDVプログラムの今年の申込みはDV2018 といいますが、その申込みを前に、覚えておきたいことをシリーズでご紹介しています。永住権、通称グリーンカード抽選の申込みとはこういうものなのか、とご理解いただける機会になればと思います。

今日は、抽選の申込み回数は1回であるけど・・・というお話し。

グリーンカード抽選DVプログラムの申込みは、機械で処理され、一人が重複して申し込んだ場合には無効となります。当たる確率をあげるために一人1通以上の申込みをすることは禁止という前提です。

 

ところが、

このDVプログラムの抽選申請の際には、必須でかかないといけないことがあります。

配偶者がいる場合には、必ず明記しないといけない。(配偶者が米国市民か永住権保持者である場合を除く)

そしてもし、グリーンカード抽選に当選したら、申請した本人に加え明記している配偶者も一緒に永住権申請に入れる。

一人一通のDVプログラム申請ではあるものの、このルールでいえば、

Aさん、Bさんという夫婦は、

  • Aさんが申込者としてDV2018に申請し、配偶者としてBさんの名前をいれる
  • Bさんが申込者としてDV2018に申請し、配偶者としてAさんの名前をいれる

ということができるわけです。

申請はAさん、Bさん、それぞれ1回ずつなのですが、結果的に2回チャンスをえていることになります。

配偶者がいるということは、当選する確率があがることではありますが、ちゃんと夫婦で、もしあたったらファミリーで永住権申請をするのだということをちゃんと確認しておきましょう。

 

USカレッジコネクションは、DV2018 、グリーンカード抽選の申請代行を行っています。

自分で申請するのは少し自信がない、あるいはお時間がないという方、お気軽にご相談ください。

詳細とお申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてください。

9月30日までにお申込みいただきますと、5ドル割引を適用させていただいております。

 

banner_dv2018

 

 

 

アメリカ永住権抽選で覚えておきたいことその2

アメリカのグリーンカード申請ができる権利をかけての抽選、DV2018がまもなく開始します。ちょうど今は下調べをされている方が多いかなと思いますので、ビザ申請のサポートをこれまで長く行っていたUSCCが、この抽選申込みをするにあたって覚えておきたいことをシリーズでお伝えしたいと思います。

2回目は、申込みをする際の家族記入、配偶者について。

もしあなたが永住権抽選で当選したら、「家族がいれば家族でアメリカにくること」これがアメリカ政府の考えなのです。

家族に知らせず、当選したら一人でアメリカに渡ろう、などということはできず、家族の合意を得たうえで抽選に申し込むこと。これが重要なのです。

米国永住権抽選の申込みには、本人一人が申込者となるわけですが、

配偶者はいますか?という質問があり、それにNOと答えると、それは本当に結婚していない、独身者であることを宣誓することになります。

配偶者は、法律上認められている配偶者という意味です。

つまり法律上まだ配偶者として戸籍に載っている方がいる場合、この方のお名前と情報を申請書にいれることになるわけです。

逆にいえば、法律上、日本の場合戸籍に配偶者として入っていない場合には、いくら内縁であっても申請書に配偶者としていれることもできません。

申請をするにあたり、もしご本人が日本で生まれていない場合で、配偶者が日本生まれ、あるいは永住権申請ができる国に生まれていれば、配偶者が権利があるため、永住権申請が可能となります。英語でいえば、Country of Eligibility「申請ができる国」は、ご自身の生まれた国ではなく、配偶者の生まれて国で申請をするという意味です。

またもし、配偶者がアメリカ市民権や永住権をすでに持たれていて、なんらかの事情で、ご本人が永住権抽選に申し込む場合には、配偶者が市民権や永住権をもっているというところを選べば、配偶者の情報をいれる必要はなく、また入れたとしても却下にはなりません。

米国永住権申請を始まる前に、ご家族がいらっしゃる方は、きちんと配偶者にも理解とご協力を得ることが必要です。

USCCは、米国永住権抽選の申込み代行を行っております。

自分でやるには少し自信がないとか、時間があまりないという方、お気軽にご相談ください。

詳細とお申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてみてください。

 

banner_dv2018

 

 

アメリカ永住権抽選で知っておきたいこと:その1

アメリカの永住権、通称グリーンカードが申請できる権利があたる抽選プログラム、DVプログラムが今年もそろそろ開始です。毎年10月開始ですので、あと2週間ということになります。

まだ申請要綱はでていないのですが、たぶん今年も日本人も抽選に申し込めるはずです。

毎年規定が変わるので、絶対とは言いませんが、まだ日本人は米国永住権をもつ外国人割合では規定の数に至っていないので大丈夫という判断になるのでは、と思います。

これからシリーズで、アメリカ永住権抽選を申し込むにあたって知っておきたいことをご紹介していきたいと思います。

1回目は、抽選に申し込む権利の一番重要な点

Nationality 国籍ではなく、

Where you were born 出生地を見られるということ。

アメリカは、アメリカで生まれた方は、アメリカ市民となります。よってどの国で生まれているか、というのがカギとなるわけです。

日本の国籍をもっていたとしても、それがイコール、米国永住権抽選の申請ができる資格をもっているということにはつながりません。

 

出生した国はどこですか?

この回答がJAPANでない場合には、日本人枠として抽選に応募することは本人ではできないということになります。

回りくどい書き方をしておりますが、

 

例えば、日本人だが他の国で生まれている場合:

その生まれた国が、まだ米国永住権抽選に申し込める国として、要綱に記載されていれば、本人が申請者として申し込めます。

 

もし生まれた国が、すでに多くの米国永住者がいて、抽選には応募できない場合:

配偶者がいる方は、配偶者の生まれた国でもって申請の権利があるかもしれない。

配偶者がいる方は必ず申請書に配偶者の名前をいれないといけませんので、もし配偶者が日本 あるいは、永住権抽選に申し込める国出身であれば、可能となります。

 

18歳から21歳の間の方で自分は日本で生まれていないが、保護者が日本や永住権抽選に応募できる国で生まれている場合:

もしご家族として永住権抽選を申し込むことに、ご両親、ご兄弟が同意するのであれば、保護者を申請者として家族で申請は可能。

 

生まれた国がどこなのか?

 

これがまず米国永住権抽選を申込みをするにあたって、一番先問われる重要なことなのでした。

USCCは、今年のDV2018プログラムの代行申請を行わせていただきます。

詳細とお申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてください。

 

banner_dv2018

 

Home > アメリカビザ・移民法 に関するページ一覧

メタ情報

USCCはNAFSAの会員です

USCCはICEFの会員です

Return to page top